IOデータ LANDISKのメール通知設定

2017年2月6日

マイクを持った女子

IOデータ社のLANDISKで、メール通知を設定する方法を説明します。

メール通知をするために、Gmai・Yahoo!メールを使った方法を、画面のサンプルの使って具体的に説明します。

 

目次

  1. はじめに
  2. 今回説明する機器の環境
  3. メール送信先の設定
  4. メール送信サービスの設定

 

1.はじめに

1-1. オススメはGmail

LANDDISKには、HDDやNAS本体の故障や異常をユーザーに知らせるための「メール通知設定」の機能があります。

そのためには、メールサーバーのSMTPというメール送信の機能を使った、「メール通知」のための設定を行う必要があります。

具体的には、Gmailアドレス・Yahoo!メールアドレス・一般のメールアドレス、のいずれか、自分で使っているメール送信の設定情報を調べておく必要があります。

一般のメールアドレスについては、OCNやBIGLOBEやNIFTYなど、使っているインターネット回線業者などによって様々なので、ここでは割愛します。

ここでは、GmailアドレスとYahoo!メールアドレスを使った場合の設定方法を説明します。

 

1-2. 「メール通知」にYahoo!メールを使った場合、こんなトラブルに遭遇しました

再現性があるかどうかわかりませんが、実際に私は次のようなトラブルを経験しているので、あまりオススメはしません。

  • 昨日までメール通知が使えたのが、設定を何も変えてないのに、今日になったら使えなくなった
  • ファームウエアのバージョンを上げたら使えなくなった
  • Yahoo!メールのアドレスによって、メール通知が使えたり使えなかったりする時がある

 

2.今回説明する機器の環境

今回のメール通知の設定の説明は、以下の機種・ファームウェアバージョンで行います。

紙面の都合上すべての機種の説明は行いませんが、この記事を執筆している2016年8月時点でIOデータ社から販売続行しているLANDISKの機種は、基本的にはすべて同じ画面と思われます。

ただし、これより古い機種だったり、機種が同じでもファームウェアが古い場合は、このページの説明通りに動かない可能性があります。

  • 機種 HDL2-A2.0
  • ファームウェアバージョン 1.23
HdlA2
LANDISK HDL2-Aシリーズ

 

3.メール送信先の設定

3-1) LANDISKのWEB管理画面を表示します。

表示できたら、「詳細設定」をクリックして中に入ります。

LandiskMail01

 

3-2) 「詳細設定」の画面が表示されたら、画面の左側のタブの「システム」をクリックします。

LandiskMail02

 

3-3) 「システム」の画面に切り替わったら、上から下に並んでいるボタンの「メール設定」をクリックします。

LandiskMail03

 

3-4) 「メール設定」の画面に切り替わったら、一番上の項目の「メール通知」の「通知する」をクリックしてチェックを入れます。

LandiskMail04

 

3-5) メール通知設定の項目が入力可能になったら、各項目を設定していきます。

LandiskMail05

ちなみに、Yahoo!メールとGmailで大きく違う部分は、次の3箇所です。

  • SMTPサーバ
  • メール送信時認証設定(yahoo!はSSLなし、GmailはSSLあり)
  • ユーザ名(Yahoo!は@から前だけ、Gmailは@から後も含めて全部)

 

a) Gmailを使う場合

具体例として、次の設定をしてみます。

  • メール通知として使うGmailアドレス:yamafc@gmail.com
  • メール通知の送り先のメールアドレス:nasmailtest@yamafd.com
 項目 説明 設定の例
SMTPサーバ 「smtp.gmail.com」を入力 smtp.gmail.com
差出人メールアドレス Gmailアドレスを入力 yamafc@gmail.com
文字コード 「ISO-2022-JP」を選択 ISO-2022-JP
SSL(STARTTLS) 「使用する」を選択 使用する
SMTPポート番号 「587」を入力  587
メール送信時認証設定 SMTP AUTH(PLAIN)

または

SMTP AUTH(LOGIN)

SMTP AUTH(PLAIN)

または

SMTP AUTH(LOGIN)

ユーザー名  

Gmailアドレスを入力

 yamafc@gmail.com
パスワード Gmailのパスワードを入力 Gmailのパスワードを入力
メールの送信テストを行う チェック✔を入れる チェック✔を入れる
メールの送信テストを行うの下の空白 メール通知の送り先のメールアドレス nasmailtest@yamafd.com

 

b) Yahoo!メールを使う場合

具体例として、次の設定をしてみます。

  • メール通知として使うYahoo!メールアドレス:yamanasnotify@yahoo.co.jp
  • メール通知の送り先のメールアドレス:nasmailtest@yamafd.com
 項目 説明 設定の例
SMTPサーバ 「smtp.mail.yahoo.co.jp」を入力 smtp.mail.yahoo.co.jp
差出人メールアドレス Yahoo!メールアドレスを入力 yamanasnotify@yahoo.co.jp
文字コード 「ISO-2022-JP」を選択 ISO-2022-JP
SSL(STARTTLS) 「使用しない」を選択 使用しない
SMTPポート番号 「587」を入力  587
メール送信時認証設定 SMTP AUTH(PLAIN)

または

SMTP AUTH(LOGIN)

SMTP AUTH(PLAIN)

または

SMTP AUTH(LOGIN)

ユーザー名 Yahoo!メールアドレスの@yahoo.co.jpの前の部分。

たとえば、yamafc@yahoo.co.jpなら、yamafc。

但し、シークレットIDを設定している場合は「シークレットID」。

「シークレットID」とは何?と思ったら

 yamanasnotify
パスワード Yahoo!メールのパスワードを入力 Yahoo!メールのパスワードを入力
メールの送信テストを行う チェック✔を入れる チェック✔を入れる
メールの送信テストを行うの下の空白 メール通知の送り先のメールアドレス nasmailtest@yamafd.com

 

 

 

3-6) メール通知設定の各項目が入力できたら、画面の右下の「確認する」ボタンをクリックして、ちゃんとメールが送れるかをテストします。

LandiskMail06

LandiskMail07

LandiskMail08

 

 

3-7) メール通知設定が完了したら、「設定が完了しました」の表示が出ます。

また、メール送信先に設定したメールアドレスに、テストメールが届いていることを確認します。

LandiskMail09

LandiskMail10
テストメールが届いた

 

3-8) ここまで問題なく完了したら、メール設定画面を再度開いて、画面の下の方に「メールの送信テストを行う」にチェックを入れていたのを外してから、右下の「確認する」ボタンをクリックして、画面の指示通り進めます。

この「メールの送信テストを行う」のチェックを外さないと、実際にLANDISKに問題が起きた時にメール通知が届かないので、必ず忘れないようにしておいて下さい。

LandiskMail11

 

WEBで見積もり依頼はこちら
3時間以内に回答します。
(朝9時から夜12時)