USBメモリに空き容量があるのにファイルコピーや移動できない時の解決法

パソコンの前で困っているOL

悩んでる人
USBメモリや外付けHDDに、空き容量に余裕はあるんだけど、ファイルをコピーや移動ができない時があるのはなんでだろう?

解決法はあるのかな?

という方の疑問にお答えします。

このエラーが出た人は、おそらく動画ファイルをコピーや移動しようとしていませんか?

エラーの原因は、コピー先のUSBメモリや外付けHDDのフォーマット形式が大きなファイルサイズに対応していないためです。

よって、大きなファイルサイズに対応したフォーマット形式に変更してやれば、コピーが可能になります。

このブログ記事では、WindowsとMacそれぞれの解決方法の手順を説明します。

 

スポンサーリンク

1. Windowsでのエラー表示内容

Windowsでファイルのコピー/移動でエラーが出るときは、次のいずれかのエラーメッセージが表示されます。

 

1-a. 「ファイルが大きすぎます。xxxは大きすぎて、対象のファイルシステムに入りません。」

このエラーが出るのは、Windows 10/8/7/Vistaを使っているときです。

それぞれのWIndowsのバージョンのエラー表示は、以下のようなポップアップが表示されます。

CoprError 8

Windows 10/Windows 8

CoprError 7

Windows 7

CoprErrorVista

Windows Vista

 

1-b. 「受け側のドライブのディスクがいっぱいです。新しいディスクを挿入してください。」

このエラーが出るのは、Windows XPを使っているときです。

エラー表示は、以下のようなポップアップが表示されます。

CoprError XP

Windows XP

 

2. Macでのエラー表示内容

2-a. 項目”xxxxx”はこのボリュームのフォーマットには大きすぎるため、コピーできません。

以下はOS X 10.8 Mountain Lionでのコピーエラーの時の画面です。

他のバージョンでも同様のエラー表示となります。

CopyError-Mac-01

OS X/macOS

 

スポンサーリンク

3. コピーや移動できない原因と解決策

3-a. コピーや移動ができないのは、USBメモリやUSB外付けHDDの「フォーマット形式」が原因です

この記事の冒頭でも説明しましたが、ファイルがコピーや移動できない原因は「フォーマット形式」が原因です

通常、店で売っているUSBメモリは、買ったばかりの時には「FAT32」というフォーマット形式になっています。

また、外付けのHDDは「FAT32」または「NTFS」という、どちらかのフォーマット形式になっています。

フォーマット形式が「FAT32」の場合、1つのファイルの最大サイズは4GBの制限があります。

これは、およそDVD-R1面の記録容量と同じぐらいです。

ということで、ムービーで録画したなどの動画ファイルをパソコンからUSBメモリ/外付けHDDにコピーする場合にエラーになる場合が多いです。

 

3-b. 解決策

「FAT32」の後継のフォーマット形式の「ExFAT」なら、4GB以上のファイルでも保存可能で、なおかつWindowsでもMacでも使えるというメリットがあります。

その他、フォーマット形式としては、Windows専用として「NTFS」、Mac専用として「HFS+」があります。

よって、一見「ExFAT」が万能で良いように見えますが、「NTFS」や「HFS+」とくらべてデータが壊れやすいという欠点があります。

これは、「ExFAT」が「FAT32」の拡張版なので、「FAT32」の欠点をそのまま引き継いでいるからです。

よって、WindowsとMacで両方で使いたい場合に限り「ExAFT」を使い、Windowsでしか使わないなら「NTFS」、Macでしか使わないなら「HFS+」が理想的なフォーマット形式になります。

ということで、

動画ファイルなどの大きなデータもUSBメモリや外付けHDDにコピーできるようにするためには現在の「FAT32」のフォーマット形式を、

  • Windowsなら「NTFS」または「ExFAT」の形式
  • Macなら「HFS+」または「ExFAT」の形式

に変換する必要があります。

 

