パソコンの内蔵HDDやSSDを交換する時のオススメ品 -2017年12月版

2018年1月3日オススメの一品

AkaneSaya_MikaeriGirl_Px800

毎年アップデートして公開している「オススメのパソコン内蔵HDDやSSD」の記事が大変好評ですが、前回から2年弱ほど経過したので、現時点でのオススメ品を紹介します。

前回の記事を書いた時には新製品として発売したばかりで、まだ評価がはっきりしてないHDDもあったので、それも踏まえての記事です。

今回も、オススメのHDD/SSDを選んだ基準は、従来から同じ次の3点です。

  1. 故障しにくい
  2. 速度が速い
  3. 値段がリーズナブル

また、「購入を控えたほうが良い」というものも以前と同様に説明します。

 

目次

  1. 最新のHDDやSSDのトレンド
  2. SSDのオススメ
  3. デスクトップ用3.5インチHDDのオススメ
  4. サーバー用3.5インチHDDのオススメ
  5. 購入を控えたほうが良いHDDについて
  6. ノート用2.5インチHDDのオススメ

 

1. 最新のHDDやSSDのトレンド

この2年間で大きく変わったトレンドとしては、次の様にまとめられます。

メディア トレンド
SSD
  • 市販のノートパソコンでは、モバイルで持ち運び前提の機種ではSSD内蔵が標準になった。
  • 自作デスクトップパソコンでは、起動ドライブはSSD、データ保存庫にHDDを使うことが多くなった。
HDD
  • 以前は3TBまでのHDDがコスパに優れていたが、最近は4TB以上の低価格が進んだ。

以上のように、SSDの一層の普及と、大容量HDDの低価格化が進んだ2年間でした。

 

2. SSDのオススメ

SSDのオススメは、この2年間で私が複数の機種を使ってみて、最初に上げた3つの条件の「1. 故障しにくい」「2. 速度が速い」「3. 値段がリーズナブル」という観点から、次の2つをオススメします。

ここ最近のトレンドとしては、以前から人気のあったCrucial社のSSDが引き続いて人気です。コスパに優れて発熱も少なく速度も速いということで、人気があるのも納得です。

Crucial [Micron製] 内蔵SSD 2.5インチ MX300 525GB ( 3D TLC NAND /SATA 6Gbps /3年保証 )国内正規品 CT525MX300SSD1/JP

Crucial [Micron製] 内蔵SSD 2.5インチ MX300 525GB ( 3D TLC NAND /SATA 6Gbps /3年保証 )国内正規品 CT525MX300SSD1/JP

Amazon価格:¥ 17,000

カテゴリ:Personal Computers

発売日:2017-04-04


上記の機種は、Amazonの売り上げランキング一位(2017年12月15日現在)、リアル店舗でも大人気なので、入手可能性は高いです。実際に使ってみても、特に気になるところもなく安定していてコスパも良かったので、オススメです。

Samsung SSD 500GB 850 EVO ベーシックキット V-NAND搭載 2.5インチ 内蔵型  MZ-75E500B/IT

Samsung SSD 500GB 850 EVO ベーシックキット V-NAND搭載 2.5インチ 内蔵型 MZ-75E500B/IT

中古価格: ¥ 28,800 より

Amazon価格:¥ 17,800

カテゴリ:Personal Computers

発売日:2014-12-19


上記の機種は、SSDメーカーとして評価が高いSamsung製のSSDです。Samsungは何年か前のHDDでは壊れやすくてイマイチの機種もありましたが、SSDでは安定動作に定評があります。

なお、SSDはほとんどが2.5インチのサイズなので、ノートならそのまま取り付けられますが、デスクトップの場合はマウンタを使う必要がある点だけ注意が必要です。上記で紹介している機種にはどちらとも3.5インチドライブ用のマウンタが付属していません。

よって、デスクトップパソコンに取り付ける場合には、必要に応じてマウンタも一緒に購入する必要があります。ちなみに、パソコンケースによっては、あらかじめSSD取付用のスペースが用意されている場合もあります。

オウルテック 2.5インチHDD/SSD用→3.5インチサイズ変換ブラケット ネジセット付き ブラック OWL-BRKT04(B)

オウルテック 2.5インチHDD/SSD用→3.5インチサイズ変換ブラケット ネジセット付き ブラック OWL-BRKT04(B)

定価:¥ 597

Amazon価格:¥ 400

カテゴリ:Personal Computers

発売日:2010-10-20


 

3. デスクトップ用3.5インチHDDのオススメ

前回の記事を書いた2016年2月には、発売されたばかりで評価がハッキリしていなかったウエスタンデジタル社の「ブルー・ラベル」シリーズをオススメします。

容量は、500GB/1TB/2TB/3TB/4TB/5TB/6TBと7種類から選べます。

【Amazon.co.jp限定】WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 4TB WD Blue WD40EZRZ/AFP2 SATA6Gb/s 5400rpm 2年6ヶ月保証 (FFP)

【Amazon.co.jp限定】WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 4TB WD Blue WD40EZRZ/AFP2 SATA6Gb/s 5400rpm 2年6ヶ月保証 (FFP)

