LANDISK HDL2-A/HDL2-ARシリーズ RAID設定の基礎知識

声を大にして言いたいのは、「RAIDはバックアップではない」ということです。

IOデータのLANDISKのHDL2-A/HDL2-AR/HDL2-AHシリーズのRAID設定を行う前に、必ず知っておきたい「RAIDの基礎知識」について説明します。

 

 

スポンサーリンク

1.HDL2-A/HDL2-ARシリーズについて重要な注意点

LANDISKのHDL2-AシリーズやHDL2-ARシリーズは、購入時にはRAID0になっていて、データの二重化はされていません。

データの二重化を行うRAID1には、買った人が自分で設定をやらなければなりません。

これらの商品説明のパッケージや公式サイトには、「購入当初はRAID0」ということが小さくわかりづらく表記されているので見落としがちです。

なお、法人向けモデルのHDL2-AHは購入時にRAID1の設定になっています。

 

2. このページで説明している対象機種

以下の表を見ても分かる通り、購入時には法人向けモデルのHDL2-AHシリーズだけがRAID1で、ほかは全てRAID0です。

HDL2-Aシリーズ(個人向けモデル)

型番容量初期RAID
HDL2-A6.06TBRAID0
(ストライピング)
HDL2-A4.04TB
HDL2-A2.02TB

HDL2-ARシリーズ(個人向けモデル)

型番容量初期RAID
HDL2-A6.0R6TBRAID0
(ストライピング)
HDL2-A4.0R4TB
HDL2-A2.0R2TB

HDL2-AHシリーズ(法人向けモデル・3年保証)

型番容量初期RAID
HDL2-AH6.06TBRAID1
(ミラーリング)
HDL2-AH4.04TB
HDL2-AH2.02TB

 

スポンサーリンク

3. RAIDとは何か、ごくカンタンな説明

4. RAIDはバックアップの替わりにはならない

スポンサーリンク

5. RAID0(ストライピング)のメリット・デメリット

6. RAID1(ミラーリング)のメリット・デメリット

スポンサーリンク

7. 結局、RAID0とRAID1はどっちを使えばよいのか?

以上の3〜7の項目については、以下のリンク先の別ページで同じ内容を書いていますので、そちらを参照して下さい。

なお、別ページの説明では「バッファロー社のLinkStation」についてですが、RAIDについての考え方は「IOデータのLANDISK」でもそのまま当てはまります。

 

8. 実際にRAID0やRAID1への変更をする手順

実際の手順については図解も入れて説明が長くなるので、以下のリンクからそれぞれのページを参照してください。

 

スポンサーリンク

9. このページに関連するオススメの商品

LANDISKのバックアップとしては、背面にあるUSB端子につなげられるUSB外付けHDDをオススメします。

以下のリンク先の記事では、当社オススメの壊れにくい外付けHDDを紹介しています。

 

このページの記事は以上です。

スポンサーリンク

当社のデータ復旧のご案内

データ復旧料金は容量・症状に関係なく定額
復旧料金は復旧データ納品後に後払い
復旧失敗時は復旧料金0円、ただし宅急便の往復送料実費のみご負担
作業日数は2-3日(症状により延長の場合あり)

・HDD:32,400円
・NAS:54,000円

(RAID対応の場合は21,600円追加)
(当社ではHDDの内部分解が必要な重度の物理障害には対応していません。ただし、重度でも対応可能な提携他社を紹介することができますので、重度の場合でもご連絡ください。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です