外付けHDDは数千円高くてもUSB3.0版を買う価値がある

普及しそうでなかなか普及しないUSB3.0ですが、今後買うパソコンや周辺機器(特に外付けHDD)は、数千円高くてもUSB3.0対応版を買うようにしましょう!

なぜなら、HDDの読み書きの速度が全然違うからです。

目次

USB3.0の読み書き速度について

USB3.0はUSB2.0とくらべて、読み書きの速度で3〜4倍ぐらい違います。

この速度は、パソコン内蔵のHDDとほぼ同じです。

これだけ違うので、USB2.0対応のHDDとの差額が数千円でも、時間短縮できる効果ですぐに元が取れると思います。

USB3.0のデメリットについて

ケーブルが太くてとりまわしに苦労することがあることがあります。

また、USBハブを使うとパソコンからうまく認識できない場合があるので、直接パソコンにつなぐようにしましょう。

そもそも、USB3.0対応のUSBハブがほとんど売られていませんが。

USB3.0対応のパソコン本体側の端子の形状について

形状はUSB3.0と同じですが、端子内部に青い色が見えるので、すぐに見分けがつくと思います。

Usb30 pc

 

USB3.0対応のケーブルの端子の形状について

ケーブルは2種類あります。

  1. 主に、据え置き型のHDDなどに使われる、端がややごっついケーブル
  2. 主に、ポータブルがたのHDDなどに使われる、端が平べったいケーブル

の2種類です。

Usb30 square 2

 

 

Usb30 flat

オススメのUSB3.0対応のハードディスクの紹介

Transcend USB3.0 ポータブルHDD StoreJet 2.5 1TB 3年保証 TS1TSJ25H3P

Transcend USB3.0 ポータブルHDD StoreJet 2.5 1TB 3年保証 TS1TSJ25H3P

定価:¥ 9,400

Amazon価格:¥ 6,980

カテゴリ:Personal Computers


当社のデータ復旧のご案内

データ復旧料金は容量・症状に関係なく定額
復旧料金は復旧データ納品後に後払い
復旧失敗時は復旧料金0円、ただし宅急便の往復送料実費のみご負担
作業日数は2-3日(症状により延長の場合あり)

・HDD:32,400円
・NAS:54,000円

(RAID対応の場合は21,600円追加)
(24時間以内復旧完了の特急対応は5割増し)
(HDDの内部分解が必要な重度の物理障害には対応していません)