【まとめ】データ復旧業者オススメのHDD/SSD(内蔵・外付)、NAS

データ復旧業者の当社から見て、オススメのHDD/SSDやNASを紹介します。

選定の基準として特に重視したのは次の2点です。

  • ①壊れにくいこと
  • ②壊れたときでも、データ復旧が成功しやすいこと

このブログを書き始めた2011年から1〜2年おきにオススメの機種を見直して、その度に記事を追加してきました。

しかし、記事が多くなってきたために「どれが最新のオススメ記事か」がわかりにくくなっていたため、記事を大きく2種類の【最新の記事】と【過去の記事】に分けて、ひと目で区別が付くように工夫しました。

 

目次

 

1. 最新のオススメ機種の記事

外付けHDD/SSD

参考情報

以下のリンク先の記事では、むき出しの状態のHDD/SSD(バルクHDD/バルクSSDと言います)を、ケースに入れてパソコンとUSB接続するためのケースを紹介しています。

取り外されたHDD2つ

バルクHDD

この外付けのケースは、HDD/SSDをバルクの状態で購入したり、パソコン内蔵のHDD/SSDを取り出して、USB外付けで使う時に利用します。

内蔵HDD/SSD

NAS(個人使用・業務で同時アクセス20人ぐらいまで)

NAS(業務で同時アクセス20人以上)

MacBookシリーズ内蔵SSD

MacBookシリーズ(MacBook Pro、MacBook Air、MacBook)の内蔵SSDは、専用のSSDでないと使えません。

以下の記事のタイトルはMacBook Airとなっていますが、記事中では各MacBookシリーズ専用の交換用SSDを紹介しつつ、SSDの交換手順を説明しています。

2. 過去のオススメ機種の記事

外付けHDD

内蔵HDD/SSD

NAS(個人使用・業務で同時アクセス20人ぐらいまで)

NAS(業務で同時アクセス20人以上)

以下の記事では、2013年6月時点のオススメの機種を紹介しています。

リンクを開く:職場など仕事で使うNASの選び方 – LinkStation,TeraStation,LAN DISK

 


このページの記事は以上です。

以下のボタンから、データ復旧のWEB見積もりへ移動します。