2016年以降のMacで、起動音を鳴らす方法と、自動電源オンを変更する方法

2018年1月3日Mac本体のデータ復旧

iPhoneHoldingGirlPx800

Macでは昔から電源を入れると「ジャーン」という起動音が鳴りましたが、2016年後半の機種から起動音が鳴らなくなりました。

また、電源オフの時に電源アダプタをつなぐと自動電源オンになるなど、以前からのMacとは違う動きをするので戸惑う場合があります。

そこでこのページでは、2016年以降の起動音が鳴らなくなったMacでも起動音を有効・無効にする設定方法と、自動電源オンの設定を無効・有効にする設定方法を紹介します。

 

目次

  1. Macの起動音が鳴らない機種の見分け方
  2. 起動音や自動起動の設定を変更する方法
  3. おまけPR

 

1. Macの起動音が鳴らない機種の見分け方

起動中のMacの画面で、左上のリンゴマークをクリックします。

mac_boot_sound_11
クリックで拡大表示

 

表示されたメニューから、「このMacについて…」をクリックします。

mac_boot_sound_12
クリックで拡大表示

 

Macの機種名・モデル名が表示されるので、これがMacBook Air以外のMacで、2016 Late以降のものが「起動音が鳴らない&自動電源オン」のものになります。

mac_boot_sound_13
クリックで拡大表示

 

次の関連記事で、Macの機種名・モデル名の一覧で「起動音なし」の表記をしているものは「起動音が鳴らない&自動電源オン」に該当しますので、参考にしてください。

 

2. 起動音や自動起動の設定を変更する方法

ここでは、次の4つの設定を変更する方法を説明します。

作業内容は、「ターミナル」を起動して設定を変更するコマンドを入力してから、Macを再起動する、という流れです。

4つの設定の変更は全て同じ作業の流れで、違うのは設定を変更するコマンドの一部だけです。

具体的には、以下の図解の説明では3)の部分が違うだけなので、必要に応じて設定してください。

 

では、実際に作業を行うので、以降の図解の通りに操作してください。

1) MacのFinderを起動して、「アプリケーション」フォルダの中にある「ユーティリティ」フォルダを開きます。

mac_boot_sound_01
クリックで拡大表示

 

2) 「ユーティリティ」フォルダの中の、「ターミナル」のアイコンをダブルクリックします。

mac_boot_sound_02
クリックで拡大表示

 

3) ターミナルが起動したら、次の文字をコピー&ペーストするか、キーボードから入力して、最後に「return」キーを押下します。

なお、以降の画面では「起動音を有効にする設定」で説明していますが、必要によってそれぞれの設定で入力してください。

起動音を有効にする設定・・・「ジャーン」という起動音が鳴る

sudo nvram BootAudio=%01

起動音を無効にする設定・・・「ジャーン」という起動音が鳴らない

sudo nvram BootAudio=%00

自動電源オンを無効にする設定

sudo nvram AutoBoot=%00

 自動電源オンを有効にする設定

sudo nvram AutoBoot=%03

 

以降の画面は、「起動音を有効」の場合で説明しています。

mac_boot_sound_03
クリックで拡大表示
mac_boot_sound_04
クリックで拡大表示

 

4) ターミナルで「enter」を押下すると、パスワードを聞かれるので、Macのログインや新しいアプリをインストールする時に聞かれるパスワードを入力して、最後に「enter」を押下します。

mac_boot_sound_05
クリックで拡大表示

 

5) パスワードが正しく入力されてenterが押下された場合は、以下の画面のようにターミナルに $ の表示になります。

もしもパスワードが間違っている場合はパスワードの再入力画面が2回まで表示されます。

mac_boot_sound_06
クリックで拡大表示

6) パスワードが正しく入力できたら、設定は以上です。

Macを再起動して、正しく設定が反映されているかを確認してください。

 

3. おまけPR

以下のリンク先で、当社のオススメの一品について紹介していますので、時間があれば目を通してみてください。

2018年1月3日Mac本体のデータ復旧

Posted by yamafd