【QNAP】4種類ある初期化の違い・注意点・手順

この記事は、QNAPのNASを初期化する人向けです。

初期化には4種類ありますが、それぞれの違いや注意点を説明しています。

また、初期化の手順は具体的に図解入りで解説しています。

QNAP社の公式サイトでは、以下に簡単なマニュアルがあります。

 

1. 4種類ある初期化の違い

冒頭に書いたとおり、QNAPのNASの初期化には4種類あります。

それぞれの違いを理解した上で、どの初期化を選んで実行すればよいかを考える必要があります。

 

そこで、以下にそれぞれの違いを表にまとめました。

表は横に長いですが、スマホでご覧の方は、横スクロールができます。

①. 基本システムのリセット②. 高度なシステムリセット③. 工場出荷時の復元とすべてのボリュームのフォーマット④. NASの再初期化
管理者パスワードデフォルトに戻る(パスワード:admin)
TCP/IP設定デフォルトに戻る(IPアドレス:DHCPから取得)
myQNAPcloudそのまま登録が解除される
作成したユーザー・ユーザーグループそのまま消去
作成したユーザーデータそのままフォルダは消去で、ファイルは残されるすべて消去
QTSそのまま再インストール
初期化の操作方法NAS背面のRESETボタン3秒NAS背面のRESETボタン10秒

または

コントロールパネルから実行

コントロールパネルから実行

 

具体的なケースとして、どんなときにどの初期化をしたらよいか?となると、以下のようになります。

 

2. 初期化実行前の注意点

注意

初期化によって、システム設定やユーザー作成データが消去されますので、あらかじめバックアップを取っておいてください。

4つある初期化の選択肢によっては、システム設定やユーザー作成データは消去されませんが、NASの不具合や操作ミスによって消去されることがありますので、バックアップを強くおすすめします。

システム設定のバックアップの方法がわからない方は、以下の記事を参考にしてください。

ユーザー作成データのバックアップについては、USB外付けHDDや別のNAS、つまり物理的に別のメディアに取るようにしてください。

 

 

3. 初期化の手順

①. 基本システムのリセット

注意
リセットを実行すると、NASのTCP/IP設定が「DHCPから取得」に変わります。リセット後にNASを検索・再設定するには、「Qfinder Pro」を使ってください。

この初期化は、NAS本体のRESETボタンで行います。

▶ QNAPのNASの電源を入れた状態にします。

▶ NAS本体の裏側にあるRESETボタンを3秒間押し続けます。

サンプルとして以下にTS-231Pという機種の写真を載せますが、右上にRESETと書かれた小さな穴があります。その穴を、つまようじなど細いもので3秒間押し続けます。

押し続けると、「ピーッ」というビープ音が鳴るので、RESETを押していたものを離します。

QNAPのRESET穴

QNAPのRESET穴

 

▶ ここまでで「基本システムのリセット」が完了しました。

adminのパスワードがデフォルトの「admin」に変更されていますので、セキュリティ保護のためにも、すぐにパスワードを変更することを強くおすすめします。

 

②. 高度なシステムのリセット

注意
リセットを実行すると、NASのTCP/IP設定が「DHCPから取得」に変わります。リセット後にNASを検索・再設定するには、「Qfinder Pro」を使ってください。

この初期化は、次の2つの方法があります。

  • NAS本体のRESETボタンから行う方法
  • QTSの「コントロールパネル」から行う方法

以下、それぞれの操作方法を紹介します。

・NAS本体のRESETボタンから行う

この初期化は、NAS本体のRESETボタンで行います。

▶ QNAPのNASの電源を入れた状態にします。

▶ NAS本体の裏側にあるRESETボタンを3秒間押し続けます。

サンプルとして以下にTS-231Pという機種の写真を載せますが、右上にRESETと書かれた小さな穴があります。その穴を、つまようじなど細いもので10秒間押し続けます。

押し続けると、「ピーッ」というビープ音が鳴りますが、そのまま押し続けて、2回目の「ピーッ」というビープ音がなったら、RESETを押していたものを離します。

QNAPのRESET穴

QNAPのRESET穴

 

▶ ここまでで「高度なシステムのリセット」が完了しました。

冒頭に書いたように、リセット後にはNASのTCP/IP設定が「DHCPから取得」に変わっているので、NASを検索・再設定するには、「Qfinder Pro」を使ってください。

また、adminのパスワードがデフォルトの「admin」に変更されていますので、セキュリティ保護のためにも、すぐにパスワードを変更することを強くおすすめします。

 

