【図解】Windows 10とWindows 7のプロダクトキーの確認方法

Windowsの再インストール・新規インストールを行うときには「プロダクトキー」の入力が必須となりますが、「プロダクトキー」が書かれた書類が紛失してわからない、といった場合があります。

ネットでは「プロダクトキー」を調べる方法がいくつか紹介されていますが、Windows 10を使っている人で、Windows 7/8/8.1から「Windows 10の無償アップグレード」を行っている場合は注意が必要です。

このページでは、「Windows 10の無償アップグレード」の注意点も含めて、「プロダクトキー」の調べ方を紹介します。

 

 

1. Windows 10の「プロダクトキー」をめぐる、厄介な状況

これは、元々Windows 7/8/8.1を使っていて、無償アップグレードでWindows 10にアップグレードをした人だけ注意してもらいたい内容です。

無償アップグレードを使用しなかった人は、ここは飛ばし読みしてください。

無償アップグレードとは、Windows発売元のマイクロソフトのキャンペーンで、2015年7月29日から2017年12月31日まで、Windows 7/8/8.1ユーザーは無料でWindows 10にアップグレードできたことを言います。

アップグレード前のWindows 7/8/8.1にヒモ付けられていた「プロダクトキー」は、Windows 10にアップグレード後には全て共通の「プロダクトキー」に置き換えられてしまいます。

この共通の「プロダクトキー」のことを、「ジェネリックキー」と呼ぶ場合もあるようです。

全てではありませんが、手元にあるPCで確認できたものを一例として上げます。

製品共通のプロダクトキー(ジェネリックキー)
Windows 10 Home
  • TX9XD-98N7V-6WMQ6-BX7FG-H8Q99
  • YTMG3-N6DKC-DKB77-7M9GH-8HVX7
  • その他まだありそう
Windows 10 Pro
  • VK7JG-NPHTM-C97JM-9MPGT-3V66T
  • その他まだありそう
Windows 10 Enterprise
  • NPPR9-FWDCX-D2C8J-H872K-2YT43
  • その他まだありそう

最初からWindows 10だった場合は問題ないのですが、「Windows 10の無償アップグレード」でWindows 10にバージョンアップした場合は上記の点に注意してください。

 

2. 「プロダクトキー」を調べる王道の方法

Windowsのコマンドや、フリーソフトで「プロダクトキー」を調べる方法がいくつかありますが、やはり最も確実なのは「プロダクトキー」が書かれたラベルや書類を探すことです。

具体的には、次の場所に「プロダクトキー」が記載されています。

2-a. Windows 10/8/8.1

2-a-①. パソコンメーカーのパソコン

最初からWindows 10/8/8.1がインストールされたパソコンメーカーのパソコンでは、パソコンの内部に「プロダクトキー」が記載されていて確認できません。

よって、Windowsの再インストールの時に「プロダクトキー」の入力を求められることはありません。

2-a-②. Windowsのパッケージを単体で購入したとき

Windowsのパッケージに「プロダクトキー」を記載したカードが付属しています。

以下はそのサンプルです。

Windows 8にカードが付属

Windows 10にカードが付属

 

2-a-③. Windowsのパッケージをダウンロード販売(デジタル配信)で購入したとき

領収書のメールに「プロダクトキー」が記載されています。

以下はそのサンプルです。

Windows 8のダウンロード購入の領収メール

 

2-b. Windows 7

2-b-①. パソコンメーカーのパソコン

パソコン本体、たとえばノートパソコンなら底面、デスクトップパソコンなら側面や背面に「プロダクトキー」を記載したシールが貼り付けられています。

以下はそのサンプルです。

パソコン本体に貼られている

2-b-②. Windowsのパッケージを単体で購入したとき

Windowsのパッケージに「プロダクトキー」を記載したシールが貼り付けられています。

以下はそのサンプルです。

Windows 7のDVDパッケージに添付

 

3. Windows標準ツールの「 コマンドプロンプト」や「Windows PowerShell」を使って「プロダクトキー」を調べる方法

この方法は、メーカー製PCで、なおかつ最初にWindows 8以降(8/8.1/10)がインストールされていた機種のみ使える方法です。

理由は、Windows 8以降のメーカー製PCでは、PCの内部の基盤(=マザーボード)に「プロダクトキー」が記録されていて、ここで紹介する方法はそれを読み取るからです。

よって、メーカー製PCでもWindows 7以前(Vista/XPなど)や、全ての自作PCでは、マザーボードに「プロダクトキー」が記録されていないので、この方法は使えません

これらの機種の場合は、次の章の「4. フリーソフトの「ProductKey」なら確実に「プロダクトキー」がわかった!」が使えます。

前置きが長くなりましたが、「コマンドプロンプト」と「Windows PowerShell」を使った方法を説明します。

3-a. 「コマンドプロンプト」を使って「プロダクトキー」を確認する方法

以下は、例としてWindows 10の画面を使って説明します。

▶ Windowsのスタートメニューから、「Windowsシステムツール」の中にある「コマンドプロンプト」を選択します。

Windows 10からコマンドプロンプトを起動

 