3-c. WindowsとMacで設定可能な「フォーマット形式一覧」と、メリット・デメリット

以上の話を整理すると、以下の表になります。

Windows/Macおすすめ
a. Windows/Macの両方で使う場合exFAT
b. Windowsだけで使う場合NTFS
c. Macだけで使う場合HFS+
d. おすすめできないフォーマット形式FAT32

 

以下に、a〜dまでの長所・短所をあげます。

a. Windows/Macの両方で使う場合

  • フォーマット形式
    • exFAT
  • 長所
    • WindowsでもMacでも読み書きできる
    • 動画などの大きなファイル、サイズが4GB以上のデータも保存できる
  • 短所
    • Windows専用の「NTFS」やMac専用の「HFS+」と比べると、データが壊れやすい

b. Windowsだけで使う場合

  • フォーマット形式
    • NTFS
  • 長所
    • データが壊れにくい(汎用のFAT32やexFATとの比較で)
    • 動画などの大きなファイル、サイズが4GB以上のデータも保存できる
  • 短所
    • Windowsでしか読み書きができない

c. Macだけで使う場合

  • フォーマット形式
    • HFS+
  • 長所
    • データが壊れにくい(汎用のFAT32やexFATとの比較で)
    • 動画などの大きなファイル、サイズが4GB以上のデータも保存できる
  • 短所
    • Macでしか読み書きができない

d. おすすめできないフォーマット形式

  • フォーマット形式
    • FAT32
  • 長所
    • WindowsでもMacでも読み書きできる
  • 短所
    • データが壊れやすい(専用のNTFSやHFS+との比較で)
    • 動画などの大きなファイル、サイズが4GB以上のデータが保存できない

 

フォーマット形式の変換方法は以下をご覧ください。

 

4. Windowsでコピーできるようにするための方法

手順を図解してわかりやすく説明していますので、以下のリンク先をご覧ください。

なお、フォーマットするとすでに保存されているデータは全て消えてしまいますので、必ず別の場所(パソコン、他のUSBメモリやHDDなど)にバックアップを取っておいてください。

Windows/Macの両方で使う場合 = ExFAT形式

Windowsだけで使う場合 = NTFS形式

 

スポンサーリンク

5. Macでコピーできるようにするための方法

手順を図解してわかりやすく説明していますので、以下のリンク先をご覧ください。

なお、フォーマットするとすでに保存されているデータは全て消えてしまいますので、必ず別の場所(パソコン、他のUSBメモリやHDDなど)にバックアップを取っておいてください。

Mac/Windowsの両方で使う場合 = ExFAT形式

Macだけで使う場合

 

6. それでも、ファイルがコピーできなかったときは

6-a. USBメモリやHDDに故障の疑いがあるので検査する

フォーマットし直してもファイルのコピーや移動でエラーが出る場合は、ファイルそのものが破損しているか、USBメモリやHDDに故障の疑いがあります。

HDDの故障については、以下の記事で紹介している「CrystalDiskInfo」というフリーソフトで検査ができます。

このソフト自体はWindowsでしか動きませんが、Macで使っているHDDの検査も可能です。

 

6-b. 壊れにくいオススメのUSBメモリとUSB外付けHDDを紹介

以下のリンク先で、壊れにくいオススメのUSBメモリやUSB外付けHDDの紹介をしています。

よろしければご覧ください。

 

当社のデータ復旧のご案内

データ復旧料金は容量・症状に関係なく定額
復旧料金は復旧データ納品後に後払い
復旧失敗時は復旧料金0円、ただし宅急便の往復送料実費のみご負担
作業日数は2-3日(症状により延長の場合あり)

・HDD:32,400円
・NAS:54,000円

(RAID対応の場合は21,600円追加)
(24時間以内復旧完了の特急対応は5割増し)
(当社ではHDDの内部分解が必要な重度の物理障害には対応していません。ただし、重度でも対応可能な提携他社を紹介することができますので、重度の場合でもご連絡ください。)