LinkStationのオレンジランプ点滅の回数とインフォメーションコードの説明

LinkStations

バッファローのNAS、LinkStationのステータスランプがオレンジ色に点滅している時の点滅の回数別に、インフォメーション内容と対処法を説明します。

点滅の長さには2種類あって、「1秒ぐらいの長い点滅」と「0.5秒ぐらいの短い点滅」です。

この2種類の組み合わせで、全部で21パターンのインフォメーションの表示があります。

目次

  1. インフォメーションコード一覧
  2. 長い点滅のみ
  3. 長い点滅が1回に、短い点滅が何回か組み合わさっている時
  4. 長い点滅が2回に、短い点滅が何回か組み合わさっている時
  5. 長い点滅が3回に、短い点滅が何回か組み合わさっている時
  6. 長い点滅が4回に、短い点滅が何回か組み合わさっている時
  7. 内蔵HDDが1台だけ又はRAID1(=ミラーリング)の場合の復旧方法
  8. RAID1(ミラーリング)以外のRAIDの場合の復旧方法

1. インフォメーションコード一覧

10の位20の位30の位40の位
I10I20
I11I21
I12I22I32
I13I23
I14
I15I25
I16I26I46
I17I27I47
I18I28
I19

2. 長い点滅のみ

パターン1;長い点滅が1回でループ

I10

インフォメーションコードI10

内部が高熱になっています。

まずは高熱になったLinkStationを冷ますために、シャットダウンしてください。

それから、LinkStationの周りを風通しが良く高熱にならないようにするか、あるいは涼しいところに移動させてください。

LinkStationをシャットダウンさせてから30分以上経過して手で触っても冷たくなったら、起動してください。

それでも解決しない時は、中のデータを吸出してから修理に出すか、買い換えてください。

データの復旧方法については次のどちらかに進んでください。

→内蔵HDDが1台だけ又はRAID1(=ミラーリング)の復旧方法に進む

→RAID1(ミラーリング)以外のRAIDの復旧方法に進む

パターン2;長い点滅が2回でループ

I20

インフォメーションコードI20

LinkStation内蔵のHDDに問題がないかチェック中です。

3. 長い点滅が1回に、短い点滅が何回か組み合わさっている時

パターン3;長い点滅が1回・短い点滅が1回でループ

I11

インフォメーションコードI11

ハードディスクに読み込みエラーの部分が発生して、じきにデータが読めなくなる状態です。

カンタンに言えば、ハードディスクの故障が近いです。

一刻も早く、LinkStationが動いている間に、データのバックアップを取ってください。

データのバックアップを取ったら、ハードディスクの交換ができるタイプのLinkStationなら交換してみてください。

交換ができないタイプは、修理に出すか、買い換えてください。

パターン4;長い点滅が1回・短い点滅が2回でループ

i12

インフォメーションコードI12

RAIDがデグレードモードで動いている状態です。

デグレードモードとは、RAID構成のハードディスクの一台にエラーが起きているために、エラーが起きているハードディスクを外した状態で動いていることです。

データの消失はまだ起きていませんが、もしも次にどれか一台のハードディスクでエラーが起きた時には、ほとんどのデータを消失してしまう危険な状態です。

よって、リンクステーションが動いているうちに、電源を落としたりハードディスクの交換などを行う前に、絶対にデータのバックアップを取って下さい。へたにリンクステーションをいじっているとデータを消失してしまうことがかなりの確率で起こります。

「まだアクセスできるから」と余裕で構えていては絶対にいけません。

バックアップ場所は、ネットワーク経由でパソコンの内蔵ハードディスク内や、パソコンに接続したUSB外付けハードディスクに取るようにして下さい。

バックアップを取ったあとで、リンクステーションの故障したハードディスクを交換して下さい。

パターン5;長い点滅が1回・短い点滅が3回でループ

i13

インフォメーションコードI13

RAID構成のハードディスクをフォーマットしているところです。

数分後に完了するまで待ちます。

パターン6;長い点滅が1回・短い点滅が4回でループ

i14

インフォメーションコードI14

RAID構成に問題がないかチェックをしているところです。

数分後に完了するまで待ちます。

パターン7;長い点滅が1回・短い点滅が5回でループ

i15

インフォメーションコードI15

RAID構成にエラーが起きているので自己診断をしているところです。

数分後に完了するまで待ちます。

パターン8;長い点滅が1回・短い点滅が6回でループ

i16

インフォメーションコードI16

新しくRAID構成を作成しているところです。

数分後に完了するまで待ちます。

パターン9;長い点滅が1回・短い点滅が7回でループ

i17

インフォメーションコードI17

RAID構成に問題がないかチェックをしているところです。

数分後に完了するまで待ちます。

パターン10;長い点滅が1回・短い点滅が8回でループ

i18

インフォメーションコードI18

RAID設定を再構成しているところです。

数分後に完了するまで待ちます。

パターン11;長い点滅が1回・短い点滅が9回でループ

i19

インフォメーションコードI19

RAID構成で書き込んだデータを完全消去しているところです。

完全消去には数時間〜1日以上かかるので、終わるまで放置します。

4. 長い点滅が2回に、短い点滅が何回か組み合わさっている時

パターン12;長い点滅が2回・短い点滅が1回でループ

I21

インフォメーションコードI21

LinkStation内蔵のHDDに問題がないかチェック中です。

パターン13;長い点滅が2回・短い点滅が2回でループ

I22

インフォメーションコードI22

LinkStation内蔵のHDDのデータを消去中です。

パターン14;長い点滅が2回・短い点滅が3回でループ

i23

インフォメーションコードI23

LinkStationの設定を初期化中です。

パターン15;長い点滅が2回・短い点滅が5回でループ

I25

インフォメーションコードI25

LinkStation本体の内蔵ソフトを更新中です。(ファームウェアアップデート)

