当社では、データ復旧の作業の必要上、HDDやUSBメモリ等を分解することがあります。

HDDなどを分解すると、メーカーや購入店の保証期間がまだ残っている場合は、その保証が無効になります。

そこで、お客様から依頼があれば、当社でデータ復旧の作業の必要上、開封作業を行ったことを示す「開封作業証明書」を添付することが可能です。

ただし、実際に保証が有効かどうかはメーカーや販売店の判断になるので、あらかじめそちらに相談していただきたいのですが、今までに何件も「開封作業証明書」で保証対応可能でした。

 

以下のボタンから、データ復旧のWEB見積もりへ移動します。