パソコンの内蔵HDDやSSDを交換する時のオススメ品 -2014年1月版

2017年12月16日

AmazonGirlPx800

このページの記事には、最新版があります。次のリンク先を御覧ください。

 

以下の記事の内容は、2015年1月時点の最新情報です。

今まで私がパソコンを修理する仕事で使ってきた多くの内蔵用のHDDとSSDで、「故障しにくい・速度が速い・値段がリーズナブル」の条件を満たしているものを紹介します。

逆に「これはやめたほうが良い」というものも説明します。

 

目次

  1. パソコン内蔵のHDDを交換する必要があるのはこんな時
  2. デスクトップ用3.5インチHDDのオススメ
  3. 避けたほうが良いHDDについて
  4. ノート用2.5インチHDDのオススメ
  5. SSDのオススメ

 

1. パソコン内蔵のHDDを交換する必要があるのはこんな時

  • パソコンの内蔵HDDが故障して起動しなくなった
  • パソコンは動いているがファイルが消えたり速度が遅くなったりする
  • 保存しているデータが多くなって内蔵のHDDでは容量が足りなくなってきた
  • マイコンピュータでCドライブを見ると赤くなって容量が足りなくなってきた
  • 最近流行りのSSDに交換して速度を速くしたり持ち運びの衝撃に耐えられるようにしたい

パソコンが起動しなくなった時や外付けHDDが認識しない時のデータ復旧・復元方法については、次のまとめページを御覧ください。

また、パソコンの調子が悪いと思った時や、そうでなくても半年に一回ぐらいは、次の記事を参考にして2つのフリーソフトでHDDの故障診断をしましょう。

 

2. デスクトップ用3.5インチHDDのオススメ

システム起動用 – WindowsのCドライブやMacの起動ドライブ

ウエスタンデジタル社(WesternDigital)の「ブルー・ラベル」がイチオシです。

これを推薦する理由は、「速度が7200回転/分で速い」「高回転にもかかわらず動作時の温度が低い」「値段がリーズナブル」だからです。

ただし、データ容量が1TBのモデルしか無いので、それ以上の多くのデータを保存したい場合は、次に紹介するHDDをデータ保存用のDドライブとして併用するか、システム起動用に使うことをオススメします。

 

データ保存用 – WindowsのDドライブやMacのデータ保存/TimeMachineバックアップ用

これも、ウエスタンデジタル社(WesternDigital)の「レッド・ラベル」がオススメです。

WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 2TB WD Red NAS用 WD20EFRX SATA3.0 5400rpm 3年保証

WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 2TB WD Red NAS用 WD20EFRX SATA3.0 5400rpm 3年保証

定価:¥ 11,458

Amazon価格:¥ 9,850

カテゴリ:Personal Computers


これを推薦する理由は、「1TB/2TB/3TBと大容量が選べる」「値段がリーズナブル」だからです。

速度は5400回転/分でブルーラベルよりは遅いのですが、実用上遅いと思うことはまずありません。

これで遅いと思うなら、いっそのことSSDに変えたほうがストレスないのでオススメです。

 

その他の選択肢

ウエスタンデジタルではその他には「ブラック・ラベル」と「グリーン・ラベル」があり、予算さえ許せばブラックラベルでも良いのですが、ブルー・ラベルやレッド・ラベルの同じ容量で1.5倍ぐらい値段が高いのと、入手が難しい場合が多いので、普通はブルーかレッドから選べばOKです。

WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 2TB WD Black WD2003FZEX SATA3.0 7200rpm 64MB 5年保証

WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 2TB WD Black WD2003FZEX SATA3.0 7200rpm 64MB 5年保証

定価:¥ 18,580

Amazon価格:¥ 15,000

カテゴリ:Personal Computers

発売日:2013-11-15


ブラックラベルの特徴は、「ブルーラベル並みの高速性」「ブルーラベルにはない2TB/3TBの大容量モデルあり」「さらに故障に対する信頼性アップ」などです。

 

