HDDの分解方法 ウエスタンデジタル WD Elements Desktop WDBAAUシリーズ

外付けHDDのデータ復旧

今回は、2010〜2013年ごろまで発売されていた、ウエスタンデジタルの据え置き型ハードディスクの「WD Elements Desktop WDBAAUシリーズ」の分解方法を写真付きで説明します。

このHDDのケースの分解方法は、一見するとネジが全く見当たらないので難しそうに見えますが、やり方さえ知っていればそんなに難易度は高くありません。

HDDを取り出せた場合、データの復旧・復元ができるかどうかは、物理障害が起きてなくて論理障害であるかどうか、にかかっています。

「物理障害」「論理障害」の言葉の意味が気になる方は、こちらの記事をご覧ください。

 

目次

 

1. 主な仕様

  • 発売時期;2010年〜2013年頃まで
  • インターフェース;USB2.0接続のみ
  • 内部HDDの形式;3.5インチのSATAが1台
  • 初期フォーマット形式; NTFS(Windows専用フォーマット)
  • 機能上の特徴;内部のハードディスクはウエスタンデジタルWestern Digitalのもののみ使用
  • 外見上の特徴;横置きで、HDD全体が黒色のプラスチックの筐体

 

2. 外観写真

wdbaau12
▲正面から見たところ

 

3. 分解難易度

  • 難易度2(5段階で1が最も簡単、5が最も難しい)
  • ケースを留めるのに内側の見えない場所にツメが使われていて一見難しそうですが、分解するコツがわかっていたらカンタンです

 

4. 対象型番

WD Elements Desktop WDBAAUシリーズ

型番 容量
WDBAAU0030HBK 3TB ブラック
WDBAAU0020HBK 2TB
WDBAAU0015HBK 1.5TB
WDBAAU0010HBK 1TB
WDBAAU7500HBK 750GB
WDBAAU6400HBK 640GB
WDBAAU5000HBK 500GB

 

5. 分解手順

5-1. 分解のコツ

このHDDのケースはネジではなく、ツメで留まっています。

そのため、一見するとケースを破壊しないと分解しないように見えますが、厚みの薄い小さめのマイナスのドライバーを2-3本用意して、ケースの隙間の周囲を取り囲むように差し込むようにすると、比較的カンタンに分解ができます。

wdbaau01
▲ケースの裏側周囲の隙間にドライバーを差し込む(クリックで拡大表示)

ケースを分解するために、あらかじめ厚みが薄い小型のマイナスドライバーを数本と、普通サイズのプラスのドライバーを1本を用意しておいてください。

wdbaau02
▲ドライバーを用意してください

 

5-2. ケース分解の手順

それでは実際に、ケースを分解してHDDを取り出していきます。

HDDを裏返しにして、周囲の隙間にマイナスドライバーを差し込んでいきます。

差し込む場所によって比較的差し込みやすい場所と難しい場所があるので、周囲をぐるぐる回って差し込みやすい場所を探しつつ行ってください。

wdbaau03
▲ドライバーが差し込みやすい場所を探す(クリックで拡大表示)

 

いったん隙間が開いてもドライバーを外すとすぐに閉じてしまうので、ドライバーを突き刺したままにしておいて、別のマイナスドライバーを使い、そこの隙間をベースにしてケースの周囲の隙間をどんどん広げていきます。

wdbaau04
▲複数のドライバーを使って、いったん開いた隙間に差し込んでおく

 

HDDの裏蓋の周囲全体に隙間が開いたら、裏蓋が少し浮いた状態になります。

こうなったら、少しずつ裏蓋を持ち上げて外してやります。

wdbaau05
▲ケースの周囲すべての隙間が開いた状態(クリックで拡大表示)
wdbaau06
▲裏蓋が取り外された状態(クリックで拡大表示)

 

裏蓋が外れたらHDDが入っているケースからHDDを取り出します。

ただし、HDDの周囲にゴムが付着されて少々HDDが取り外しづらいので、ゴムの部分とケースの隙間にマイナスドライバーを差し込んで、テコの原理でHDDを取り出します。

ゴムの部分が数か所あるので、少しづつそれぞれのゴムからマイナスドライバーを差し込んでいくと取り出しやすくなります。

wdbaau07
▲ゴムの部分にマイナスドライバーを差し込む(クリックで拡大表示)

 

wdbaau08
▲HDDを取り出しつつある状態(クリックで拡大表示)

 

HDDが取り出せたら、周囲のゴムを取り外し、基盤が止められているプラスのネジを2つだけ外します。

外すネジは以下の写真を参考にしてください。

wdbaau09
▲HDD周囲のゴムとネジを外す(クリックで拡大表示)
wdbaau10
▲基盤を外した状態(クリックで拡大表示)

 

これで分解作業は以上です。

続けて、データ復旧方法の説明に入ります。

wdbaau11
▲分解完了したHDD(クリックで拡大表示)

 

6. データ復旧方法

ハードディスクを3.5インチのハードディスク・ケースや、USB接続アダプターに取り付けて、パソコンと接続してみます。

うまくいけば、パソコンから認識できて、データの復旧ができます。

GW3.5AA-SUP3/MB

GW3.5AA-SUP3/MB

定価:¥ 3,153

Amazon価格:¥ 2,169

カテゴリ:Personal Computers


タイムリー GROOVY HDDをUSB SATA接続2.5/3.5/5.25

タイムリー GROOVY HDDをUSB SATA接続2.5/3.5/5.25"ドライブ専用 UD-505SA

定価:¥ 1,933

Amazon価格:¥ 1,317

カテゴリ:Personal Computers


 

パソコンから認識できなかったり、データの復旧・復元ができないときは、次の記事も参考にしてください。

 

外付けHDDのデータ復旧

Posted by yamafd