データ復旧のための、パソコン本体、外付けHDD、NASなどのファイルフォーマットの話

パソコン本体や、外付けHDDや、NAS(ネットワーク型HDD)が壊れた場合には、内のHDDを取り出して別のパソコンにつないでみると、うまくデータの読み出しができてデータ復旧・復元できる場合があります。

なぜなら、内蔵HDDの故障、つまりHDDの論理障害や物理障害の場合を除くと、「HDDのファイルフォーマットが対応」さえしていれば、データの読み出しは可能だからです。

そこで、Windows、Mac、NAS(Linkstation、Terastation、LAN DISKなど)のファイルフォーマットについて一覧表にまとめました。

ファイルフォーマットの一覧表

(1) Windows標準の「NTFSフォーマット」

  • Windowsで読み○/書き○
  • Macで読み○/書き×
  • Linuxで読み○/書き○
  • ただし、Macでも書き込み可能にするソフトあり

Paragon NTFS for Mac OS X 10 (HFS+ for Windows 9 試用版付き) [ダウンロード]

Paragon NTFS for Mac OS X 10 (HFS+ for Windows 9 試用版付き) [ダウンロード]

定価:¥ 2,160

カテゴリ:Software Download

発売日:2012-11-26


(2) Windowsの準・標準の「FATフォーマット」

  • Windows、Mac、Linuxの全てで、読み○/書き○

(3) Mac標準の「HFS+フォーマット」

  • Macで読み○/書き○
  • Linuxで読み○/書き×
  • Windowsで読み×/書き×

(4) NASやLinuxの標準の「ext2、ext3、ext4フォーマット」

  • Linuxで読み○/書き○
  • Windows、Macともに読み×/書き×
  • ただし、Windowsでも読み込み可能にするソフトあり(英語版フリーソフト)

Ext2Fsd bird Ext2Fsdのダウンロードページを開く

 

Ext2Fsdの使い方については、次のページで詳しく紹介しています。

 

(5) NASやLinuxの準・標準の「xfsフォーマット」

  • Linuxで読み○/書き○
  • Windows、Macともに、読み×/書き×

以上をまとめると、

(1)(2)からわかること

Windowパソコンの内蔵/外付けのHDD

→Windowsパソコン、Mac、Linuxのいずれでも読み出し可能

(3)からわかること

Macの内蔵/外付けのHDD

→Mac、Linuxのいずれでも読み出し可能(Windowsでは認識出来ません!)

(4)(5)からわかること

NASの内蔵/外付けのHDD

→Linuxのみ読み出し可能(WindowsやMacでは認識出来ません!)

では、NASが壊れた時は、どうすべきか?

次の4つの解決策があります。

(1) 別のLinkstationやTearstationやLAN DISKを用意して、それのUSB端子にNASから取り出したHDDをつないでみる

(2) Linuxで起動できるパソコンに、NASから取り出したHDDをつないでみる

(3) ubuntuなどのDVDブート出来るLinuxを用意して、WindowsパソコンでLinuxを起動して、NASから取り出したHDDをつないでみる

(4) WindowsでもLinux系のフォーマットでも読めるソフトをインストールして、NASから取り出したHDDをつないでみる。

Ext2Fsd bird  Ext2Fsd 英語版・フリーソフト

Ext2Fsdの使い方については、次のページで詳しく紹介しています。

 

また、以前投稿した下記の記事も参考にして下さい。

EMモード発生!Linkstationのデータ復旧方法

 

オススメの商品

ファイナルデータ10plus 特別復元版 [ダウンロード]

ファイナルデータ10plus 特別復元版 [ダウンロード]

定価:¥ 8,208

カテゴリ:Software Download

発売日:2012-01-26


GREEN HOUSE SATA/IDE-USB2.0変換アダプター 2.5インチHD対応 GH-USHD-IDESA

GREEN HOUSE SATA/IDE-USB2.0変換アダプター 2.5インチHD対応 GH-USHD-IDESA

中古価格: ¥ 1,300 より

Amazon価格:¥ 2,240

カテゴリ:Personal Computers

発売日:2007-05-31


当社のデータ復旧のご案内

データ復旧料金は容量・症状に関係なく定額
復旧料金は復旧データ納品後に後払い
復旧失敗時は復旧料金0円、ただし宅急便の往復送料実費のみご負担
作業日数は2-3日(症状により延長の場合あり)

・HDD:32,400円
・NAS:54,000円

(RAID対応の場合は21,600円追加)
(24時間以内復旧完了の特急対応は5割増し)
(HDDの内部分解が必要な重度の物理障害には対応していません)

データ復旧のための、パソコン本体、外付けHDD、NASなどのファイルフォーマットの話” に対して1件のコメントがあります。

  1. kyasuba より:

    NASのことを調べていてこのページに飛んできました。ずいぶん前の記事にコメントして申し訳ありません。

    Macを使っているのでNASのHDDのフォーマット形式を個人的に気にしてたのですが、NASで使っている時にはフォーマット形式は気にしなくてよくて、壊れた、読み込めなくなった時のデータ復旧の時にフォーマット形式が関係してくるということでよろしいのでしょうか?

    ずっとexFATでフォーマット出来るようなNASを探していました・・・・。無知で申し訳ない。

    1. yamafd より:

      以下の件についてですが、

      Macを使っているのでNASのHDDのフォーマット形式を個人的に気にしてたのですが、NASで使っている時にはフォーマット形式は気にしなくてよくて、壊れた、読み込めなくなった時のデータ復旧の時にフォーマット形式が関係してくるということでよろしいのでしょうか?

      それで合っています。

      ちなみに、USB外付けHDDを、MacとWindowsでつなぎ変えて使うような場合は、exFAT形式でフォーマットしておけば、MacとWindowsどちらでも読み書き可能になります。
      NASの場合は、フォーマット形式はMacとWindowsで共用する場合でも気にする必要はありません。

      1. kyasuba より:

        返信ありがとうございます。疑問が一つ解決されました。これでNAS選びもかなり楽になりそうです。ありがとうございました。

この投稿はコメントできません。