LinkStationの赤ランプ点滅の回数とエラーコードの説明

LinkStations

バッファローのNAS、LinkStationのステータスランプが赤く点滅している時の点滅の回数別に、エラー内容と対処法を説明します。

点滅の長さには2種類あって、「1秒ぐらいの長い点滅」と「0.5秒ぐらいの短い点滅」です。

この2種類の組み合わせで、全部で18パターンのエラーの表示があります。 

 

 

スポンサーリンク

1. エラーコード一覧

0の位10の位20の位30の位
E10E20E30
E01E11E21
E02E12E22
E03E13E23
E04E14
E15
E06E16
E17

 

2. 長い点滅のみ

パターン1;長い点滅が1回でループ

Error10

エラーコードE10

これはUPS(無停電電源装置)を使っている時のみに表示される点滅です。

停電のためバッテリで動いてる状態なので、まずはLinkStationをシャットダウンしてください。

それから、電源が確保された上で、LinkStationの電源をオンにしてください。

 

パターン2;長い点滅が2回でループ

e20

エラーコードE20

これはLinkStationの基板が故障している時に表示されます。

念の為にLinkStationを再起動してみて、それでも直らないようなら、中のデータを取り出した上で、LinkStationを修理に出すか、買い替えてください。

データの復旧方法については、次に進んでください。

 

パターン3;長い点滅が3回でループ

Error30

エラーコードE30

ハードディスクが故障しています。

ただし、故障の程度が軽ければ、データの復旧が可能です。

データの復旧方法については、次に進んでください。

 

スポンサーリンク

3. 短い点滅のみ

パターン4;短い点滅が1回でループ

e01

エラーコードE01

LinkStationの基盤が故障しています。(DRAM DATA LINE異常)

個人で直すことはできませんので、メーカーに修理依頼をするか、買い換えてください。

データの復旧方法については、次に進んでください。

 

パターン5;短い点滅が2回でループ

e02

エラーコードE02

LinkStationの基盤が故障しています。(DRAM ADDRESS LINE異常)

個人で直すことはできませんので、メーカーに修理依頼をするか、買い換えてください。

LinkStationのHDD内のデータ取り出すには、次のどちらかに進んでください。

データの復旧方法については、次に進んでください。

 

パターン6;短い点滅が3回でループ

e03

エラーコードE03

LinkStationの基盤が故障しています。(RTC CHIP異常)

個人で直すことはできませんので、メーカーに修理依頼をするか、買い換えてください。

データの復旧方法については、次に進んでください。

 

パターン7;短い点滅が4回でループ

Error04

エラーコードE04

LinkStationのファームウェア、言い換えれば基盤が故障しています。

個人で直すことはできませんので、メーカーに修理依頼をするか、買い換えてください。

データの復旧方法については、次に進んでください。

 

パターン8;短い点滅が6回でループ

e06

エラーコードE06

LinkStationのファームウェア、言い換えれば基盤が故障しています。

個人で直すことはできませんので、メーカーに修理依頼をするか、買い換えてください。

データの復旧方法については、次に進んでください。

 

4. 長い点滅が1回に、短い点滅が何回か組み合わさっている時

パターン9;長い点滅が1回・短い点滅が1回でループ

Error11

エラーコードE11

冷却ファンに異常が起きています。

ファンが止まっていないか、あるいはファンにホコリがたまっていたら除去します。

それでも解決しない時は、中のデータを吸出してから修理に出すか、買い換えてください。

データの復旧方法については、次に進んでください。

 

パターン10;長い点滅が1回・短い点滅が2回でループ

Error12

エラーコードE12

内部が高熱になっています。

まずは高熱になったLinkStationを冷ますために、シャットダウンしてください。

それから、LinkStationの周りを風通しが良く高熱にならないようにするか、あるいは涼しいところに移動させてください。

LinkStationをシャットダウンさせてから30分以上経過して手で触っても冷たくなったら、起動してください。

それでも解決しない時は、中のデータを吸出してから修理に出すか、買い換えてください。

データの復旧方法については、次に進んでください。

 

