安心の成功報酬制でリーズナブルな料金のパソコンデータ復旧です。
ブログ【データ復旧とバックアップ】
  • HOME »
  • ブログ【データ復旧とバックアップ】 »
  • ネットワーク型HDD(NAS)のデータ復旧

ネットワーク型HDD(NAS)のデータ復旧

データ復旧のための、パソコン本体、外付けHDD、NASなどのファイルフォーマットの話

OSの違うWindows、Mac、NAS(Linkstationなど)ごとのフォーマット形式の違いの話。万が一壊れた場合でも、場合によっては別のOSで読める場合もある。

コンピュータ専門職でない人のためのRAIDの説明と、オススメ構成

コンピュータ専門職でない人のためのRAIDのわかりやすい説明と、オススメのRAID構成についてです。「RAIDにしておけばデータの紛失は避けられる」と思っていませんか?

壊れたLinkstationなどNASのHDDを直接Windowsパソコンで読み出すための方法

バッファローのLinkStation/TeraStation、IOデータのLANDISKなどのNAS(=ネットワーク型HDD)が故障して正常起動しない・アクセスできない時に、NAS内蔵HDDを取り出して無料のLinuxを使ってデータを救出する方法を紹介します。 NAS内蔵HDDが1台だけでなく、2台~4台でRAID設定(RAID0/1/5/6/10)をしている場合でも復旧できます。 復旧方法は図解入りで詳しく解説、さらにページ末尾には実際に復旧できたNASの機種一覧も公開します。 Linuxは開発している会社・団体によって色々な種類がありますが、ここでは【Ubuntu(「ウブンツ」、と読む)】を使います。

LinkStations

よく使われるHDDの規格とデータ復旧について

パソコンや外付けのHDDが壊れたときに中のHDDを取り出してデータ復旧をすることがありますが、中身のHDDはほとんどが4つの種類のいずれかに当てはまります。今回は、種類別の特徴やデータ復旧の方法について、必要な周辺機器とあわせて説明をします。

LinkStationのEMモードとは?原因は?予防や事前予測は可能か?

バッファローのNASのLinkstationやTerastationが「EMモード」や「スタンバイモード」になって、起動できなくなったり、パソコンからアクセスできなくなった時の復旧方法を紹介します。 この記事で想定している読者は次の3種類で、 【A. EMモードが何なのかわからない、なぜ起こるのか、を知りたい人】【B. EMモードを予防したり、事前に予測する方法を知りたい人】【 C. EMモードが起きた時のNASの修理でやデータ救出の方法を知りたい人】です。

LinkStations
« 1 3 4 5
WEBで見積もり依頼はこちら
3時間以内に回答します。
(朝9時から夜12時)

当サイトで公開中の記事数

オススメHDD/SSD/NASバナー

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.