▶ 以下のように「コマンドプロンプト」が起動したら、実行したいコマンドの次の文字をコピーしておきます。

以下の1行です。

wmic path SoftwareLicensingService get OA3xOriginalProductKey

コマンドプロンプトの画面

 

▶ コピーしておいたコマンドの文字を「コマンドプロンプト」にペースト(貼り付け)します。

キーボードショートカットの「Ctrl」+「V」が簡単ですが、「コマンドプロンプト」のメニュー画面からもペースト出来ます。

その場合のやり方は、以下の画面のように左上の「コマンドプロンプト」の文字の左にあるアイコンをクリックして表示されるメニューから行います。

コマンドプロンプトでペースト

 

▶以下の画面のように実行したいコマンドの文字が入力できたら、キーボードの「Enter」キーを押下してコマンドを実行します。

コマンドプロンプトでプロダクトキー確認のコマンドの実行

 

▶ うまくいけば、マザーボード上のプロダクトキーが表示されます。

以下の画面ではセキュリティの関係上、一部をモザイク表示にしていますが、赤い下線の「HQ7XN-TP4YK-VFJH8-DYHF9-?????」がマザーボード上のプロダクトキーです。

コマンドプロンプトからマザーボード上のプロダクトキーが表示された

 

以下の画面のように、エラーが出たり「無効なクエリです」と表示される場合は、Windows 8以降のメーカー製PCではない、ということになるので、次の章で紹介している「4. フリーソフトの「ProductKey」なら確実に「プロダクトキー」がわかった!を試してください。

コマンドプロンプトでプロダクトキーが表示できない

 

3-b. 「Windows PowerShell」を使って「プロダクトキー」を確認する方法

以下は、例としてWindows 10の画面を使って説明します。

▶ Windowsのスタートメニューから、「Windows PowerShell」の中にある「Windows PowerShell」を選択します。

Windows 10からコマンドプロンプトを起動

 

▶ 以下のように「Windows PowerShell」が起動したら、実行したいコマンドの次の文字をコピーしておきます。

以下の1行です。

wmic path SoftwareLicensingService get OA3xOriginalProductKey

Windows PowerShellの画面

 

▶ コピーしておいたコマンドの文字を「Windows PowerShell」にペースト(貼り付け)します。

キーボードショートカットの「Ctrl」+「V」が簡単ですが、「コマンドプロンプト」のメニュー画面からもペースト出来ます。

その場合のやり方は、以下の画面のように左上の「コマンドプロンプト」の文字の左にあるアイコンをクリックして表示されるメニューから行います。

Windows PowerShellでペースト

 

▶以下の画面のように実行したいコマンドの文字が入力できたら、キーボードの「Enter」キーを押下してコマンドを実行します。

Windows PowerShellでプロダクトキー確認のコマンドの実行

 

▶ うまくいけば、マザーボード上のプロダクトキーが表示されます。

以下の画面ではセキュリティの関係上、一部をモザイク表示にしていますが、赤い下線の「HQ7XN-TP4YK-VFJH8-DYHF9-?????」がマザーボード上のプロダクトキーです。

Windows PowerShellからマザーボード上のプロダクトキーが表示された

 

 

以下の画面のように、エラーが出たり「無効なクエリです」と表示される場合は、Windows 8以降のメーカー製PCではない、ということになるので、次の章で紹介している「4. フリーソフトの「ProductKey」なら確実に「プロダクトキー」がわかった!を試してください。

Windows PowerShellでプロダクトキーが表示できない

 

4. フリーソフトの「ProductKey」なら確実に「プロダクトキー」がわかった!

Windowsの「プロダクトキー」を調べられるフリーソフトをググると、次の2つが紹介されている場合が多いです。

機能はどちらも同じですが、ここでは前者の「ProductKey」の方をイチオシでオススメします。

理由は、後者はソフトの終了時に毎回10秒ほど「募金お願い」の表示が出て、ちょっとイラッとするからです。


では、前者の「ProductKey」の使い方を軽く説明します。

▶ 以下のリンクをクリックして、「ProductKey」の公式サイトのダウンロードページを開きます。

 

▶ 以下の画面のように、ダウンロードページにはいくつかのリンクがありますが、一番上の「Download ProductKey (In Zip file)」をクリックして、ファイルをダウンロード(保存)してください。

2番目に64ビットらしい表記がありますが、1編目のものでも64ビット・32ビットの両方動きます。

 

▶ ファイルがダウンロード(保存)できたら、ダブルクリックで開いて適当な場所に「展開」します。

 

▶ ファイルの展開が完了したら3つのファイルが表示されますが、「種類」が「アプリケーション」の「ProductKey」のアイコンをダブルクリックして起動します。

アイコンがカギの形になっているものです。

 

