AKANE072160504_TP_V4

Windows 10の標準機能でバックアップが取れる「ファイル履歴」で、バックアップの頻度やバックアップの保存期間など、詳細設定を変更する場合の設定方法を画面付きで説明します。

 

目次

 

1. 注意事項

1-a. 既にバックアップ先の設定が完了していること

以下の設定の手順は、すでにバックアップ先としてUSB外付けHDDやNASが設定されていることが前提となっています。

まだバックアップ先の設定が終わっていない場合は、以下のリンク先を参考にして設定を完了してから、このページの記事を御覧ください。

Windows 10の「ファイル履歴」で、USB外付けHDDをバックアップ先に指定する手順 NASをバックアップ先に指定する手順

 

2. 設定の手順

次の手順で画面の操作を行います。

▶ 1. Windowsのスタートから「設定」を呼び出します。

「設定」が見つからない場合ですが、スタートメニューを開いた時に表示されるシャットダウンのボタンのすぐそばに、おそらく歯車の形のアイコンが表示されていると思いますが、それです。

win10backup_01

▲ クリックで拡大表示

 

▶ 2. Windowsの設定」の画面が表示されたら、下の方にある「更新とセキュリティ」をクリックします。

win10backup_02

▲ クリックで拡大表示

 

▶ 3. 「Windows Update」が表示されたら、左から「バックアップ」を選びます。

win10backup_03

▲ クリックで拡大表示

 

▶ 4. 「バックアップ」が表示されたら、「その他のオプション」をクリックします。

win10backup_27

▲ クリックで拡大表示

 

▶ 5. 「バックアップオプション」の画面が表示されたら、必要に応じて設定を変更します。

blog_Option_01png

▲この図をクリックで拡大表示

以下では、項目ごとに詳しく説明します。

 

2-a. バックアップの頻度を設定

▶ 6. 「ファイルのバックアップを実行」については、バックアップを自動実行する頻度を設定します。

選択可能なのは、10分ごと/15分ごと/20分ごと/30分ごと/1時間ごと(既定値)/3時間ごと/6時間ごと/12時間ごと/毎日、です。

blog_Option_02png

▲この図をクリックで拡大表示

 

2-b. バックアップの保存期間を設定

▶ 7. 「バックアップを保持」については、バックアップの保存期間を設定します。

選択可能なのは、領域が足りなくなるまで/1ヶ月/3ヶ月/6ヶ月/9ヶ月/1年/2年/無期限(既定値)、です。

blog_Option_03png

▲この図をクリックで拡大表示

 

2-c. バックアップ対象のフォルダを追加・除外の設定

▶ 8. 「バックアップ対象のフォルダー」については、現在のバックアップ対象のフォルダが一覧で表示されています。

もしも新しくバックアップ対象のフォルダを追加したい時は、「バックアップ対象のフォルダー」の文字のすぐ下の「フォルダーの追加」ボタンをクリックします。

一方、バックアップ対象となっているフォルダを除外したい時は、「除外するフォルダー」の文字のすぐ下の「フォルダーの追加」をクリックします。

blog_Option_08png

▲この図をクリックで拡大表示

blog_Option_05png

▲この図をクリックで拡大表示

blog_Option_09png

▲この図をクリックで拡大表示

 

▶ 9. 設定が完了したら、画面右上の✕アイコンをクリックして画面を閉じます。

blog_Option_10png

▲この図をクリックで拡大表示

 

 

3. おまけPR

以下のリンク先で、当社のオススメの一品について紹介していますので、時間があれば目を通してみてください。

 


【データ復旧の見積もりを取る・申し込む 】

データ復旧の料金や日数などを見る

WEBで見積もり依頼はこちら

3時間以内に回答します。
(朝9時から夜12時)