LANDISK HDL2-A/HDL-Aのバックアップ (6) バックアップの復元

LANDISKをUSB外付けHDDにバックアップ

IOデータのネットワーク型HDD、LANDISK HDL-AシリーズでUSB外付けHDDにバックアップを取っていた場合の、バックアップからのデータの復元方法を説明します。

バックアップ用のHDDをLANDISKに接続した場合と、LANDISKに接続せず直接の場合、それぞれの方法があります。

LANDISK HDL-Aシリーズのバックアップ方法の記事の一覧(クリックで表示)
対象機種のLANDISKの一覧(クリックで表示)

個人向けモデル

型番容量内蔵HDDの数
HDL-A3.03.0TB1台
HDL-A2.02.0TB
HDL-A1.01.0TB
HDL-A3.0S3.0TB1台
HDL-A2.0S2.0TB
HDL2-A6.06.0TB2台(RAID0/RAID1対応)
HDL2-A4.04.0TB
HDL2-A2.02.0TB

法人向けモデル

型番容量内蔵HDDの数
HDL-AH3.03.0TB1台
HDL-AH2.02.0TB
HDL-AH1.01.0TB
HDL2-AH6.06.0TB2台(RAID0/RAID1対応)
HDL2-AH4.04.0TB
HDL2-AH2.02.0TB

※ RAID0をストライピング、RAID1をミラーリングと呼ぶこともあります。

 

 

1. バックアップ用HDDをLANDISKに接続した状態で、データを復元する方法

通常は、LANDISKにバックアップ用HDDを接続したままで使っていると思うので、ここで説明するやり方でバックアップしているデータを復元して下さい。

1) あらかじめ、LANDISKにバックアップ用HDDがUSBケーブルで接続されていて、それぞれ電源が入っている前提とします。

 

2) パソコンからネットワーク上にあるLANDISKにアクセスして、「usb1」という表示のフォルダをダブルクリックします。

LANDISKバックアップ結果の確認

 

3) 「usb1」のフォルダの中に「__backup」のフォルダがあれば、それがバックアップ結果のフォルダです。

それをダブルクリックして中身を表示します。

LANDISKバックアップ結果の確認

 

4) 「__backup」フォルダの中に、バックアップするように指定したフォルダが入っているので、その中にあるフォルダやファイルをネットワーク経由で自分のパソコン中などにコピーします。

LANDISKバックアップ結果を確認する

 

2. LANDISKを使わず、バックアップ用HDDから直接データを復元する方法

LANDISKが故障している等、何らかの理由でLANDISKが使えない時は、ここで説明する2つやり方で、直接バックアップ用HDDからデータを復元できます。

操作が簡単なのは上段の方法ですが、うまくいかなかったり、IOデータのサイトにつなげられないときは下段の方法を試してみてください。

とは言っても、下段の方法もインターネット経由でLinuxをダウンロードする必要があるのですが。

 

2-a. LANDISK専用ソフト「Backup Reader」を使う

LANDISKを買った時に付いていたCD-ROMに入っている、「LAN DISK Backup Reader」をパソコンにインストールすれば、パソコンで直接バックアップ用HDDのデータが読めます。

もしもCD-ROMが見当たらない時は、IOデータのホームページからダウンロードできます。

ここでは、ダウンロードと使い方について、手順を紹介します。

 

▶ IOデータの公式サイトで、次のリンクをクリックします。

 

▶ サイトが開いたら、作業に使うパソコンのOSにあわせて、①のドロップダウンリストからOSを選択します。

LANDISK Backup Readerのダウンロードページ

 

▶ ここでは例として、Windows 10を選択してみました。

選択すると、以下の図のように①の「ダウンロード」というボタンが表示されるので、これをクリックしてパソコン内にダウンロードします。

LANDISK Backup Readerのダウンロードページ

 