通常は更新作業がは15分〜30分ほどで完了しますが、2〜3時間以上たっても完了しない場合は、LinkStationの故障が考えられます。

その場合のデータの復旧方法については次のどちらかに進んでください。

→内蔵HDDが1台だけ又はRAID1(=ミラーリング)の復旧方法に進む

→RAID1(ミラーリング)以外のRAIDの復旧方法に進む

パターン16;長い点滅が2回・短い点滅が6回でループ

I26

インフォメーションコードI26

LinkStationのWEB設定を初期化しています。

通常は更新作業がは5分〜10分ほどで完了しますが、30分以上たっても完了しない場合は、LinkStationの故障が考えられます。

その場合のデータの復旧方法については次のどちらかに進んでください。

→内蔵HDDが1台だけ又はRAID1(=ミラーリング)の復旧方法に進む

→RAID1(ミラーリング)以外のRAIDの復旧方法に進む

パターン17;長い点滅が2回・短い点滅が7回でループ

I27

インフォメーションコードI27

USB外付けのHDDにエラーがないかをチェックしています。

通常は更新作業は30分〜1時間ほどで完了しますが、2〜3時間以上たっても完了しない場合は、USB外付けHDDの故障が考えられます。

しかし、USB外付けHDDを接続してない時でも表示される時は。LinkStationの故障が考えられます。

その場合のデータの復旧方法については次のどちらかに進んでください。

→内蔵HDDが1台だけ又はRAID1(=ミラーリング)の復旧方法に進む

→RAID1(ミラーリング)以外のRAIDの復旧方法に進む

パターン18;長い点滅が2回・短い点滅が8回でループ

I27

インフォメーションコードI28

USB外付けのHDDをフォーマットしています。

通常はフォーマット作業は30分〜1時間ほどで完了しますが、2〜3時間以上たっても完了しない場合は、USB外付けHDDの故障が考えられます。

しかし、USB外付けHDDを接続してない時でも表示される時は。LinkStationの故障が考えられます。

その場合のデータの復旧方法については次のどちらかに進んでください。

→内蔵HDDが1台だけ又はRAID1(=ミラーリング)の復旧方法に進む

→RAID1(ミラーリング)以外のRAIDの復旧方法に進む

5. 長い点滅が3回に、短い点滅が何回か組み合わさっている時

パターン19;長い点滅が3回・短い点滅が2回でループ

i32

インフォメーションコードI32

LinkStation内蔵のHDDを交換した後に表示されます。

RAIDの再構成やフォーマットが必要な場合なので、LinkStationのWeb設定画面から必要な設定を行って下さい。

6. 長い点滅が4回に、短い点滅が何回か組み合わさっている時

パターン20;長い点滅が4回・短い点滅が6回でループ

i46

インフォメーションコードI46

RAID設定の情報をアップデートしている所です。

点滅が終わるまでリンクステーションの電源を切らずに放置しておきます。

パターン21;長い点滅が4回・短い点滅が7回でループ

i47

インフォメーションコードI47

RAID設定の情報をアップデートしている所です。

点滅が終わるまでリンクステーションの電源を切らずに放置しておきます。 

7. 内蔵HDDが1台だけ又はRAID1(=ミラーリング)の場合の復旧方法

LinkStationがLinuxというWindowsやMacとは違うシステムで動いているので、HDDを取り出したままでは、WindowsやMacで読み出すことはできません。
そのため、Linuxのデータを読めるようにしてやる工夫が必要です。

データの吸出しの手順としては、まずはLinkStationからHDDを引っ張りだします。

それから、WindowsパソコンにNASのデータ形式でも読めるようにする「Ext2Fsd」というフリーソフトをインストールしてから、HDDをUSB経由でパソコンにつなぐアダプタを使ってデータを読みだしてやります。

詳しい手順については、別のページにまとめてありますので御覧ください。

壊れたLinkstationなどNASのHDDを直接Windowsパソコンで読み出すための方法

「Ext2Fsd」でもデータが読めない場合であっても、Linuxで起動したパソコンで読み出せる場合があります。

その場合は、あらかじめLinux起動用DVDを作っておく必要があるので、起動用DVDの作り方とあわせて吸い出し方の説明のページを御覧ください。

データ復旧用のLinuxの使い方-ダウンロード&起動用DVD作成編

データ復旧用のLinuxの使い方-DVDで起動してデータ復旧する編

8. RAID1(ミラーリング)以外のRAIDの場合の復旧方法

残念ながら、この場合はRAID構成のパラメータを色々と調整しながらデータ復旧する必要があるので、ここのホームページでデータの吸い出し方を解説できるほど簡単ではありません。

よって、当社を含めたRAIDのデータ復旧に対応している業者に依頼してください。

当社のデータ復旧のご案内

データ復旧料金は容量・症状に関係なく定額
復旧料金は復旧データ納品後に後払い
復旧失敗時は復旧料金0円、ただし宅急便の往復送料実費のみご負担
作業日数は2-3日(症状により延長の場合あり)

・HDD:32,400円
・NAS:54,000円

(RAID対応の場合は21,600円追加)
(24時間以内復旧完了の特急対応は5割増し)
(HDDの内部分解が必要な重度の物理障害には対応していません)