Synology社のDiskStationのIPアドレスを固定IPアドレスにする方法

ThinkingGirlPx600

Synology社のNAS、DiskStationのIPアドレスを固定IPアドレスに設定する方法を図解入りで説明します。

スマホやタブレットを使う方法もありますが、ここではWindows/Macといったパソコンから設定する方法を説明します。

なお、NASを固定IPアドレスに設定するメリット・デメリットをまとめた次のページも御覧ください。

 

 

スポンサーリンク

1. 今回説明する機器の環境

今回の固定IPアドレスの設定の説明は、以下の機種・ファームウェアバージョンで行います。

紙面の都合上すべての機種の説明は行いませんが、この記事を執筆している2017年3月時点でQNAP社から販売続行しているNASの機種は、基本的にはすべて同じ画面と思われます。

というか、QNAPのOSは「QTS」という名前なのですが、これが同じバージョンだと画面も同じはずです。

ただし、機種が同じでもファームウェアが古い/新しい場合は、このページの説明通りに動かない可能性があります。

  • 機種 DS216j
  • ファームウェアバージョン 6.1
D216jPx700

D216jを斜め前から

 

2. 固定IPアドレスへの設定手順

方法としては2つあります。

上の項目をクリックすると、それぞれの説明まで移動します。

それぞれの方法のメリット・デメリットを表にまとめました。

Synology AssistantとWEB管理画面を使うWEB管理画面だけを使う
メリット
  • NASの現在のIPアドレスがわからなくても良い
  • Synology Assistantは不要で、WEBブラウザだけあれば良い
デメリット
  • あらかじめ作業用PCにSynology Assistantをインストールしている必要がある
  • Synology Assistantだけでなく、そこからWEB管理画面で実際の設定を行う
  • NASの現在のIPアドレスがわかっている必要がある

 

スポンサーリンク

3. Synology Assistant+WEB管理画面を使う方法

次のように設定を変更するものとします。

  • 変更前:DHCP
  • 変更後:固定IPアドレス(例として、192.168.100.216に変更する)

 

3-1) アプリの「Synology Assistant」を起動します。

SynologyIP15

Synology Assistantのアイコン

 

3-2)Synology Assistantが起動したら、表示されているNASから、今回の固定IPアドレスに設定するNASを選んで、上部の「接続」アイコンをクリックします。

SynologyIP01

 

3-3) サインインの画面が表示されるので、①IDとパスワードを入れてから、②「サインイン」をクリックします。

SynologyIP02

 

3-4) サインインしてからはWEB管理画面だけを使う方法と一緒なので、続きはそちらを御覧ください。

SynologyIP03

 

 

4. WEB管理画面だけを使う方法

次のように設定を変更するものとします。

  • 変更前:DHCP
  • 変更後:固定IPアドレス(例として、192.168.100.216に変更する)

 

4-1) ブラウザからSynologyのDiskStationのWEB管理画面を開きます。

GoogleChromePx300

Google Chromeのアイコン

 

4-2) WEB管理画面が開いたら、「コントロールパネル」をクリックして中に入ります。

SynologyIP04

 

4-3) 「コントロール・パネル」の画面が表示されたら、「ネットワーク」のアイコンをクリックします。

SynologyIP05

 

4-4) 「ネットワーク」の画面に切り替わったら、上のタブの「ネットワークインターフェース」をクリックします。

SynologyIP06

 

4-5) 「ネットワークインターフェース」の画面に切り替わったら、「LAN 接続済」となっている行の一番右の下向きの矢印をクリックします。

SynologyIP07

 

4-6) 今まで見えなかったネットワーク設定の部分が表示されるのですが、ここに表示されているDHPを固定IPアドレスに変更します。

画面の上の「編集」ボタンをクリックします。

SynologyIP08

 

4-7) 「IPv4」の画面が出たら、次のように変更します。

  • 変更前:DHCPサーバーのネットワーク設定を自動的に取得する
  • 変更後:手動で設定する

SynologyIP09

 

4-8) 「手動で設定する」をクリックして編集可能になった部分に、各項目を入力します。

項目設定内容設定例
IPアドレスNASの固定IPアドレスを入れる192.168.100.216
サブネットマスクほとんどの場合は255.255.255.0で良い255.255.255.0
ゲートウェイルーターのIPアドレスなど192.168.100.1
DNS ServerルーターのIPアドレスなど192.168.100.1

入力したら、「OK」ボタンをクリックします。

SynologyIP10

 

 

4-9) 設定変更を反映させる前に確認の画面、「一部のサービスが一時的に停止します。実行しますか?」と表示されるので、「OK」ボタンをクリックします。

QnapQwb07

 

4-10) 設定変更を反映させるのにしばらく時間がかかります。(1〜2分ほど)

反映が完了したら、新しく設定したIPアドレスでNASのWEB管理画面にログインできるかを確かめてみます。

SynologyIP12

SynologyIP13

 

4-11) 説明は以上です。

 

スポンサーリンク

当社のデータ復旧のご案内

データ復旧料金は容量・症状に関係なく定額
復旧料金は復旧データ納品後に後払い
復旧失敗時は復旧料金0円、ただし宅急便の往復送料実費のみご負担
作業日数は2-3日(症状により延長の場合あり)

・HDD:33,000円
・NAS:55,000円

(RAID対応の場合は22,000円追加)
(当社ではHDDの内部分解が必要な重度の物理障害には対応していません。ただし、重度でも対応可能な提携他社を紹介することができますので、重度の場合でもご連絡ください。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です