WannaCryに感染したPC

Windows XPでは既にWindows Updateが使えないので、手動でランサムウェアのWannaCry(ワナクライ、と読みます)対策プログラムをインストールする必要があります。

このページでは、インストール方法と、既にインストールできているかを確認する方法を説明します。

対策プログラムのナンバーは、KB4012598です。

また、対策プログラムのインストール完了時にはパソコンの再起動が必須となります。

 

目次

 

1. Windows Updateは使えない

Windows XPでは既にWindows Updateは使えなくなっているのですが、もしもWindows Updateを実行すると次のようなエラー画面になります。

また、インターネットエクスプローラーで対策プログラムをマイクロソフト社のサイトから直接ダウンロードしようとしても、同じようなエラーの画面になります。

 

よって、対策プログラムを入手するためには、次のどちらかの作業が必要になります。

  • Windows XP標準の「インターネットエクスプローラー」以外のWEBブラウザ(グーグルクロムやファイヤーフォックス等)で対策プログラムをダウンロードする。
  • Windows 7やWindows 10などが入った他のパソコンや、MacやLinuxが入ったパソコンで対策プログラムをダウンロードして、USBメモリなどで持ってくる。

 

2. ユーザーのパターン別、WannaCry対策プログラムの入手方法

そこで、このページを読まれている方は、次のA)からC)のうち、どれに該当するかを判断した上で、それぞれの手順に進んでください。

A) 既にパソコンに「グーグルクロム」や「ファイヤーフォックス」などの他社製のWEBブラウザがインストールされている人

このページの次の項目に進んでください。

 

B) 他のパソコンで対策プログラムをダウンロードできる人

まずは、そのパソコンで対策プログラムをダウンロードして、それからUSBメモリやUSB外付けHDDなどに保存した上で、対策プログラムをインストールしたいパソコンにつなぎます。

このページの次の項目に進んでください。

 

C) インターネットエクスプローラー以外のWEBブラウザをインストールしていない、またはよくわからない。なおかつ、他のパソコンは持っていない。

このページの次の項目に進んでください。

 

3. WannaCry対策プログラムの入手用に、グーグルクロムをインストールする方法

説明の前提として、「インターネットエクスプローラー」を使って「グーグルクロム」をダウンロードすることとします。

 

3-1) インターネットエクスプローラーで、次のリンク先のグーグルクロムのダウンロード用にページを開きます。

 

3-2) ページが開いたら、青色のボタン「Chromeをダウンロード」をクリックして、ダウンロード開始します。

wannaCry12

 

3-3) 「Chrome for Windowsをダウンロード」のページが開いたら、①「Google Chromeを規定のブラウザとして設定する」のチェックを外し、②「同意してインストール」のボタンをクリックします。

そうすると、ダウンロードとインストールが一気に開始されます。

wannaCry13

 

3-4) ダウンロードとインストールには5分ぐらいかかるので、完了までしばらく待ちます。

wannaCry14

wannaCry15

 

3-5) インストールが完了したら、グーグルクロムの画面が表示されます。

画面にも警告が出ていますが、グーグルクロムではWindows XPとVistaはサポートされていないので、グーグルクロムを常用することはおすすめできません。

それ以前に、XPはマイクロソフトからのサポートが終了していますが。

wannaCry16

 

3-6) グーグルクロムのインストールが完了したら、次にランサムウェアWannaCry対策プログラムのインストールを行います。

引き続いて、次の項目「4. WannaCry対策プログラムのダウンロード方法」に進んでください。

 

4. WannaCry対策プログラムのダウンロード方法

説明の前提として、「グーグルクロム」を使って対策プログラムをダウンロードすることにします。

 

4-1) マイクロソフト社の公式サイトで、次のダウンロードページを開きます。

 

4-2) ダウンロードページを開いたら、赤いボタンで「ダウンロード」となっている部分をクリックして、ダウンロードを開始します。

wannaCry03

 

4-3) 「名前をつけて保存」の画面が表示されたら、適当な保存場所を指定して、右下の「保存」ボタンをクリックします。

 

4-4) ダウンロードが完了したら、状況に応じて、それぞれの手順に進みます。

  • そのまま現在のパソコンに対策プログラムをインストールする場合・・・ダウンロードファイルをダブルクリックでインストール開始
  • 別のパソコンに対策プログラムをインストールする場合・・・ダウンロードファイルをUSBメモリなどでコピーしてからインストールするPCにつなぐ

wannaCry06

 

5. WannaCry対策プログラムのインストール方法

インストール完了時にはパソコンの再起動が必須となります。

必要なファルは保存したり、閲覧中のWEBサイトはお気に入りに登録などの、事前準備を行っておいてください。

 

5-1) 対策プログラムのインストール開始時に、実行の確認画面が出るので、「実行」をクリックします。

wannaCry07

 

5-2) 「ソフトウエア更新のインストールウィザード」の画面が表示されるので、「次へ」をクリックします。

wannaCry08

 

5-3) 「使用許諾契約」の画面が表示されるので、①「同意します」にチェックして、②「次へ」をクリックします。

wannaCry09

 

5-4) インストールは1分ぐらいで終わるはずなので、しばらく待ちます。

wannaCry10

 

5-5) インストール完了の画面が表示されたら、画面下の「完了」をクリックしてPCを再起動します。

wannaCry11

 

5-6) 再起動が完了したら、次の項目に進んで、ちゃんと対策プログラムがインストールされているかを確認します。

 

6. WannaCry対策プログラムがインストール済みかどうか確認する方法

「コントロールパネル」の「プログラムの追加と削除」から確認できます。

念のために、以下より手順を図解します。

6-1) Windowsの「コントロールパネル」を開きます。

wannaCry17

 

6-2) 「コントロールパネル」が開いたら、「プログラムの追加と削除」をクリックします。

wannaCry18

 

6-3) 「プログラムの追加と削除」が表示されたら、画面の上の方にある「更新プログラムの表示」にチェックを入れます。

そうして2〜3分ほどしばらく待つと、Windowsのアップデート関連のプログラムが表示されます。

wannaCry19

 

6-4) インストールされたプログラムのリストを下にスクロールしながら、次の名前のものが見つかれば、ランサムウェアWannaCryの対策プログラムがインストールできています!

  • Windows XP セキュリティ更新 (KB4012598)

wannaCry20

 

6-5) 説明は以上です。

 


【データ復旧の見積もりを取る・申し込む 】

データ復旧の料金や日数などを見る

WEBで見積もり依頼はこちら

3時間以内に回答します。
(朝9時から夜12時)