無料ソフトでHDDの故障を事前に診断 GM HDD Scan

パソコンのHDD(ハードディスク)は突然壊れることもありますが、前兆というか、徐々に調子が悪くなって最終的に故障する場合も結構あります。たとえば、「データの読み書きが前よりも遅くなった」「以前まで使えていたソフトが起動しなくなった」「開けなくなったファイルがある」「ときどきフリーズする」などがあります。

このように、パソコンの調子がちょっとでも「おかしいな?」と思ったら、無料のHDD診断ソフトでHDDの状況を診断しましょう。

記事がかなり長くなるので2回に分けてアップします。

第一回目に紹介する診断ソフトは、「HDD-Scan」です。

 

 

このソフトでHDDの何が診断出来るか?

HDDの内部には、円盤状の「データ記録領域」と呼ばれる部分があります。

その名の通り、データを保存しているHDDの心臓部とも言える部分です。

ここに何らかのキズが付くなどした場合には、すでに書き込んだデータが読み出せなくなったり、データを書き込もうとした場合にエラーとなって書き込みが出来なくなります。

これをパソコン用語で「クラスターエラー」と呼んでいます。

このクラスターエラーがいったん起きると、HDDを使えば使うほどエラーの部分が多くなり、最終的にはHDDが起動出来なくなります。

今回紹介するソフトの「HDD_Scan」では、クラスターエラーがあるかどうかをチェックすることができます。

このソフトを使って、もしも一カ所でもクラスターエラーが見つかったら、速やかにデータのバックアップを別のHDDに取った上で、HDDを修理したり、買い替えをして下さい。

ハードディスクを開封して、内部のデータ記録領域とヘッド部分が見えている写真。クラスターエラーの説明に使用。

HDD開封した内部写真

 

HDD Scanのダウンロード

2017年3月2日現在、以下で紹介しているリンク先が見つからなくなっています。

替わりに、Vectorのダウンロードサイトからダウンロードしてください。

 

1) HDD Scanの開発元の会社のホームページのダウンロード用のページを開いてダウンロードします。

HDD Scanのダウンロード用ページを開く(現在はリンク切れ)

HDD SCAN 01

 

2) 保存先を適当に指定してダウンロードします。

HDD SCAN 02

 

3) ダウンロードが完了したら、ファイルを右クリックして「すべて展開…」を指定します。

HDD SCAN 03

 

4) 圧縮フォルダの展開先を適当に指定してやります。よくわからなければ、そのままの設定でかまいません。

HDD SCAN 04

 

HDD Scanの使い方

5) 圧縮から解凍出来たファイルをダブルクリックしてやると、「HDD Scan」が起動します。

HDD SCAN 05

 

6) 「HD Scan」の初期画面が表示されたら、右下の「次へ>>」ボタンをクリックします。

HDD SCAN 06

 

7) 「[STEP1]:メイン検査項目選択」の画面になったら、「検査項目選択」の中の一番上にある「全体/部分 ディスク不良セクタ検査」を選んでから、右下の「次へ>>」ボタンをクリックします。

HDD SCAN 07

 

8) 「[STEP2]:検索ドライブ選択」の画面になったら、検査をしたいHDDを選んでから、右下の「次へ>>」ボタンをクリックします。

HDD SCAN 08 2

 

9) 「[STEP3]:HDD SCAN 検査領域設定」の画面になったら、通常は「検査領域」が「全体領域検査」になっているはずなので、そのまま右下の「次へ>>」ボタンをクリックします。

HDD SCAN 09

 

10) 画面の下70%ぐらいが黒い画面が出たら、これがクラスタ検査を実行する画面です。

右上にある「検査」のボタンをクリックしたら、クラスタ検査が始まります。

HDD SCAN 10 2

 

11) クラスタ検査が始まると、画面の黒い部分に黄色〜白〜赤で検査結果が表示されます。

経過時間と予想残り時間、進行率パーセント表示も出るので、検査が終わる目安にして下さい。

HDD SCAN 11

 

次に、検査結果の説明です。

 

HDD Scanの検査結果の説明

12) 不良セクタがない時の表示では、画面の上に「不良セクタ0」と表示されます。

また、下の画面の表示は全て黄色になります。

HDD SCAN 11

 

13) 不良セクタがある時の表示では、画面の上に不良セクタの数とサイズが表示されます。

また、下の画面の表示は黄色以外に、白っぽい色や赤色がまざっています。

こういった表示になった場合は早ければ2〜3ヶ月で壊れて動かなくなることがあるので、動いているうちにすみやかにバックアップを取ってください。

HDD SCAN 12

 

ハードディスクは消耗品です!

電源が入っているHDDを手で触ってみればわかりますが、使用中は結構な熱が発生します。

そのため、どうしても4-5年ぐらい使っていると、経年劣化で故障する確率が高くなります。

当社のおすすめのHDDの使い方としては、4-5年経ったら新しいHDDにデータをコピーして、メインは新しい方を使い、今までのHDDはバックアップとして保存しておくのが良いです。

そうすると、4-5年おきにバックアップが保存できます。

なお、当社がおすすめする「壊れにくいHDD」は、以下のリンク先の記事をご覧ください。

 

また、HDDが故障してしまったが、どうしても読み出したいデータがある場合は、当社のデータ復旧をご検討ください。

料金や見積もり方法は、以下の通りです。

当社のデータ復旧のご案内

データ復旧料金は容量・症状に関係なく定額
復旧料金は復旧データ納品後に後払い
復旧失敗時は復旧料金0円、ただし宅急便の往復送料実費のみご負担
作業日数は2-3日(症状により延長の場合あり)

・HDD:33,000円
・NAS:55,000円

(RAID対応の場合は22,000円追加)
(当社ではHDDの内部分解が必要な重度の物理障害には対応していません。ただし、重度でも対応可能な提携他社を紹介することができますので、重度の場合でもご連絡ください。)

無料ソフトでHDDの故障を事前に診断 GM HDD Scan” に対して1件のコメントがあります。

  1. りょうた より:

    エラーの所にチェックは入れ無くてもいいですか

    1. yamafd より:

      「HDD Scan」でエラーが出る場合は、時間とともにエラー部分が増えて、自動的に治ることはありません。
      よって、HDDの買い替え・修理を強くおすすめします。

この投稿はコメントできません。