このページでは、Windows 10の起動中の画面からBIOS(UEFI)の設定画面を呼び出す手順を、図解を使ってわかりやすく説明します。

ちなみに、UEFIとはBIOSの機能拡張版であり、BIOSとはWindowsを動かす土台のプログラムと思ってください。

このページでは説明の便宜上、以降はBIOSとのみ記載します。

BIOSの設定画面を表示する方法は、以前はパソコンの機種によって様々でしたが、Windows 10ではどの機種でも比較的簡単に操作できる共通の方法に統一されました。

なお、BIOS設定画面を表示するまでの手順は統一されましたが、表示されてからBIOSの設定内容をいろいろと表示や変更する画面は統一されていません。

使っているパソコンがWindows 10でない場合は?
パソコンのメーカーや機種によってBIOS設定画面を呼び出す方法が異なりますので、パソコンの取扱説明書や、パソコンメーカーのサポートページや、グーグル検索などで確認してください。
このページ記載の内容を行うことのリスク

BIOS(UEFI)を変更した場合に設定値が適正でない場合は、最悪Windowsが起動しなくなります。

よって、BIOS(UEFI)を変更する場合は、必ず変更する前の設定値を紙などにメモしておいて、問題が起きたときにはもとに戻せるようにしておいてください。

 

目次

  • 1. Windows 10の起動中の画面での操作方法

 

1. Windows 10の起動中の画面での操作方法

▶ Windowsのスタートメニューなどから、「設定」を開きます。

 

▶ 以下の画面のように、「Windowsの設定」が表示されたら、②の「更新とセキュリティ」をクリックします。

 

▶ 以下の画面のように、「Windows Update」が表示されたら、左側の項目一覧の中から、③の「回復」をクリックします。

 

▶ 以下の画面のように、④の「今すぐ再起動」のボタンをクリックしますが、クリックしたらすぐにパソコンが再起動しますので注意してください。

 

▶ パソコンが再起動して、以下の画面のように「オプションの選択」が表示されたら、⑤の「トラブルシューティング」をクリックします。

 

▶ 以下の画面のように「トラブルシューティング」が表示されたら、⑥の「詳細オプション」をクリックします。

 

▶ 以下の画面のように「詳細オプション」が表示されたら、⑦の「UEFIファームウェアの設定」をクリックします。

 

▶ 以下の画面のように「UEFIファームウェアの設定」が表示されたら、⑧の「再起動」をクリックすると、ふたたびパソコンが再起動して、BIOSの設定画面が表示されます。

 

▶ パソコンが再起動されて、以下のようにBIOSの設定画面が表示されました。

このあと、必要に応じてBIOSの設定を変更してください。

くどいようですが、BIOSを変更する場合は、必ず変更する前の設定値を紙などにメモしておいて、問題が起きたときにはもとに戻せるようにしておいてください。

 

▶ BIOS(UEFI)設定画面の呼び出し手順の説明は以上です。

 


【データ復旧の見積もりを取る・申し込む 】

データ復旧の料金や日数などを見る

WEBで見積もり依頼はこちら

3時間以内に回答します。
(朝9時から夜12時)