HDDやUSBメモリの修復でchkdskをむやみに行なってはいけない

HDDの読み込みが遅くなったり、パソコンから認識したりしなかったりしている時に、WindowsのDOS窓からchkdskコマンドや、マイコンピュータのディスクのプロパティから「チェックディスク(エラーチェック)」を行なう人が多いのですが、これらはHDDの状態を悪化することもあるので、むやみに行なってはいけません。

なぜむやみに行なってはいけないかというと、長時間HDDに負荷をかけるので論理障害又は物理障害が悪化する」「読み取れないデータを切り捨ててしまうのでデータが破損するからです。

では、どうすれば良いかというと、詳しい操作法は今後ブログにアップして行きますが、簡単に言うと、

  • 「別の正常起動するパソコンにつないでデータを読み出してみる」
  • 「Linuxでパソコンを起動してデータを読み出す」
  • 「破損したHDDにインストールしないようにしてファイナルデータなどのデータ復旧ソフトを使ってみる」

といったことです。


「じゃあ、何のためにこういったコマンドがあるの?」かと言うと、エラーの起きたHDDのエラー部分にフラグを立てて、再度そこに書き込まないようにするためです。

しかし、エラーが起きたHDDは使っているうちにどんどんエラーが増えて行きますので、chkdskで使えるようになったとしても、一時的な場合が多いです。

早めに別のHDDやUSBメモリを用意してデータのバックアップをとる事が先決です。


ちなみに、「chkdskとかチェックディスクって何?」っていう方のために、参考までに記載します。

a) DOS窓から使用する「chkdsk」

chkdsk01

b)「マイコンピュータ」の右クリック「ディスクのプロパティ」から使用する「チェックディスク」
chkdsk02

chkdsk03

chkdsk04

以下のボタンから、データ復旧のWEB見積もりへ移動します。