LinkStationのファームウェアを「Web設定」画面でアップデートする

バッファローのNAS製品、LinkStation/TeraStationのファームウェアのアップデート(更新)についてのブログ記事です。

このページでは、LinkStation/TeraStation専用の管理画面である、「Web設定」画面からファームウェアのアップデートを行う手順を、スクリーンショットなども使ってわかりやすく説明しています。

なお、以下の説明では、LinkStationのLS-WVLシリーズをサンプルとして使っていますが、その他の機種でも細かい部分の違いはあっても、作業の流れは同じです。

また、以下にこのページの関連記事のリンクを貼っておきますので、必要に応じて参照してください。

 

目次

 

1. アップデートを行う前の注意事項

ファームウェアのアップデートに失敗すると、最悪すべてのデータが消去される場合があります。

よって、少なくともバックアップをUSB外付けHDDや別のNASにとっておくべきです。

また、LinkStation/TeraStationでエラーや異常な音が発生していないかも確認しておきましょう。

もしもエラーや異常な音が出ていたり、注意事項についてもっと詳しく知りたい方は、次のリンク先を御覧ください。

 

2. 「Web設定」画面を開く方法

▶ まず「Web管理画面」を開く必要がありますが、開く方法は2つあります。

  • 「Nasnavigator2」を使う(LinkStation/TeraStation監視アプリです)
  • WebブラウザでLinkStation/TeraStationのIPアドレスを直打ちして開く

 

以下の説明画面では前者の方法、「Nasnavigator2」から対象のLinkStationを右クリックメニューで「Web設定」画面を開いています。

NASNavigato2の画面01

 

3. ログインには「ユーザー名」と「パスワード」が必要

▶ Webブラウザが起動されるので、「ユーザー名」と「パスワード」を入力してから「ログイン」のボタンを押下します。

「ユーザー名」「パスワード」がわからない・忘れた場合ですが、特に自分で何かを設定をしていなければ、大多数は上段、10年以上前の古い機種は下段だと思います。

ユーザー名 パスワード
admin password
root (空白。前後のカッコも含めて何も入力しない状態。)

 

4. 実際に「Web設定」画面でアップデートを実行する

▶「Web設定」の画面が表示されたら、画面上部の「システム」のタブをクリックしてから、「メンテナンス」をクリックします。

この画面は、LinkStation/TeraStationの機種によって違いますので、注意してください。

🔽

🔽

🔽

▶ 「アップデート確認」のボタンが表示されたら押下して、アップデートがダウンロードできるかを確認します。

 

▶ アップデートがある場合は、画面に変更履歴が表示されます。

アップデートを実行する場合は、画面の「アップデート実行」のボタンを押下します。

これ以降は、画面に表示される指示に従ってアップデートを進めてください。

 

▶ 「Web設定画面」からアップデートを実行する手順の説明は、ここまでです。

 

5. もしもアップデートに失敗した時は?

対処法については、以下のリンク先で紹介していますので、御覧ください。

 

以下のボタンから、データ復旧のWEB見積もりへ移動します。