Macを使っている若いビジネスマン男女

Macのバックアップシステム「Time Machine」を使ったことがない人向けに、具体的な手順を図解入りで詳しく説明します。

この記事はネットワークドライブを使う場合の説明ですが、「Time Machineがどういうものかわからない」「USB外付けHDDとネットワークドライブのどっちが良いか?」といった疑問がある方は、以下の関連記事を読んでください。

また、USB外付けハードディスクを使っての設定方法は以下の関連記事を読んで下さい。

目次

  1. 注意すること
  2. 用意するもの
  3. 始めてTime Machine用のNASをMacにつなぐ時の手順
  4. 始めてTime Machineバックアップが終わった時は
  5. MacBook Air などを外出先から持って帰った時に自動的にバックアップされるか?
  6. バックアップしたデータから復元する手順

 

1.注意すること

最初のTime Machineバックアップには1日〜3日、場合によっては1週間以上かかる

今回、この記事を書く時に使ったMacはSSD128GB内蔵のi5のMacBook Air 11インチです。

データ容量的にはそんなに大きくないのですが、これでも最初のTime Machineバックアップには1.5日ほどかかりました。

単純計算で256GBのSSD/HDDだと3日、512GBだと6日、1TBだと12日もかかります。

その間は、MacもTime Machineバックアップ先のNASとそれらの間のネットワーク機器の電源を切ることは出来ません。

USB接続ハードディスクのTime Machineよりも信頼性は落ちる

Mac OS のバージョンアップやNASのファームウェアのバージョンによってはTime Machineでバックアップが取れなかったり、バックアップしたデータからの復元ができなくなったとの事例がネットで上がっています。

よって、信頼性第一ならUSB外付けHDDでのバックアップまず検討すべきです。

 

2. 用意するもの

以下のいずれかのネットワーク型ハードディスク(以下NASとします)を用意して下さい。

  • アップル純正のTime Capsule
  • バッファローのLinkStation/TeraStationでTime Machineに対応したもの
  • IOデータのLANDISKでTime Machineに対応したもの

アップル純正以外だと相性問題が起きる場合があるようなので、確実に使えるのが良い方はTime Capsuleをオススメします。

ちなみに、私の環境ではLinkStationで使えています。

※ 容量はMacの内蔵ハードディスクの2倍が目安です。

APPLE AirMac Time Capsule - 2TB ME177J/A

APPLE AirMac Time Capsule - 2TB ME177J/A

定価:¥ 32,184

Amazon価格:¥ 30,716

カテゴリ:Personal Computers

発売日:2013-06-11


BUFFALO リンクステーション ネットワーク対応HDD 2TB LS410D0201

BUFFALO リンクステーション ネットワーク対応HDD 2TB LS410D0201

定価:¥ 30,780

Amazon価格:¥ 17,500

カテゴリ:Personal Computers

発売日:2013-06-22


 

3. 始めてTime Machine用のNASをMacにつなぐ時の手順

では、実際に「始めてTime Machine用のNASをMacにつなぐ」手順を、図解しながらできるだけ詳しく説明します。

NAS側のTime Machineの設定は完了している前提です。

1) Macの「システム環境設定」を起動します。

システム環境設定のアイコン

 

2) 「システム環境設定」の中の「Time Machine」をクリックします。

WiFiでTime Machineの設定02

 

3) Time Machineが表示されたら、下にある「Time Machineをメニューバーに表示」にチェックを入れて、上にある「バックアップディスクを選択」ボタンをクリックします。

WiFiでTime Machineの設定03

 

4) Time Machineで使用できる、ネットワーク上のNASが表示されます。

ここでTime Machine用のNASが出てこないようなら、NASの設定が間違っているので、設定を確認します。

そして、Time Machineで使用したいNASをクリックします。

WiFiでTime Machineの設定04

 

5) 次に、画面中には「バックアップディスクを暗号化」にチェックを付けられますが、付けないでそのままにしておきます。

そしてそのまま、右下の「バックアップディスクとして使用」ボタンをクリックします。

WiFiでTime Machineの設定05

 

6) Time Machine用の共有フォルダに「ユーザーID・パスワード」でセキュリティをかけている場合は、「登録ユーザ」にして「名前・パスワード」を入力して、セキュリティをかけていない場合は、「ゲスト」にします。

WiFiでTime Machineの設定05

セキュリティをかけている場合

WiFiでTime Machineの設定06v2

セキュリティをかけていない場合

 

7) 画面が変わって、Time Machineのバックアップが開始されます。

バックアップ中でも普通にMacを使っていても構いませんが、バックがップが完了するまで、MacやTime Machine用のNASの電源を切ってはいけません。

WiFiでTime Machineの設定07

 

8) Time Machineのバックアップ中には、外付けのハードディスクや普通のNASをマウントした時のように、デスクトップにTime Machine用のNASのマウントの表示が出ませんが、ちゃんと接続されているので問題はありません。

NASを使ったTime Machineの設定と、一番最初のバックアップの手順の説明はここまでです。

なお、画面には残り時間が表示されますが、かなりアバウトな数字なので、実際はその2倍から3倍かかります。

WiFiでTime Machineの設定08v1

 

4. 始めてTimeMachineバックアップが終わった時は

9) Time Machineのバックアップが完了したら、次のような表示になっていると思います。

以下の例では、

  • 空き363GB/計1.98TB
  • 最古のバックアップ:昨日、23:24
  • 最新のバックアップ:今日、10:10
  • 次回のバックアップ:今日、10:58

といった部分です。

WiFiでTime Machineの設定09

 

10) さらに、Macのデスクトップ画面上に、バックアップ完了を知らせるポップアップが表示されている場合もあります。

WiFiでTime Machineの設定10

 

11) ここまでの説明で、NASへのTime Machineのバックアップの設定は完了です。

お疲れ様でした!

あとは、次の2つの条件がそろった時に、Macが勝手にバックアップを取ってくれます。

  • Macがバッテリ駆動でなく電源につながっている時
  • MacがNASと同じネットワークにつながっている時

 

5. MacBook Air などを外出先から持って帰ってきて自動的にバックアップされるか?

結論から言うと、ちゃんと自動的にバックアップされます。

ただし、上記でも書きましたが、

  • Macがバッテリ駆動でなく電源につながっている時
  • MacがNASと同じネットワークにつながっている時

の2つの条件がそろった時です。

では、実際にどのようにバックアップされるかを見てみましょう。

12) MacがNASと同じネットワークにあったとしても、電源が繋がっていなければ、Time Machineのバックアップは始まりません。

Time Machineの設定を見ると、「次回のバックアップ:電源接続時」となっています。

WiFiでTime Machineの設定12

 

13) Macの電源がつながって、NASと同じネットワークにある状態になった途端に、下図のようにTime Machineが自動的に開始されます。

WiFiでTime Machineの設定13

 

14) 説明は以上です。

 

6. バックアップしたデータから復元する手順

以下の関連する記事に進んで下さい。


【データ復旧の見積もりを取る・申し込む 】

データ復旧の料金や日数などを見る

WEBで見積もり依頼はこちら

3時間以内に回答します。
(朝9時から夜12時)