定価:¥ 9,990

Amazon価格:¥ 11,727

カテゴリ:Personal Computers

発売日:2016-12-03


このシリーズは、以前には「低速病」というわりと発症例の多い障害が起きることで有名な「グリーン・ラベル」シリーズの名称を変更したものです。

もともと「グリーン・ラベル」シリーズは「低速病」以外には頻発する障害がなく、コストパフォーマンスも良いHDDなので、ここ2年間ほどウォッチしてきました。その結果では、以前の「グリーン・ラベル」のような障害が頻発する様子もないので、オススメとしたいと思います。

この「グリーン・ラベル」ではメーカーの2年保証が付きますが、より信頼性の高さを追求する場合は、この後のサーバー用HDDで紹介する「レッド・ラベル」や「レッドプロ・ラベル」をオススメします。

 

4. サーバー用HDDのオススメ

これは2年前と同じく、ウエスタンデジタル社(WesternDigital)の「レッド・ラベル」がオススメです。

容量は、1TB/2TB/3TB/4TB/5TB/6TB/8TBと7種類から選べます。

WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 2TB WD Red NAS用 WD20EFRX SATA3.0 5400rpm 3年保証

WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 2TB WD Red NAS用 WD20EFRX SATA3.0 5400rpm 3年保証

定価:¥ 11,458

Amazon価格:¥ 9,850

カテゴリ:Personal Computers


先に紹介した「ブルー・ラベル」と違うのは、次の点です。

  • 保証期間:2年→3年
  • 信頼性:低発熱で安定性の高さがアップ

業務サーバーなど24時間連続稼動が前提のHDDの場合は、発熱によるHDDの劣化・故障を防ぎたいところです。

 

さらに、「レッド・ラベル」より上のグレードで「レッドプロ・ラベル」もありますが、これは保証期間が3年→5年に長くなります。

残念ながらこのHDDは使ったことがないので、具体的な説明はできませんが、リンクだけ貼り付けておきます。

容量は、2TB/3TB/4TB/6TBと4種類から選べます。

WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 4TB WD Red Pro WD4002FFWX SATA3.0 7200rpm 128MB 5年保証

WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 4TB WD Red Pro WD4002FFWX SATA3.0 7200rpm 128MB 5年保証

定価:¥ 27,421

Amazon価格:¥ 27,420

カテゴリ:Personal Computers

発売日:2016-04-22


 

5. 購入を控えたほうが良い3.5インチHDDについて

購入を控えたほうが良いHDDについては、2年前に書いた内容を読み直して、今でもそのまま通用すると思うので、変更せずにそのまま転載します。

シーゲート社(Seagate)のHDDは、過去に「ファームロック」という大規模な不具合が起きて、何年間かは不具合が発生したユーザーが多数いて、メーカーも不具合については認識していたにもかかわらず、会社の誠実な対応がなかったので除外です。

 

一方、ウエスタンデジタルの「ブルー・ラベル」については2年前に「しばらく様子を見たほうが良い」と書きましたが、このページの上の方で書いたように前回の記事を書いてからの2年間で評価できましたので、購入をオススメします。

2年前の記事では、「ブルー・ラベル」について次のように書きました。

先にも記述しましたが、Western Digitalの「新しいブルー・ラベル」は出荷開始から1年経っておらず評価が決めっていない上、従来評判が悪かった「グリーン・ラベル」の名称替えのようなので、しばらくは様子見がいいです。

 

5. ノート用2.5インチHDDのオススメ

2.5インチHDDは3.5インチHDDのように「大規模な不具合が出て避けるべきHDD」というものがないので正直どれでも良いと思います。

5-1. 容量1TBまでの内蔵HDD

上の機種をオススメする理由は、回転数が7200回転/分と速く、キャッシュが32MB積んでいるので、読み書きのスピードに有利だからです。

2.5インチのHDDでは、一般的な5400回転と7200回転の差は体感でもはっきりわかるほどあり、キャッシュの多い少ないも体感でわかります。

それに加えて、HGSTのHDDは信頼性が高い(壊れにくい)ということで自作パソコンユーザーには人気があります。

 

5-2. 容量2TB以上の内蔵HDD

容量2TB以上のHDDで入手可能性が高いHDDでは、次をオススメします。

容量は、500GB/1TB/2TB/3TB/4TB/5TBと、6種類あります。

4TBや5TBのような3.5インチHDD並の大容量が選べるのはうれしいところです。

なお、3.5インチHDDでSeagateはおすすめしない、と書きましたが、2.5インチHDDについては他メーカーと比べて故障しやすいとかはないので、上記の機種をオススメします。

注意しなければいけないのは、2.5インチHDDは機種や容量によって、厚みが異なるということです。

  1. 厚み7mm・・・最も一般的な厚み。ノートパソコン内蔵HDDは、大抵これ。
  2. 厚み9.5mm・・・2TB以上の大容量のHDDに多い。
  3. 厚み15mm・・・3TB以上の大容量のHDDに多い

上記でオススメしているSeagateのHDDでは、500GB・1TB・2TBが7mm、3TB・4TB・5TBが15mmに該当しています。

ノートパソコンの内蔵HDDを交換する時は、あらかじめ収納可能なHDDの厚みを測っておかないと、いざ交換した時にうまく収まらないことがあるので注意が必要です。

よって、ノートパソコンの内蔵HDDを交換する場合は、上記のSeagateから選ぶならばHDDの厚みの関係で、2TBが最大容量となる場合が多いと思います。

 

2018年1月3日オススメの一品

Posted by yamafd