SAYA072162920_TP_V4_茜さや

Windows 10の標準機能でバックアップが取れる「ファイル履歴」で、バックアップ先をUSB外付けHDDに指定する場合の設定方法を画面付きで説明します。

 

目次

 

1. 注意事項

1-a. バックアップ先のHDDをPCに接続&読み書き確認

あらかじめバックアップ先のUSB外付けHDDはPCに接続しておいて、データの読み書きができることを確認しておいてください。

1-b. バックアップは即時実行されます!

バックアップ先を設定すると、その瞬間から初回のバックアップが即時に実行開始されます。

バックアップ中はパソコン本体や外付けHDDの電源は切れないので、支障のないタイミングで設定を行ってください。

なお、バックアップなバックグラウンドで実行されますので、バックアップ中でもインターネットを見たり、エクセルを使うなどの作業でパソコンを使うことは問題ありません。

1-c. フォルダ名・ファイル名に注意

バックアップ対象のフォルダ名・ファイル名は、全角英数字と半角英数字は同じものとみなされて、エラーとなります。

例えば、「123ABC.xlsx」と「123abc.xlsx」は同じファイル扱いになるのでエラーとなります。

これが原因でエラーとなる場合は、どちらかのファイル名を変更してから再度バックアップを行ってください。

 

2. 設定の手順

次の手順で画面の操作を行います。

▶ 1. Windowsのスタートから「設定」を呼び出します。

「設定」が見つからない場合ですが、スタートメニューを開いた時に表示されるシャットダウンのボタンのすぐそばに、おそらく歯車の形のアイコンが表示されていると思いますが、それです。

win10backup_01

▲ クリックで拡大表示

 

▶ 2. Windowsの設定」の画面が表示されたら、下の方にある「更新とセキュリティ」をクリックします。

win10backup_02

▲ クリックで拡大表示

 

▶ 3. 「Windows Update」が表示されたら、左から「バックアップ」を選びます。

win10backup_03

▲ クリックで拡大表示

 

▶ 4. 「バックアップ」が表示されたら、「ドライブの追加」をクリックします。

blog_Hdd_01

▲ クリックで拡大表示

 

▶ 5. バックアップ先として指定可能なドライブが表示されます。

今回のサンプル画面では、2つあるドライブのうち、上に表示されているEドライブを指定してみたいと思います。

blog_Hdd_02

▲この図をクリックで拡大表示

 

▶ 6. 画面上で、さっきまで「ドライブを追加」と鳴っていた部分が、スライドボタンのスイッチに変わっていて「オン」と表示されていたら、バックアップ先の設定は完了です。

blog_Hdd_03

▲この図をクリックで拡大表示

 

▶ 7. バックアップ先を設定した時点で、最初のバックアップが開始されています。

2回目以降は、設定済みのバックアップの頻度(デフォルトでは1時間ごと)で、自動的にバックアップが繰り返されます。

なお、必要に応じて以下の関連ページも御覧ください。

 

3. おまけPR

以下のリンク先で、当社のオススメの一品について紹介していますので、時間があれば目を通してみてください。


【データ復旧の見積もりを取る・申し込む 】

データ復旧の料金や日数などを見る

WEBで見積もり依頼はこちら

3時間以内に回答します。
(朝9時から夜12時)