Windows 10の「ファイル履歴」で、今すぐバックアップを行う手順

PcUsingGirlPx800

Windows 10の標準機能でバックアップが取れる「ファイル履歴」で、既に設定しているバックアップのタイミングとは別に、今すぐバックアップを実行する手順を画面付きで説明します。

今すぐバックアップを実行したくなる状況としては、ノートパソコンを外出先に持ち出す前や、一日の仕事の終りにバックアップを取る、といった場面が考えられます。

 

目次

 

1. 注意事項

1-a. バックアップの実行中にパソコンの電源を落とすと、バックアップはキャンセルされる

バックアップが完了する前にパソコンの「シャットダウン/スリープ/休止状態」の操作を行うと、バックアップはキャンセルされます。

よって、バックアップするデータが多い時は、時間の余裕がある時に行う必要があります

1-b. すでにバックアップの設定が済んでいること

今すぐバックアップを行う前に、あらかじめUSB外付けHDDやNAS(ネットワーク型HDD)へバックアップを取る設定が済んでいる必要があります。

もしもまだバックアップを取る設定が済んでいなければ、次のリンク先の記事を参考にして設定を完了してから、このページを御覧ください。

Windows 10の「ファイル履歴」で、USB外付けHDDをバックアップ先に指定する手順Windows 10の「ファイル履歴」で、NASをバックアップ先に指定する手順

 

2. 今すぐバックアップを行う手順

次の手順で画面の操作を行います。

▶ 1. Windowsのスタートから「設定」を呼び出します。

「設定」が見つからない場合ですが、スタートメニューを開いた時に表示されるシャットダウンのボタンのすぐそばに、おそらく歯車の形のアイコンが表示されていると思いますが、それです。

win10backup_01

▲ クリックで拡大表示

 

▶ 2. 「Windowsの設定」の画面が表示されたら、下の方にある「更新とセキュリティ」をクリックします。

win10backup_02

▲この図をクリックで拡大表示

 

▶ 3. 「Windows Update」が表示されたら、左から「バックアップ」を選びます。

win10backup_03

▲この図をクリックで拡大表示

 

▶ 4. 「バックアップ」が表示されたら、「その他のオプション」をクリックします。

win10backup_27

▲この図をクリックで拡大表示

 

▶ 5. 「バックアップオプション」が表示されたら、左側の「今すぐバックアップ」のボタンをクリックすると、今すぐバックアップが開始されます。

win10backup_28

▲この図をクリックで拡大表示

 

▶ 6. 今すぐバックアップを実行する手順の説明はここまでです。

必要に応じて、以下のページもご覧ください。

 

3. おまけPR

以下のリンク先で、当社のオススメの一品について紹介していますので、時間があれば目を通してみてください。

 

当社のデータ復旧のご案内

データ復旧料金は容量・症状に関係なく定額
復旧料金は復旧データ納品後に後払い
復旧失敗時は復旧料金0円、ただし宅急便の往復送料実費のみご負担
作業日数は2-3日(症状により延長の場合あり)

・HDD:32,400円
・NAS:54,000円

(RAID対応の場合は21,600円追加)
(24時間以内復旧完了の特急対応は5割増し)
(HDDの内部分解が必要な重度の物理障害には対応していません)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です