▶ ダウンロードが完了したら、自己解凍形式の圧縮ファイルになっているので、ダブルクリックして展開します。

以下の例では、①でWindows 10の「ダウンロード」という名前のフォルダにダウンロードしているので、これをダブルクリックします。

LANDISK Backup Readerのダウンロードファイル

 

▶ デスクトップ上に展開されたフォルダが作成されます。

このフォルダをダブルクリックして、中を開きます。

LANDISK Backup Readerの展開されたフォルダ

 

▶ フォルダの中に、以下の①の「SETUP.EXE」があるので、これをダブルクリックしてインストールを開始します。

LANDISK Backup Readerインストールファイル

 

▶ インストールは画面の指示に従って、基本的にデフォルト設定のままでいいので進めます。

LANDISK Backup Readerインストール画面

LANDISK Backup Readerインストール画面

LANDISK Backup Readerインストール画面

LANDISK Backup Readerインストール画面

 

▶ インストールが完了したら、以下の図のように「InstallShield Wizardの完了」と表示されます。

表示されたら、「完了」をクリックします。

LANDISK Backup Readerインストール画面

 

▶ インストールが完了したら、LANDISKのバックアップ用USB外付けHDDをパソコンに接続します。

USB外付けHDD

 

▶ 先ほどインストールした「LANDISK Backup Reader」を起動します。

Windows 10の場合は、①のようにスタートメニューを開いて「最近追加したもの」のあたりに表示されているか、②のように「I-O Data」フォルダの中にあります。

Windows 10 スタートメニュー

Windows 10 スタートメニュー

 

▶ 以下の図のように「LANDISK Backup Reader」の基本画面が表示されたら、①でマウント(接続)するボリューム(HDD)にチェックを入れて、②で「実行」をクリックします。

一連の作業が終わるまで、「終了」のボタンをはクリックしないでください。

マウントするボリュームは一番大きい数字の場合が多いですが、もしも違った場合はやり直してください。

LANDISK Backup Readerの基本画面

 

▶ Windowsを使っている場合は、ファイル管理アプリの「エクスプローラー」を起動します。

そうすると、以下の図の①のように「デバイスとドライブ」の中に、今さっきマウントした外付けHDDが表示されています。

表示されていたら、必要なファイルを取り出してください。

Windows 10 エクスプローラー

 

▶ ファイル取り出しの作業が終わったら、「LANDISK Backup Reader」の基本画面の①の「終了」をクリックします。

そうすると、さっきまで「デバイスとドライブ」の中に表示されていた外付けHDDが消えて、取り外しが可能になります。

LANDISK Backup Readerの基本画面

Windows 10 エクスプローラー

 

▶ IOデータの公式サイトにPDFの取扱説明書があるので、ダウンロードして参照して下さい。

 

2-b. Linux(Ubuntu)を使う

以下のリンク先のページでは、NAS内蔵HDDのデータ復旧方法を説明していますが、同じ方法でLANDISKのバックアップHDDからのデータ読み出しが可能です。

手順が非常に長くて難易度が高いので、できれば「LANDISK Backup Reader」を使った方法をおすすめします。

 

3. もしもデータが復元できない場合は

以上の方法でバックアップデータから復元できない場合は、バックアップ用ハードディスクに何らなの障害(論理障害・物理障害)が起きていますので、当社のデータ復旧をご利用下さい。

連絡先は以下になります。

当社のデータ復旧のご案内

データ復旧料金は容量・症状に関係なく定額
復旧料金は復旧データ納品後に後払い
復旧失敗時は復旧料金0円、ただし宅急便の往復送料実費のみご負担
作業日数は2-3日(症状により延長の場合あり)

・HDD:33,000円
・NAS:55,000円

(RAID対応の場合は22,000円追加)
(当社ではHDDの内部分解が必要な重度の物理障害には対応していません。ただし、重度でも対応可能な提携他社を紹介することができますので、重度の場合でもご連絡ください。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です