HDDの分解方法 IOデータ HDCN-Uシリーズ

hdcn-u-series0

昨日、分解方法を解説した「IOデータ HDSC-Uシリーズ」と姉妹型番です。

第二回目は「IOデータ HDCN-Uシリーズ」です。

パソコンがハードディスクを認識しなくなった場合でも、外側のケースだけの故障であれば、ケースから取り出したハードディスクの中身をパソコンで認識・復旧・読み出せる確率は高いです。

 

 

スポンサーリンク

主な仕様

  • 発売時期;2008-2010年頃
  • インターフェース;USB2.0
  • 内部HDD形式;3.5インチのSATA
  • 初期フォーマット形式;Windows用モデルはNTFS、Mac用モデルはHFS+
  • 外見上の特徴;両サイドがアルミパネル、全体は白いプラスチックの筐体。ファンレス。

hdcn-u-series0


 

分解難易度3(分解方法がわからないと苦戦しそう)難易度3

難易度3

難易度3

やり方さえわかってしまえばどうってことないんですが、知らなかったら苦戦してあきらめる人が多いかもしれません。

 

スポンサーリンク

対象型番

Windows用モデル

型番容量
HDCN-U1.01TBホワイト
HDCN-U640640GB
HDCN-U500500GB
HDCN-U320320GB
HDCN-U250250GB

Mac用モデル

型番容量
HDCN-U1.0/M1TBホワイト
HDCN-U500/M500GB
HDCN-U250/M250GB

 

分解手順

1) まずは、分解するにあたって、筐体をおおっている側面パネルと本体側のツメやくぼみや両面テープの位置を、以下の写真で確認して下さい。これがあらかじめわかっているのとわかっていないのでは、作業の難易度が大違いです。

次の写真の赤い丸印はツメ(でっぱり)、黄色い四角はくぼみになっています。
ツメとくぼみは必ず対応していて、側面パネルがツメ(でっぱり)の場合、本体側はくぼみになっています。
また、側面パネルと本体には2つの両面テープで接着されています。これがけっこう強力です。

hdcn-u-series2

hdcn-u-series3

 

2) では、実際にHDDを分解する作業に入ります。

HDDの側面のうち、電源ケーブルがついた方を右下にして平らなところに置きます。

hdcn-u-series1

 

3) 平たいドライバなどで、本体側から側面パネルを浮かせる感じで徐々に作業を行います。

右、上、左、下とそれぞれ何周か繰り返すと、側面パネルが本体側から浮いてきます。

hdcn-u-series5

hdcn-u-series4

hdcn-u-series6

 

4) 最後に側面パネルをはがす時は、「エイヤッ!」って感じに思い切ってください。
強力な両面テープが2つもくっついているので、力を入れないとはがれません!

hdcn-u-series7

 

5) あとは内部のネジ・基盤からHDDを取り出します。

 

スポンサーリンク

データ復旧方法

取り出したハードディスクを、別売りのHDDケースに入れたりUSB接続アダプタを使い、パソコンと接続してみます。

うまくいけば、パソコンから認識できて、今までどおり外付けのハードディスクとして使い続けることができます。

このやり方でパソコンから認識できた場合は、今まで使っていたハードディスク・ケースの基板や電源の部分が故障していたことになります。

以下2つのHDDケースは発売から年数が経っていますが、壊れにくくコスパの良い製品として定番になっています。

内容は同じで、色違いです。

 

一方、以下のUSB接続アダプタはHDDがむき出しになってしまいますが、自作パソコンユーザーなどひんぱんにHDDの取り出しを行う人は、一つ持っておくと便利です。

 

パソコンから認識できなかったり、データの復旧・復元ができないときは、次の記事も参考にしてください。

 

データ復旧できなかった場合は

若い医者

上記のいずれの方法でもデータ復旧ができない場合は、ハードディスクの故障具合がより複雑ですので、データ復旧専門の当社をご利用ください。

素人判断で下手に色々といじくりまわすと、復旧できたかもしれない状況を悪化させてしまいます。

また、「自分で復旧作業をするのは不安なので、最初から専門家に任せたい」という方も、当社までご連絡ください。

連絡先は以下となります。

当社のデータ復旧のご案内

データ復旧料金は容量・症状に関係なく定額
復旧料金は復旧データ納品後に後払い
復旧失敗時は復旧料金0円、ただし宅急便の往復送料実費のみご負担
作業日数は2-3日(症状により延長の場合あり)

・HDD:32,400円
・NAS:54,000円

(RAID対応の場合は21,600円追加)
(当社ではHDDの内部分解が必要な重度の物理障害には対応していません。ただし、重度でも対応可能な提携他社を紹介することができますので、重度の場合でもご連絡ください。)