Windows 10の「ファイル履歴」で、自動バックアップを一時的に停止・再開する手順

SmilingRecrutingGirlPx800

Windows 10の標準機能でバックアップが取れる「ファイル履歴」で、設定済みのバックアップが自動的に実行中されるのを一時的に停止させたり、再開する方法を画面付きで説明します。

一時的に停止させても、バックアップのデータや設定は削除されません。

具体的な利用シーンですが、例えば外出先にパソコンを持ち出す前に、バックアップが自動的に実行されないように停止しておく、といった使い方が考えられます。

 

目次

 

1. 注意事項

1-a. バックアップを再開した時は、バックアップがすぐ実行される場合も、ある程度の時間が経ってから実行される場合もある

タイトルに書いてある通りなので、もしもバックアップを一時的に停止して、その後で再開してすぐにバックアップを実行させたい場合は、手動でバックアップを実行する必要があります。

たとえば、出張などで数日間パソコンを持ち出して、出張中にいろいろデータを更新したため、念のために帰社後にすぐにバックアップを取りたい、といった場合が考えられます。

バックアップを即時実行するには、以下の画面で表示されている「今すぐバックアップ」のボタンをクリックします。

pause_04

▲この図をクリックで拡大表示

 

2. 自動バックアップを一時的に停止・再開する手順

次の手順で画面の操作を行います。

▶ 1. Windowsのスタートから「設定」を呼び出します。

「設定」が見つからない場合ですが、スタートメニューを開いた時に表示されるシャットダウンのボタンのすぐそばに、おそらく歯車の形のアイコンが表示されていると思いますが、それです。

win10backup_01

▲ クリックで拡大表示

 

▶ 2. 「Windowsの設定」の画面が表示されたら、下の方にある「更新とセキュリティ」をクリックします。

win10backup_02

▲この図をクリックで拡大表示

 

▶ 3. 「Windows Update」が表示されたら、左から「バックアップ」を選びます。

win10backup_03

▲この図をクリックで拡大表示

 

▶ 4. 「バックアップ」が表示されたら、「ファイルのバックアップを自動的に実行」のスライドボタンの状態を確認します。

もしも、右にスライドされて「オン」となっていたら、現在はオン状態なので、クリックすると「オフ」になります。

一方、左にスライドされて「オフ」となっていたら、現在はオフの状態なので、クリックすると「オン」になります。

以下の画面では右にスライドされて「オン」になっているので、クリックして「オフ」にしてみます。

pause_01

▲この図をクリックで拡大表示

 

▶ 5. スライドボタンが「オフ」に切り替わりました。

これで、自動バックアップの実行が、一時的に停止された状態になりました。

もしも、「オン」にスライドすれば、今までのように自動バックアップが有効となります。

pause_02

▲この図をクリックで拡大表示

 

▶ 6. バックアップを一時的に停止・再開する手順の説明はここまでです。

必要に応じて、以下のページもご覧ください。

 

3. おまけPR

以下のリンク先で、当社のオススメの一品について紹介していますので、時間があれば目を通してみてください。

当社のデータ復旧のご案内

データ復旧料金は容量・症状に関係なく定額
復旧料金は復旧データ納品後に後払い
復旧失敗時は復旧料金0円、ただし宅急便の往復送料実費のみご負担
作業日数は2-3日(症状により延長の場合あり)

・HDD:32,400円
・NAS:54,000円

(RAID対応の場合は21,600円追加)
(24時間以内復旧完了の特急対応は5割増し)
(HDDの内部分解が必要な重度の物理障害には対応していません)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です