TeraStationの基盤故障時のエラーコードの見分け方と対処法

バッファローのNAS(ネットワーク型HDD)、TeraStationでエラーコードE00,E01,E02,E03,E04,E05,E06,E17,E18,E19,E20,E21が表示された時の、データ吸い出しの成功率、データの吸い出し方、TeraStation本体の復旧方法について説明します。

これは一言で言えば、NASの基盤の故障です。

対象機種は次のとおりです。

  • HS-DHTGL/R5シリーズ
    (HS-DH4.0TGL/R5、HS-DH3.0TGL/R5、HS-DH2.0TGL/R5、HS-DH1.0TGL/R5)
  • TS-TGL/R5シリーズ
    (TS-2.0TGL/R5、TS-1.6TGL/R5、TS-1.0TGL/R5、TS-0.6TGL/R5、TS-0.3TGL/R5)
  • TS-HTGL/R5シリーズ
    (TS-H6.0TGL/R5、TS-H4.0TGL/R5、TS-H3.0TGL/R5、TS-H2.0TGL/R5、TS-H1.6TGL/R5、TS-H1.0TGL/R5、TS-H0.3TGL/R5)
  • TS-RHTGL/R5シリーズ
    (TS-RH4.0TGL/R5、TS-RH3.0TGL/R5、TS-RH2.0TGL/R5、TS-RH1.0TGL/R5)
  • TS-XL/R5シリーズ
    (TS-X8.0TL/R5、TS-X6.0TL/R5、TS-X4.0TL/R5、TS-X2.0TL/R5)
  • TS-WXL/R1シリーズ
    (TS-WX4.0TL/R1、TS-WX2.0TL/R1、TS-WX1.0TL/R1)
  • TS-WXL/1Dシリーズ
    (TS-WX1.0TL/1D)
  • TS-IGL/R5シリーズ
    (TS-I4.0TGL/R5、TS-I2.0TGL/R5、TS-I1.0TGL/R5)
  • TS-RIGL/R5シリーズ
    (TS-RI8.0TGL/R5、TS-RI6.0TGL/R5、TS-RI4.0TGL/R5、TS-RI2.0TGL/R5、TS-RI1.0TGL/R5)

Terastation pannel

エラーコードとエラーメッセージは次のとおりです。

パネル上・左パエル上・右パネル下
SYSTEM ErrorE00MPU No Responce
DRAM LINESE01DATA Failure
DRAM LINESE02ADDRESS Failure
RTC ChipE03No RTC Clock
SYSTEM ErroE04Can ‘ t Load Krnl!
WDTE05SYSTEM Stopped
TFTP MODEE06Lost boot image
Chip ErrorE17RTC Failure
Chip ErrorE18SATA1 Failure
Chip ErrorE19SATA2 Failure
Chip ErrorE20USB Failure
Chip ErrorE21Ethernet Failure

上記以外のエラーコードの場合は、関連する他のページを御覧ください。

エラーコードE07,E13,E14,E15,E16,E22,E23,E24

HDD故障時のエラーコードの見分け方と対処法

 

 

スポンサーリンク

データ吸い出しの成功率

今回のようにTeraStationの基盤故障の場合は、データが保存されているHDD(=ハードディスク)は問題がない場合がほとんどなので、基盤が壊れるときに電源ショートなどで渦電流が起きたりして道連れにされて壊れていない限り、データを吸い出すことは可能です。

データ吸い出しの成功率は、基盤故障のみの場合はほぼ100%の成功率です。

ただし、HDDも道連れで故障というケースがまったくないというわけではありませんが、割と珍しいケースです。

 

故障の原因

  • 自然故障(使用者のミスがなくても、電気製品である以上、壊れるときは壊れる)
  • 強い衝撃(落下、子供が蹴っ飛ばした、など)
  • 水没(雨漏りで濡れた、ジュースがかかった、ネコがおしっこした、など)
  • 電源の強制終了(停電、電源コードを間違って抜いてしまった、など)
  • 落雷による渦電流(夏場は意外とこれが原因で壊れる人が多いです)

 

スポンサーリンク

ミラーリング(RAID1)構成の場合のデータの吸い出し方

ミラーリングは内蔵する2つのHDDに完全に同じデータを書き込みますが、シンプルなシステム構成です。

問題は、TeraStationがLinuxというWindowsとは違うシステムで動いているので、Linuxのデータを読めるようにしてやる必要が有ることです。

データの吸出しの手順としては、前にも述べたとおり、HDD自体は問題ない可能性が高いので、まずはTeraStationからHDDを引っ張りだします。

それから、WindowsパソコンにNASのデータ形式でも読めるようにする「Ext2Fsd」というフリーソフトをインストールしてから、HDDをUSB経由でパソコンにつなぐアダプタを使ってデータを読みだしてやります。

詳しい手順については、別のページにまとめてありますので御覧ください。

壊れたLinkstationなどNASのHDDを直接Windowsパソコンで読み出すための方法

「Ext2Fsd」でもデータが読めない場合は、Linuxで起動したパソコンで読み出せる場合があります。

その場合は、あらかじめLinux起動用DVDを作っておく必要があるので、起動用DVDの作り方とあわせて吸い出し方の説明のページを御覧ください。

データ復旧用のLinuxの使い方-ダウンロード&起動用DVD作成編

データ復旧用のLinuxの使い方-DVDで起動してデータ復旧する編

 

ミラーリング(RAID1)以外の構成の場合のデータの吸い出し方

残念ながら、この場合はRAID構成のパラメータを色々と調整しながらデータ復旧する必要があるので、ここのホームページでデータの吸い出し方を解説できるほど簡単ではありません。

よって、当社を含めたRAIDのデータ復旧に対応している業者に依頼してください。

 

スポンサーリンク

TeraStation本体の復旧方法

冒頭で述べた通り、今回はTeraStationの基盤の故障なので、メーカー(バッファロー)での修理が必要になります。

なお、修理に預けるときには作業上必要ならデータを消去しても良いとする「データ消去同意書」にサインをする必要があるので、修理に出す前にデータの吸出しを行なってください。

 

また、このページの方法でデータ復旧ができない場合は、内蔵HDDに「物理障害」か、「複雑な論理障害(パーティション・ファイル一覧情報破損)」が起きているので、データ復旧を専門に行なっている当社のご利用をご検討ください。

料金やお申込み方法は、以下の通りです。

当社のデータ復旧のご案内

データ復旧料金は容量・症状に関係なく定額
復旧料金は復旧データ納品後に後払い
復旧失敗時は復旧料金0円、ただし宅急便の往復送料実費のみご負担
作業日数は2-3日(症状により延長の場合あり)

・HDD:33,000円
・NAS:55,000円

(RAID対応の場合は22,000円追加)
(当社ではHDDの内部分解が必要な重度の物理障害には対応していません。ただし、重度でも対応可能な提携他社を紹介することができますので、重度の場合でもご連絡ください。)