LinkStation/TeraStationの型番・シリーズ名を調べる3つの方法

虫眼鏡で調べている女性

バッファローのネットワーク型ハードディスク(NAS)、LinkStationやTeraStationの型番やシリーズ名を調べる方法を3つ紹介します。

目次

 

命名規則

LinkStationの型番は、必ず「LS」で始まります。

また、TeraStationの型番は、必ず「TS」で始まります。

LinkStation/TeraStationの「型番」や「シリーズ名」を調べる時に、色々な型番らしきものが目に入って判別しにくい時は、この命名規則を手がかりにして下さい。

それでは、以下に「LinkStation/TeraStationの区分」ー「型番」ー「シリーズ名」の例をいくつか挙げます。

区分型番シリーズ名
LinkStation
  • LS420D402
  • LS420D202
LS420Dシリーズ
  • LS-WX4.0TL/R1
  • LS-WX1.0TL/R1
LS-WXL/R1シリーズ
  • LS-X2.0TL
  • LS-X1.0TL
LS-XLシリーズ
 TeraStation
  • TS-XH8.0TL/R6
  • TS-XH4.0TL/R6
TS-XHL/R6シリーズ
  • TS3400D804
  • TS3400D404
TS3400Dシリーズ

 

方法1:NASNavigator2で調べる

LinkStation/TeraStation付属のソフト、「NASNavigator2」を使えば、カンタンにシリーズ名が調べられます。

NASNavigator2

 

NASNavigator2の入手法など詳しい情報については、以下の関連ページもご覧ください。

 

方法2:本体の下や裏に貼ってある型番(シリーズ名)のシールを確認する

内蔵ハードディスクが1〜2台のLinkStationでは、本体の底部に「型番」や「シリーズ名」を表すシールが貼ってあります。

内蔵ハードディスクが4台以上のLinkStationやTeraStationでは、本体の裏側にシールが貼ってあります。

いくつかのシールが貼ってあってまぎわらしいときは、LinkStationでは「LS・・・」、TeraStationでは「TS・・・」で始まっている文字を探して下さい。

LS-VLの底部

LS-VLシリーズの底部

LS-WV4.0TL/R1J底部

LS-WV4.0TL/R1J底部

 

方法3:購入時の梱包箱が残っていれば、型番(シリーズ名)が記載されている

購入時の梱包箱に、必ずどこかに「型番」を表す記号が書いています。

LinkStationなら最初が「LS」、TeraStationなら「TS」で始まる文字を探しましょう。

LS-V2.0TLの梱包箱

LS-V2.0TLの梱包箱

当社のデータ復旧のご案内

データ復旧料金は容量・症状に関係なく定額
復旧料金は復旧データ納品後に後払い
復旧失敗時は復旧料金0円、ただし宅急便の往復送料実費のみご負担
作業日数は2-3日(症状により延長の場合あり)

・HDD:32,400円
・NAS:54,000円

(RAID対応の場合は21,600円追加)
(24時間以内復旧完了の特急対応は5割増し)
(HDDの内部分解が必要な重度の物理障害には対応していません)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です