EaseUS Todo Backup (基本5) ファイルバックアップの基本設定

2017年2月6日

Windows用バックアップソフト「EaseUS ToDo Backup 無料版」でパソコン内蔵のハードディスクのマイドキュメントやマイピクチャなど個人データをバックアップする「ファイルバックアップ」の設定方法を図解入りで丁寧に説明します。

このページでは、「ファイルバックアップ」の基本的な設定方法をして、うまくバックアップできるか、までを確認します。

うまくバックアップできていたら、別ページで自動バックアップのスケジュールを設定をします。

目次

  1. 「ファイルバックアップ」の設定をする前の注意事項
  2. 「ファイルバックアップ」の設定方法
  3. 最初のバックアップの実行
  4. バックアップした内容を確認する

 

1. 「ファイルバックアップ」を設定する前の注意事項

「ファイルバックアップ」は、「マイドキュメント」や「マイピクチャ」や「マイミュージック」や「デスクトップ」など、個人フォルダの中のデータをバックアップします。

ほとんどの個人データはそれらの中に保存されていると思いますが、使っているソフトによっては、個人フォルダ以外の場所に個人データを保存する場合があります。

また、人によっては個人フォルダ以外の場所にデータを保存している場合もあると思います。

さらには、メールのデータは個人フォルダ以外の場所に保存されています。(保存場所はメールソフトによって色々)

このような場合には、「ファイルバックアップ」の設定の時に保存対象を追加しておく必要があります。

あるいは、「ディスクバックアップ」ではすべてのデータがバックアップされるので、そちらでバックアップするようにします。

2. 「ファイルバックアップ」の設定方法

1) あらかじめ、バックアップの設定をするパソコンに「EaseUS ToDo Backup 無料版」がインストールされていて、なおかつバックアップの保存先となる「外付けのUSB接続のハードディスク」か「ネットワーク型ハードディスク」が接続されている前提とします。

 

2) 「EaseUS ToDo Backup 無料版」が起動してない場合は起動します。

EaseUS Todo Backup Free アイコン

 

3) 「ユーザーアカウント制御」の画面が出た場合は、「はい」ボタンをクリックします。

ユーザーアカウント制御

 

4) 使用ライセンスを表示する画面が出ますが、そのまま「OK」ボタンをクリックします。

ライセンスの表示

 

5) ホーム画面が表示されたら、「ファイルバックアップ」の文字の部分をクリックします。

ホーム画面

 

6) ファイルバックアップの対象になっているフォルダにチェックが付いているはずです。

必要に応じて、チェックマークを付けてバックアップ対象のフォルダを追加して下さい。

バックアップ対象にチェックマークを付ける

 

7) 以下はバックアップ対象のフォルダの部分を展開して拡大した図です。

バックアップ対象のツリー展開

 

8) 次に、バックアップの保存先を確認します。

ホーム画面の下にある「保存先」の場所でよければ、「3. 最初のバックアップの実行」に進んで下さい。

変更する場合は、右のフォルダのアイコンをクリックします。

バックアップ場所の変更

 

9) 「パスを選択して下さい」という画面が出たら、バックアップの保存先を指定します。

パスを選択してください

 

10) 以下の画面では一例としてUSB外付けハードディスクの(Fドライブ)にある「My Backups」に保存する指定をしています。

保存先を指定したら、右下の「OK」ボタンをクリックすると、ホーム画面に戻ります。

USB外付けハードディスクを指定

 

3. 最初のバックアップの実行

11) ホーム画面に戻り、右下の「進む」ボタンをクリックしたら、すぐにバックアップが始まります

バックアップ実行

 

12) バックアップが始まったら、終了するまでパソコンの電源を切らずに放置しておきます。数分ぐらいですぐに終わると思います。

バックアップ実行中

 

13) バックアップが完了したら「ファイルバックアップが完了しました。」との表示が出ます。そして右下の「終了」をクリックしてバックアップの実行画面を閉じます。

続けてバックアップがうまくいったかを確認します。

バックアップ完了の画面

 

4. バックアップ内容の確認

14) 「バックアップ管理」の画面になるので、ファイルバックアップの「場所」と書かれた右横のバックアップデータの保存場所の部分をクリックします。

バックアップ管理

 

15) ファイル表示の画面が出てくるので、表示されたファイルをダブルクリックします。

ファイルバックアップの確認

 

16) ファイルバックアップされたドライブが表示されます。

おそらく「C:」と書かれたCドライブが表示されるので、さらにこのアイコンをダブルクリックしてみます。

Cドライブの表示

 

17) Cドライブの中身が表示されるかを確認します。

各フォルダの中も表示可能なはずです。

確認が終わったら、右上の×のボタンをクリックしてファイル表示の画面を閉じます。

バックアップ内容の確認

 

ここまで問題がなければ、続けてファイルバックアップを自動実行するスケジュールの設定を行います。

続きの記事を読む → (6)ファイルバックアップのスケジュール設定

 

EaseUS Todo Backup 無料版(基本操作)の記事の一覧

この記事に関連するオススメの商品

バックアップの保存先として、USB3.0接続の外付のハードディスクをオススメします。

パソコンがUSB3.0に対応していれば、USB2.0よりも4倍ほども読み書き速度が速くなります。

WEBで見積もり依頼はこちら
3時間以内に回答します。
(朝9時から夜12時)