主にMac本体や、音楽・映像関連の周辺機器で使われているFireWireの外付けHDDのデータ復旧も対応しています。

昔からあるFireWire400、別名i-Linkに加えて、FireWire800の受付もしています。

参考までに、FireWireの種類の見分け方です。

FireWire400 8ピン

コネクタの形がほぼ長方形になっている。

少し前までのMacは、ほとんどがこれでした。

FireWire800端子

FireWire400 4ピン(=i-Link)

SONYのVAIOでよく見る端子です。

Mac関連の機器ではほとんど見ませんが、Windows本体やWindowsで使うことを前提にしている周辺機では、8ピンよりも4ピンが圧倒的に多いです。

FireWire400の端子 

FireWire800

ここ数年のMacで使われだした新しい規格です。

まだMac本体とMac関連の周辺機器でしか見たことはありません。 

端子の形が四角いです。

FireWire800の端子

以下のボタンから、データ復旧のWEB見積もりへ移動します。