MacでUSBメモリを「ExFAT」形式にフォーマットする方法

USBメモリは買った時には「FAT32」というフォーマット形式に設定されているために、動画など4GB以上のサイズのファイルは保存出来ません。

この解決策としては、フォーマット形式を「ExFAT」に変更してやればいいので、その手順を説明します。

なお、この記事ではMacで使う場合の説明をしますので、Windowsの場合は次の関連記事を御覧ください。

 

 

スポンサーリンク

重要!前準備

フォーマットをするとすべてのデータが消えてしまいます。

フォーマット作業を始める前に、USBメモリ内のデータのバックアップを取ってください。

バックアップ先は、Mac本体・別のUSBメモリ・外付けHDDなどを使ってください。

 

ExFAT型式へのフォーマット手順

1) Macの「アプリケーション」ー「ユーティリティ」のフォルダの中にある、「ディスクユーティリティ」を起動します。

CopyError-Mac-02

 

2) 「ディスクユーティリティ」が起動したら、左のアイコン一覧から、これからフォーマットしようとしてるUSBメモリのアイコンをクリックします。

データ容量の数字が表示されたアイコンが、USBメモリのアイコンです。

その下にパーティションのアイコンが表示されていますが、そちらではありません。

CopyError-Mac-03

 

3) 画面の上にある「パーティション」のタブをクリックします。

CopyError-Mac-03-2

 

4) 「パーティションレイアウト」の部分を「1パーティション」に設定します。

CopyError-Mac-04-01

 

5) 「フォーマット」の部分を「ExFAT」に設定します。

CopyError-Mac-04-02

 

6) 「名前」の部分に適当な名前をつけます。

CopyError-Mac-04-03

 

7) 以上の設定ができたら、右下のボタン「適用」をクリックして、フォーマットを実行します。

CopyError-Mac-04-04

 

8) フォーマットの確認画面が出ますが、ボタン「パーティション」をクリックして実行します。

CopyError-Mac-05

 

4) 10秒以内ぐらいにフォーマットが完了したら、ExFATフォーマットの変換作業完了です。

これで4GB以上の大きなファイルでも書き込みが可能になりました。

 

スポンサーリンク

オススメのUSBメモリ

以下のリンク先で、壊れにくいオススメのUSBメモリを紹介しています。

御覧ください。

スポンサーリンク

当社のデータ復旧のご案内

データ復旧料金は容量・症状に関係なく定額
復旧料金は復旧データ納品後に後払い
復旧失敗時は復旧料金0円、ただし宅急便の往復送料実費のみご負担
作業日数は2-3日(症状により延長の場合あり)

・HDD:32,400円
・NAS:54,000円

(RAID対応の場合は21,600円追加)
(当社ではHDDの内部分解が必要な重度の物理障害には対応していません。ただし、重度でも対応可能な提携他社を紹介することができますので、重度の場合でもご連絡ください。)