Windowsの再インストール・新規インストールを行うときには「プロダクトキー」の入力が必須となりますが、「プロダクトキー」が書かれた書類が紛失してわからない、といった場合があります。

ネットでは「プロダクトキー」を調べる方法がいくつか紹介されていますが、Windows 10を使っている人で、Windows 7/8/8.1から「Windows 10の無償アップグレード」を行っている場合は注意が必要です。

このページでは、「Windows 10の無償アップグレード」の注意点も含めて、「プロダクトキー」の調べ方を紹介します。

 

目次

 

1. Windows 10の「プロダクトキー」をめぐる、厄介な状況

これは、Windows 10を使っている人だけ注意してもらいたい内容です。

2015年7月29日から2017年12月31日まで、Windows 7/8/8.1は無料でWindows 10にアップグレードできました。

アップグレード前のWindows 7/8/8.1にヒモ付けられていた「プロダクトキー」は、Windows 10にアップグレード後には全て共通の「プロダクトキー」に置き換えられてしまいます。

この共通の「プロダクトキー」のことを、「ジェネリックキー」と呼ぶ場合もあるようです。

全てではありませんが、手元にあるPCで確認できたものを一例として上げます。

製品 共通のプロダクトキー(ジェネリックキー)
Windows 10 Home
  • TX9XD-98N7V-6WMQ6-BX7FG-H8Q99
  • YTMG3-N6DKC-DKB77-7M9GH-8HVX7
  • その他まだありそう
Windows 10 Pro
  • VK7JG-NPHTM-C97JM-9MPGT-3V66T
  • その他まだありそう
Windows 10 Enterprise
  • NPPR9-FWDCX-D2C8J-H872K-2YT43
  • その他まだありそう

最初からWindows 10だった場合は問題ないのですが、「Windows 10の無償アップグレード」でWindows 10にバージョンアップした場合は上記の点に注意してください。

 

2. 「プロダクトキー」を調べる王道の方法

フリーソフトで「プロダクトキー」を調べる方法がいくつかありますが、やはり最も確実なのは「プロダクトキー」が書かれたラベルや書類を探すことです。

具体的には、次の場所に「プロダクトキー」が記載されています。

2-a. Windows 10/8/8.1

2-a-①. パソコンメーカーのパソコン

最初からWindows 10/8/8.1がインストールされたパソコンメーカーのパソコンでは、パソコンの内部に「プロダクトキー」が記載されていて確認できません。

よって、Windowsの再インストールの時に「プロダクトキー」の入力を求められることはありません。

2-a-②. Windowsのパッケージを単体で購入したとき

Windowsのパッケージに「プロダクトキー」を記載したカードが付属しています。

以下はそのサンプルです。

Windows 8にカードが付属

Windows 10にカードが付属

 

2-a-③. Windowsのパッケージをダウンロード販売(デジタル配信)で購入したとき

領収書のメールに「プロダクトキー」が記載されています。

以下はそのサンプルです。

Windows 8のダウンロード購入の領収メール

 

2-b. Windows 7

2-b-①. パソコンメーカーのパソコン

パソコン本体、たとえばノートパソコンなら底面、デスクトップパソコンなら側面や背面に「プロダクトキー」を記載したシールが貼り付けられています。

以下はそのサンプルです。

パソコン本体に貼られている

2-b-②. Windowsのパッケージを単体で購入したとき

Windowsのパッケージに「プロダクトキー」を記載したシールが貼り付けられています。

以下はそのサンプルです。

Windows 7のDVDパッケージに添付

 

3. ネットで流通している、この方法では「プロダクトキー」はわからなかった!

ネットで「Windows プロダクトキー 確認」などでググると、Windowsの「コマンドプロンプト」や「PowerShell」で調べる方法が出てきましたが、残念ながら私の環境ではうまくいきませんでした。

うまくいかないのは私のPC環境だけなのか、他の原因かわかりませんが、他に人の参考までにあげておきます。

  • wmic path SoftwareLicensingService get OA3xOriginalProductKey

さらに詳しく調べたい方は、ググってみてください。

 

4. フリーソフトの「ProductKey」なら確実に「プロダクトキー」がわかった!

Windowsの「プロダクトキー」を調べられるフリーソフトをググると、次の2つが紹介されている場合が多いです。

機能はどちらも同じですが、ここでは前者の「ProductKey」の方をイチオシでオススメします。

理由は、後者はソフトの終了時に毎回10秒ほど「募金お願い」の表示が出て、ちょっとイラッとするからです。


では、前者の「ProductKey」の使い方を軽く説明します。

▶ 以下のリンクをクリックして、「ProductKey」の公式サイトのダウンロードページを開きます。

 

▶ 以下の画面のように、ダウンロードページにはいくつかのリンクがありますが、一番上の「Download ProductKey (In Zip file)」をクリックして、ファイルをダウンロード(保存)してください。

2番目に64ビットらしい表記がありますが、1編目のものでも64ビット・32ビットの両方動きます。

 

▶ ファイルがダウンロード(保存)できたら、ダブルクリックで開いて適当な場所に「展開」します。

 

▶ ファイルの展開が完了したら3つのファイルが表示されますが、「種類」が「アプリケーション」の「ProductKey」のアイコンをダブルクリックして起動します。

アイコンがカギの形になっているものです。

 

▶ 以下の画面のように、Windowsの他にオフィスの「プロダクトキー」も表示されます。

マイクロソフトの製品のプロダクトキーは、英数字5文字が5個、全部で25文字となります。

 

▶ Windowsの「プロダクトキー」の確認方法は以上です。


【データ復旧の見積もりを取る・申し込む 】

データ復旧の料金や日数などを見る

WEBで見積もり依頼はこちら

3時間以内に回答します。
(朝9時から夜12時)