HDDの分解方法 IOデータ HDCS-Uシリーズ

hdsc-u-series00

これから、使っている人が多いと思われるHDDの分解方法を写真で解説していきたいと思います。

まず第一回目は「IOデータ HDCS-Uシリーズ」です。

このモデルは、Windows用とMac用の2パターンありますが、ハードウエア的には全く一緒で、初期フォーマットが違うだけです。

よって、フォーマットしなおせば、WindowsでもMacでもどちらでも使えます。

型番の最後が「〜/M」で終わっているものがMac用モデルです。

 

 

主な仕様

  • 発売時期;2008-2010年頃
  • インターフェース;USB2.0
  • 内部HDD形式;3.5インチのSATA
  • 初期フォーマット形式;FAT32(1パーティション)
  • 外見上の特徴;白いプラスチックの筐体

hdsc-u-series00

分解難易度1(ニトリの家具を組み立て・分解する程度)

難易度1

難易度1

分解はかなり簡単な部類に入りますので、以下の分解手順を見て「できるかも?」と思ったらやってみましょう。

 

対象型番

型番容量
HDCS-U1.51.5TBホワイト
HDCS-U1.01.0TB
HDCS-U640640GB
HDCS-U500500GB
HDCS-U320320GB

 

分解手順

1) HDDの側面のうち、小さな穴が3つ開いた方を上向きにして平らなところに置く。

hdsc-u-series01

2) 穴の開いた上部を右にずらしながら、3つの穴に順番に爪楊枝をさしこんでいく。

hdsc-u-series02

 

3) 何度か作業を繰り返すうちに、上部がはずれてくる。

hdsc-u-series05

 

4) うまく開封できたら、以下の写真のようになります。

hdsc-u-series06

 

5) あとは内部のネジ・基盤からHDDを取り出します。

 

データ復旧方法

取り出したハードディスクを、別売りのHDDケースに入れたりUSB接続アダプタを使い、パソコンと接続してみます。

うまくいけば、パソコンから認識できて、今までどおり外付けのハードディスクとして使い続けることができます。

このやり方でパソコンから認識できた場合は、今まで使っていたハードディスク・ケースの基板や電源の部分が故障していたことになります。

以下2つのHDDケースは発売から年数が経っていますが、壊れにくくコスパの良い製品として定番になっています。

内容は同じで、色違いです。

 

一方、以下のUSB接続アダプタはHDDがむき出しになってしまいますが、自作パソコンユーザーなどひんぱんにHDDの取り出しを行う人は、一つ持っておくと便利です。

 

パソコンから認識できなかったり、データの復旧・復元ができないときは、次の記事も参考にしてください。

 

データ復旧できなかった場合は

若い医者

上記のいずれの方法でもデータ復旧ができない場合は、ハードディスクの故障具合がより複雑ですので、データ復旧専門の当社をご利用ください。

素人判断で下手に色々といじくりまわすと、復旧できたかもしれない状況を悪化させてしまいます。

また、「自分で復旧作業をするのは不安なので、最初から専門家に任せたい」という方も、当社までご連絡ください。

連絡先は以下となります。

当社のデータ復旧のご案内

データ復旧料金は容量・症状に関係なく定額
復旧料金は復旧データ納品後に後払い
復旧失敗時は復旧料金0円、ただし宅急便の往復送料実費のみご負担
作業日数は2-3日(症状により延長の場合あり)

・HDD:33,000円
・NAS:55,000円

(RAID対応の場合は22,000円追加)
(当社ではHDDの内部分解が必要な重度の物理障害には対応していません。ただし、重度でも対応可能な提携他社を紹介することができますので、重度の場合でもご連絡ください。)