・QTSの「コントロールパネル」から行う

▶ QNAPのNASの管理画面(QTS)にログインして、「コントロールパネル」を開きます。

QNAPの「コントロールパネル」を開く

 

▶ 「コントロールパネル」が開いたら、下の図で示しているように「バックアップ/復元」をクリックします。

QTSの「コントロールパネル」

 

▶ 以下の画面のように、画面上部の「工場出荷時設定に復元」を選んでから、真ん中あたりのボタン「設定リセット」をクリックします。

QTSの初期化実行画面

 

▶ 以下の画面のように「設定のリセット」を実行する画面が表示されたら、再起動かシャットダウンのどちらかを選んでから、ボタン「OK」をクリックします。

実行したくないときは、ボタン「キャンセル」をクリックします。

QTSで「設定のリセット」

 

▶ 以下の画面のようにパスワードを入力する画面が出るので、adminユーザのパスワードを入力してから、ボタン「OK」をクリックします。

QTSの設定のリセットのパスワード確認

 

▶ 再起動が完了すると、NAS本体から「ピーッ」というビープ音が鳴ります。

冒頭に書いたように、リセット後にはNASのTCP/IP設定が「DHCPから取得」に変わっているので、NASを検索・再設定するには、「Qfinder Pro」を使ってください。

また、adminのパスワードがデフォルトの「admin」に変更されていますので、セキュリティ保護のためにも、すぐにパスワードを変更することを強くおすすめします。

 

③. 工場出荷時の復元とすべてのボリュームのフォーマット

注意
リセットを実行すると、NASのTCP/IP設定が「DHCPから取得」に変わります。リセット後にNASを検索・再設定するには、「Qfinder Pro」を使ってください。

この初期化は、QTSの「コントロールパネル」から行います。

▶ QNAPのNASの管理画面(QTS)にログインして、「コントロールパネル」を開きます。

QNAPの「コントロールパネル」を開く

 

▶ 「コントロールパネル」が開いたら、下の図で示しているように「バックアップ/復元」をクリックします。

QTSの「コントロールパネル」

 

▶ 以下の画面のように、画面上部の「工場出荷時設定に復元」を選んでから、真ん中あたりのボタン「工場出荷時の復元とすべてのボリュームのフォーマット」をクリックします。

QNAPのリセット

 

▶ 以降は、画面の指示通り操作を進めます。

 

▶ 初期化・再起動が完了すると、NAS本体から「ピーッ」というビープ音が鳴ります。

冒頭に書いたように、リセット後にはNASのTCP/IP設定が「DHCPから取得」に変わっているので、NASを検索・再設定するには、「Qfinder Pro」を使ってください。

また、adminのパスワードがデフォルトの「admin」に変更されていますので、セキュリティ保護のためにも、すぐにパスワードを変更することを強くおすすめします。

 

④. NASの再初期化

注意
リセットを実行すると、NASのTCP/IP設定が「DHCPから取得」に変わります。リセット後にNASを検索・再設定するには、「Qfinder Pro」を使ってください。

この初期化は、QTSの「コントロールパネル」から行います。

▶ QNAPのNASの管理画面(QTS)にログインして、「コントロールパネル」を開きます。

QNAPの「コントロールパネル」を開く

 

▶ 「コントロールパネル」が開いたら、下の図で示しているように「バックアップ/復元」をクリックします。

QTSの「コントロールパネル」

 

▶ 以下の画面のように、画面上部の「工場出荷時設定に復元」を選んでから、真ん中あたりのボタン「NASの最初期化」をクリックします。

 

▶ 以降は、画面の指示通り操作を進めます。

 

▶ 初期化・再起動が完了すると、NAS本体から「ピーッ」というビープ音が鳴ります。

冒頭に書いたように、リセット後にはNASのTCP/IP設定が「DHCPから取得」に変わっているので、NASを検索・再設定するには、「Qfinder Pro」を使ってください。

また、adminのパスワードがデフォルトの「admin」に変更されていますので、セキュリティ保護のためにも、すぐにパスワードを変更することを強くおすすめします。

 

このページの記事は以上です。

当社のデータ復旧のご案内

データ復旧料金は容量・症状に関係なく定額
復旧料金は復旧データ納品後に後払い
復旧失敗時は復旧料金0円、ただし宅急便の往復送料実費のみご負担
作業日数は2-3日(症状により延長の場合あり)

・HDD:33,000円
・NAS:55,000円

(RAID対応の場合は22,000円追加)
(当社ではHDDの内部分解が必要な重度の物理障害には対応していません。ただし、重度でも対応可能な提携他社を紹介することができますので、重度の場合でもご連絡ください。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です