外付けHDDは買った時には「FAT32」あるいは「NTFS」というフォーマット形式に設定されている場合が多いです。

  • 「FAT32」形式の問題点は、動画などの4GB以上のデータが書き込みできないことです。
  • 「NTFS」形式の問題点は、元々Windows専用の形式であり、Macでは読み込みはできるが書き込みができないことです。

これらの問題点の解決策としては、フォーマット形式を「Mac OS 拡張(ジャーナリング)」に変更してやればいいので、その手順を説明します。

また、「Mac OS 拡張(ジャーナリング)」のフォーマットの正式名は、「HFS+」と言います。

「エイチ・エフ・エス・プラス」と読みます。

なお、この記事ではMac使う場合の説明をしますので、Windowsの場合は次の関連記事を御覧ください。

Windowsでは「Mac OS 拡張」形式ではなく、「NTFS」形式にフォーマットする必要があります。

Windowsで外付けHDDを「NTFS」形式にフォーマットする方法

 

目次

 

重要!前準備

フォーマットをするとすべてのデータが消えてしまいます。

フォーマット作業を始める前に、外付けHDD内のデータのバックアップを取ってください。

バックアップ先は、Mac本体・USBメモリ・別の外付けHDDなどを使ってください。

 

「Mac OS 拡張(ジャーナリング)」形式へのフォーマット手順

1) Macの「アプリケーション」ー「ユーティリティ」のフォルダの中にある、「ディスクユーティリティ」を起動します。

CopyError-Mac-02

 

2) 「ディスクユーティリティ」が起動したら、左のアイコン一覧から、これからフォーマットしようとしてる外付けHDDのアイコンをクリックします。

データ容量の数字が表示されたアイコンが、外付けHDDのアイコンです。

その下にパーティションのアイコンが表示されていますが、そちらではありません。

FormatHFS01

 

3) 画面の上にある「パーティション」のタブをクリックします。

FormatHFS02

 

4) 「パーティションレイアウト」の部分を「1パーティション」、または必要に応じた数のパーティション数に設定します。

FormatHFS03a

 

5) 「フォーマット」の部分を「Mac OS 拡張(ジャーナリング)」に設定します。

FormatHFS03b

 

6) 「名前」の部分に適当な名前をつけます。

FormatHFS03c

 

7) 以上の設定ができたら、右下のボタン「適用」をクリックして、フォーマットを実行します。

FormatHFS03d

 

8) フォーマットの確認画面が出ますが、ボタン「パーティション」をクリックして実行します。

FormatHFS04

 

9) 2〜3分以内ぐらいにフォーマットが完了したら、「Mac OS 拡張(ジャーナリング)」フォーマットの変換作業完了です。

これで4GB以上の大きなファイルでも書き込みが可能になりました。

 

オススメの外付けHDD

外付けHDDは速度が速いUSB3.0対応がオススメです。

あるいは、FireWire800やThunderboltならUSB3.0より速いのですが、種類が少ない上に値段が高いので、USB3.0が選択の余地が多くて良いです。

次の関連ページで、ポータブル型や据え置き型など様々なHDDのオススメを紹介しています。

御覧ください。

オススメのUSB外付けHDD/SSDドライブ -2017年12月版

 

WindowsでMac OS 拡張形式のHDDを読み書きする方法

Windowsでは、本来Mac専用のフォーマット形式であるMac OS 拡張形式(HFS+形式)のHDDは全く認識できませんが、次のソフトをインストールすることにより、データの読み書きが可能になります。

Paragon HFS+ for Windows シングルライセンス Amazon

Paragon HFS+ for Windows シングルライセンス Amazon

定価:¥ 2,678

Amazon価格:¥ 2,430

カテゴリ:DVD-ROM



【データ復旧の見積もりを取る・申し込む 】

データ復旧の料金や日数などを見る

WEBで見積もり依頼はこちら

3時間以内に回答します。
(朝9時から夜12時)