▶ 以下の画面のように、Windowsのプロダクトキーが表示されます。

表示内容は3パターンあります。

パターン①:Windows 7以前(Vista/XPなど)のメーカー製PCや、全ての自作PCの場合

メーカー製だろうと自作PCだろうと、以下のような表示になります。

Windows 7のプロダクトキー表示

 

パターン②:Windows 10/8/8.1のメーカー製パソコンで、Windows 10の無償アップグレードを行っていない場合

上段と下段のプロダクトキーが、全く同じになります。

上段の「Windows(BIOS OEM Key)」が、PCのマザーボード上のプロダクトキーです。

下段の「Windows 10 Home」(PCによって別の表示もあり)が、Windowsのプロダクトキーです。

Windows 10のプロダクトキー表示

 

パターン③:Windows 8/8.1のメーカー製パソコンで、Windows 10の無償アップグレードを行った場合

上段と下段のプロダクトキーが異なります。

上段の「Windows(BIOS OEM Key)」が、PCのマザーボード上のプロダクトキーです。

下段の「Windows 10 Home」(PCによって別の表示もあり)が、Windowsのプロダクトキーですが、「ジェネリックキー」という無償アップグレード用の一律のキーに置き換わってしまっています。

Windows 8以降のメーカー製PCで、Windowsの再インストールでもプロダクトキー入力は不要なので実害はあまりないと思いますが、もしも何らかの要件で必要な場合は、上段の「Windows(BIOS OEM key)」が本来のプロダクトキー、とおぼえておいてください。

無償アップグレード後のWindows 10のプロダクトキー表示

 

▶ 余談ですが、ここで紹介したアプリの「ProductKey」では、以下の画面のようにWindowsの他にマイクロソフト・オフィスの「プロダクトキー」も表示されます。

マイクロソフトの製品のプロダクトキーは、英数字5文字が5個、全部で25文字となります。

マイクロソフト・オフィスのプロダクトキー表示

 

▶ Windowsの「プロダクトキー」の確認方法は以上です。

スポンサーリンク

当社のデータ復旧のご案内

データ復旧料金は容量・症状に関係なく定額
復旧料金は復旧データ納品後に後払い
復旧失敗時は復旧料金0円、ただし宅急便の往復送料実費のみご負担
作業日数は2-3日(症状により延長の場合あり)

・HDD:33,000円
・NAS:55,000円

(RAID対応の場合は22,000円追加)
(当社ではHDDの内部分解が必要な重度の物理障害には対応していません。ただし、重度でも対応可能な提携他社を紹介することができますので、重度の場合でもご連絡ください。)

【図解】Windows 10とWindows 7のプロダクトキーの確認方法” に対して1件のコメントがあります。

  1. cazu より:

    前略、色々探ってみて、貴殿のサポートページに辿り着き、早速試したら上手く出来ました。貴殿のサポート内容は詳細に解説してあり、素人の自分には一番分かり易く、且つ正確な情報が、望み通りの結果が出ました。大変勉強になり、有難う御座いました。感謝申し上げます。

    1. yamafd より:

      cazuさん
      コメント頂き、ありがとうございます。

      わりと何気なく書いたページですが、そこそこアクセス数もあり、世間にはプロダクトキーで困っている人が結構いるんだなぁ、と思いました。

  2. 林 伸幸 より:

    初めまして。お教え下さい。
    プロダクトキーがわからないのでインターネットで調べていたらこのサイトを探し当てました。
    ダウンロードして展開をしてもアプリケーションのProductKeyが見当たりません。
    判る範囲でお教え下さい。

    1. yamafd より:

      林さん

      コメントありがとうございます。
      この記事については、現在リライトの作業を行っていますので、数日お待ちください。

      お問い合わせ内容について分かり次第、このコメント欄で連絡します。

      以上です。

    2. 林 伸幸 より:

      なぜ削除されるのか判りました。セキュリティ対策ツールソフトが入っていた為、怪しいサイトということで削除されました。
      セキュリティ対策ツールソフトを解除してProductKeyを展開しても大丈夫でしょうか。

      1. yamafd より:

        ネットで検索してみると、ウイルスチェックに引っかかったという報告はありますが、実害で何かあったという報告はないので、100%安全とは言い切れませんが、まあ大丈夫かな、とは思います。
        最終判断は、自己責任でお願いします。

        1. 林 伸幸 より:

          一度、自己責任において実行して診ます。
          忙しい中有難う御座いました。

  3. Chiba より:

    初めまして。お教え下さい。
    インターネットで調べて当サイトからダウンロードして展開、表示することに成功しましたが、下記の結果で「 not found」になりました。判る方法がありましたらお教え下さい。

    Windows 7 Enterprise  55041-049-9477717-86413 Product key was not found C:\Windows Service Pack 1 7601 ABC-PC 2019/06/13 20:59:35

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です