故障したHDDを修理して再利用できる場合・できない場合の見分け方

外付けのハードディスク(以下HDD)が故障した場合に、「修理してまた使えるか?」の疑問について答えます。

今後も使えるかどうかについては、HDDの症状や検査ツールで判断が可能です。

なお、「データ復旧できるかどうか?」については、以下の記事で詳しく説明していますので御覧ください。

外付けハードディスクHDDのデータ復旧・復元の方法まとめ

 

 

スポンサーリンク

1. 今後も使えるかどうかの分かれ目

故障したHDDが今後も使い続けられるかどうかは、「物理障害が起きているどうか」で決まります。

「物理障害」とは、「機械的な故障・損傷が起きている状態」を言いますが、具体的にはHDDに次のような不具合が起きている場合です。

  • HDDから異音が聞こえる「カチンカチン」「ガリガリガリ」
  • HDDからエラーのような電子音が聞こえる「ピーッピーッ」
  • 通電してもモーターが動いている様子がない
  • 焦げ臭いにおいがする
  • ケムリが出た
  • HDDのデータ記録領域に「クラスターエラー」が起きている

 

まず、異音が聞こえる場合は、次のページを参考にして、HDDの状態を知ることが出来ます。

 

「クラスターエラー」については、専用の診断ツールを使わないと判断できないので、次の項目で説明しています。

また、通電してもHDDが全く反応しない場合でも、外付けHDDの外部のケースの故障の場合がありますので、次のリンク先を参考にケースの分解ができるようであれば試みて下さい。

バッファロー・IOデータ・ウエスタンデジタル・東芝・LaCie(エレコム)を中心に、およそ30機種ほどのケースの分解方法を写真入りで紹介しています。

 

ちなみに、「物理障害」の反対の意味の言葉で「論理障害」があります。

「物理障害」と「論理障害」については、以下のページで詳しく説明しています。

 

2. HDDの無料故障診断ツールの紹介

2つのHDDの診断ツールで、両方とも問題が検出されなければ、HDDをフォーマットしてから使い続けることは可能です。

 

1番目の「GM HDD Scan」は、「クラスターエラー」が起きているかを診断します。

2番目の「CryStalDiskInfo」は、「クラスターエラー」以外にも、データ読み書きエラーや温度異常などの多項目の診断ができます。

片方だけ問題が検出されてもう片方では問題がない場合にも、そのHDDは使い続けてはいけません。

その場合には、HDDが最初使えていても、数ヶ月して完全に故障する確率がとても高いので、廃棄するべきです。

 

スポンサーリンク

3. おまけPR

以下のリンク先で、当社のオススメのUSB外付けHDDや内蔵HDDを紹介しています。

 

このページの記事は以上です。

 

当社のデータ復旧のご案内

データ復旧料金は容量・症状に関係なく定額
復旧料金は復旧データ納品後に後払い
復旧失敗時は復旧料金0円、ただし宅急便の往復送料実費のみご負担
作業日数は2-3日(症状により延長の場合あり)

・HDD:32,400円
・NAS:54,000円

(RAID対応の場合は21,600円追加)
(当社ではHDDの内部分解が必要な重度の物理障害には対応していません。ただし、重度でも対応可能な提携他社を紹介することができますので、重度の場合でもご連絡ください。)