3. 避けたほうが良い3.5インチHDDについて

シーゲート社(Seagate)のHDDは、過去に「ファームロック」という大規模な不具合が起きて、何年間かは不具合が発生したユーザーが多数いて、メーカーも不具合については認識していたにもかかわらず、会社の誠実な対応がなかったので除外です。

また、ウエスタンデジタル社(WesternDigital)には他にグリーンラベルというシリーズもありますが、「低速病」という不具合が出る場合がある(必ずしも発生するわけではない)ので、積極的に選ぶべきではありません。

ウエスタンデジタル社(WesternDigital)の特定のシリーズには上記のような問題はありますが、それ以外のシリーズには目立った不具合がないので、大筋では無難なメーカーだと思います。

 

4. ノート用2.5インチHDDのオススメ

2.5インチHDDは3.5インチHDDのように「大規模な不具合が出て避けるべきHDD」というものがないので正直どれでも良いと思っているのですが、自分なら今までの信頼と実績から日立グローバルストレージテクノロジーズ社(HGST)のHDDを選びます。

また、以下で紹介する2つのモデルはどちらも内蔵キャッシュが32MBと他社のモデルでは普通は8MBぐらいなのに比べると多めなので、体感速度も速いです。

ただし、HGST社はウエスタンデジタルに買収されてそのうちブランド名が消える可能性が高いので、流通在庫のみだと思います。

データ容量が1TBまでで収まるのであれば、高速回転にもかかわらず低発熱の次の機種をオススメします。

データ容量が1.5TBまでなら、次の機種をオススメします。

HGST Travelstar パッケージ版  2.5inch 1.5TB 5400rpm 32MB  SATA 6.0Gb/s 0S03634

HGST Travelstar パッケージ版 2.5inch 1.5TB 5400rpm 32MB SATA 6.0Gb/s 0S03634

Amazon価格:¥ 67,200

カテゴリ:Personal Computers


上と下の機種の違いは、上が7200回転/分、下が5400回転/分だけですが、下でも「遅い!」と思うことはなく、十分実用的な速さが出ています。(内蔵キャッシュが32MBと多めなのが効いているのでしょう。)

 

5. SSDのオススメ

SSDはほとんどが2.5インチのサイズなので、ノートならそのまま取り付けられますが、デスクトップの場合はマウンタを使う必要がある点だけ注意が必要です。以下で紹介する機種にはどちらとも3.5インチドライブ用のマウンタも付属しています。

SSDのオススメは、故障しにくいという観点から、次の2つをオススメします。

シー・エフ・デー販売 TOSHIBA製SSD採用 2.5inch 内蔵型 SATA6Gbps 128GB CSSD-S6T128NHG5Q

シー・エフ・デー販売 TOSHIBA製SSD採用 2.5inch 内蔵型 SATA6Gbps 128GB CSSD-S6T128NHG5Q

中古価格: ¥ 5,900 より

Amazon価格:¥ 18,000

カテゴリ:Personal Computers

発売日:2013-04-13


上記の機種は、コントローラチップとメモリーチップの両方とも東芝製ということで、パソコン自作ユーザーの間で大人気の機種です。

Intel SSD 520 Series(Cherryville) 120GB 2.5inch Bulk SSDSC2CW120A310

Intel SSD 520 Series(Cherryville) 120GB 2.5inch Bulk SSDSC2CW120A310

Amazon価格:¥ 26,130

カテゴリ:Personal Computers

発売日:2012-02-07


上記の機種は、東芝製のSSDが発売されるまでは一番人気のインテル製です。東芝製よりも2-3割ほど高めということと、日本人なら日本メーカーを買いましょう、という意味で東芝製をイチオシしておきます。

WEBで見積もり依頼はこちら
3時間以内に回答します。
(朝9時から夜12時)