パターン11;長い点滅が1回・短い点滅が3回でループ

e13

エラーコードE13

LinkStationが「デグレードモード」で動いている状態です。

デグレードモード」とは、RAID構成のハードディスクのうちどれか1台が故障してRAID構成から外されている状態です。

この時点でデータの損失は起きていませんが、もしもあと1台のハードディスクに故障が起きると、ほとんどのデータを失ってしまうとても危険な状態です。

よって、LinkStationが動いているうちに、電源を落としたりハードディスクを交換などをする前に、絶対にデータのバックアップを取ってください。へたにLinkStationをいじっているとデータを消失してしうまうことがかなりの確率で起きます。

「まだアクセスできているから」と余裕で構えていては絶対にいけません。

バックアップを取ったあとで、リンクステーションの故障したハードディスクを交換して下さい。

 

パターン12;長い点滅が1回・短い点滅が4回でループ

e14

エラーコードE14

LinkStationのRAID構成が読み込めなかった状態です。

ハードディスクを交換したり、RAID構成をやり直している場合以外でこのエラーが出ている場合は、設定済みのRAID構成が読み込めないという異常事態なので、LinkStation中のデータを吸い出してから修理に出すか、買い換えてください。

データの復旧方法については、次に進んでください。

 

パターン13;長い点滅が1回・短い点滅が5回でループ

Error15

エラーコードE15

ハードディスクに読み込みエラーの部分が多数発生して、データが読めなくなってしまった状態です。

カンタンに言えば、ハードディスクの故障です。

故障の程度が軽ければ、データの復旧が可能です。

データの復旧方法については、次に進んでください。

 

パターン14;長い点滅が1回・短い点滅が6回でループ

Error16

エラーコードE16

LinkStationがハードディスクを認識できていない状態のエラーです。

ただし、故障の程度が軽ければ、データの復旧が可能です。

データの復旧方法については、次に進んでください。

 

パターン15;長い点滅が1回・短い点滅が7回でループ

e17

エラーコードE17

LinkStationの基板が故障しています。

個人で直すことはできませんので、メーカーに修理依頼をするか、買い換えてください。

データの復旧方法については、次に進んでください。

 

スポンサーリンク

5. 長い点滅が2回に、短い点滅が何回か組み合わさっている時

パターン16;長い点滅が2回・短い点滅が1回でループ

e21

エラーコードE21

LinkStationの基板が故障しています。

個人で直すことはできませんので、メーカーに修理依頼をするか、買い換えてください。

データの復旧方法については、次に進んでください。

 

パターン17;長い点滅が2回・短い点滅が2回でループ

Error22

エラーコードE22

LinkStationがハードディスクを認識はできているものの、使える状態にできていない場合のエラーです。

ハードディスクを交換した場合は、フォーマットをしてください。

フォーマット済みであったり、そもそも交換してない場合は、ハードディスクの故障です。

ただし、故障の程度が軽ければ、データの復旧が可能です。

データの復旧方法については、次に進んでください。

 

パターン18;長い点滅が2回・短い点滅が3回でループ

e23

エラーコードE23。

LinkStation内臓のハードディスクが呼称している場合のエラー表示です。

ただし、故障の程度が軽ければ、データの復旧が可能です。

データの復旧方法については、次に進んでください。

 

6. データ復旧方法

HDDに損傷がない場合に限り、個人でもデータを吸い出せる可能性があります。

ただし問題となるのは、LinkStation/TeraStationが「Linux」というWindowsとは違うシステムで動いているので、そのままではWindowsでは読み出せないことです。

データの吸出しの手順としては、まずはLinkStation/TeraStationからHDDを引っ張りだします。

その後の詳しい手順については、次のページにまとめてありますので御覧ください。

もしも上記の方法でも復旧できなかったり、「自分でやるのはリスクがあるなぁ。」という方は、当社でデータ復旧を行っているのでご利用ください。

料金やお申込み方法は、以下をご覧ください。

 

当社のデータ復旧のご案内

データ復旧料金は容量・症状に関係なく定額
復旧料金は復旧データ納品後に後払い
復旧失敗時は復旧料金0円、ただし宅急便の往復送料実費のみご負担
作業日数は2-3日(症状により延長の場合あり)

・HDD:32,400円
・NAS:54,000円

(RAID対応の場合は21,600円追加)
(当社ではHDDの内部分解が必要な重度の物理障害には対応していません。ただし、重度でも対応可能な提携他社を紹介することができますので、重度の場合でもご連絡ください。)