バッファローのNAS製品、LinkStation/TeraStationのファームウェアのアップデート(更新)についてのブログ記事です。

このページでは、Windowsでアップデート専用アプリを起動して、LinkStation/TeraStationのファームウェアのアップデートを行う手順を、スクリーンショットなども使ってわかりやすく説明しています。

Macについては別ページで説明していますので、そちらを御覧ください。

なお、以下の説明では、LinkStationのLS-WVLシリーズをサンプルとして使っていますが、その他の機種でも細かい部分の違いはあっても、作業の流れは同じです。

また、以下にこのページの関連記事のリンクを貼っておきますので、必要に応じて参照してください。

 

目次

 

1. アップデートを行う前の注意事項

ファームウェアのアップデートに失敗すると、最悪すべてのデータが消去される場合があります。

よって、少なくともバックアップをUSB外付けHDDや別のNASにとっておくべきです。

また、LinkStation/TeraStationでエラーや異常な音が発生していないかも確認しておきましょう。

もしもエラーや異常な音が出ていたり、注意事項についてもっと詳しく知りたい方は、次のリンク先を御覧ください。

 

2. アプリをバッファロー公式サイトからダウンロードする

▶ バッファロー公式サイトの「ソフトウエアダウンロードサービス」をWebブラウザで開きます。

 

▶ ページが開いたら、一覧表の中からアップデートを行うLinkStation/TeraStationの機種を探します。

今回は説明用のサンプルとして、LS-WVLシリーズを探してみたいと思います。

 

▶ ダウンロード可能なソフトがいくつか表示されます。

今回はWindows用のアップデート専用アプリをダウンロードするので、以下の画面では上段の矢印の「LinkStationシリーズファームウェアアップデーター(Windows)」をクリックします。

 

▶ 画面が切り替わったら、画面の一番下までスクロールして、「ダウンロードソフトウエア使用許諾契約に同意してダウンロードする」の部分を探します。

 

▶ 「ダウンロードソフトウエア使用許諾契約に同意してダウンロードする」の部分をクリックして、ダウンロードを開始します。

 

3. 圧縮された状態のダウンロードしたアプリを展開する

▶ アップデート用のプログラムがダウンロードされたらダブルクリックして圧縮ファイルを展開します。

 

▶ 以下のスクリーンショットは、展開中の様子です。

 

▶ 展開が完了したら、展開先のフォルダを開いてみましょう。

展開先のフォルダですが、通常は「C:¥BUFFALO」の中にあるはずです。

 

4. アップデート用アプリを実行する

▶ 展開先フォルダの中にあるアップデート専用プログラム、「LSUpdater」をダブルクリックで実行します。

 

▶ 以下のようにアップデート専用プログラムが起動したら、左上のアップデート対象LinkStation/TeraStationが正しいことを確認できたら、画面下の「ファームウェア更新」のボタンをクリックしてアップデートを実行開始します。

もしもアップデート対象が表示されない場合は、画面下の「再検索」のボタンをクリックしてみてください。

 

▶ 管理者パスワードを入れる画面が出るので、パスワードを入力してから「OK」ボタンをクリックするとアップデートが開始されます。

パスワードがわからない場合は、初期値から変更をしていなければ「password」のはずです。

 

▶ 専用アプリでアップデートを実行する手順の説明は、ここまでです。

 

5. もしもアップデートに失敗した時は?

対処法については、以下のリンク先で紹介していますので、御覧ください。

 


【データ復旧の見積もりを取る・申し込む 】

データ復旧の料金や日数などを見る

WEBで見積もり依頼はこちら

3時間以内に回答します。
(朝9時から夜12時)