落雷による停電や瞬断が多い夏場を安心して過ごすために、LinkStationやTeraStationなどにUPS(無停電電源装置)を使うことを推奨します。

特に、職場でLinkStationなどを使っている場合には、必須の周辺装置と言えます。

なぜなら、LinkStationやTeraStationは、NAS(ネットワーク型HDD)という普通のパソコンよりは壊れにくいシステムやHDD構成をしているとはいえ、いったん壊れた場合は、かえってパソコンよりもデータ復旧の難易度が高く、重要なデータを一元化して保存しているために、ダメージもパソコンとは比較にならないからです。

この記事では、LinkStationの全機種について、どういうUPSの接続方法がオススメか、さらにオススメのUPSの機種を紹介していきます。

目次

UPS導入によるメリット

停電など電源が止まった時に、ある程度の時間、接続機器を稼働できる。

停電時の稼働時間は、接続機器の消費電力とUPS内蔵のバッテリ容量によりますが、LinkStationやTeraStationなどの小型のサーバであれば、30分~1時間は稼働できます。

接続する機器によっては、自動的にシャットダウンさせることができる。

自動シャットダウンに対応したLinkStationなどのNASとUPSを使えば、バッテリ運転の状態になったらNASを安全にシャットダウンさせることができます。

UPS導入にあたっての注意事項

NAS側のUSB端子の数によって、UPSの機能制限がある

これは具体的に言うと、NAS側にUSB端子が1つしかない場合は、UPSを含めて外付けHDDなどと排他利用になるということです。

仮に、USB端子が1つしかないNASに、UPSと外付けHDDを使う場合は、USB端子には外付けHDDを接続し、UPSは電源供給元として使い、自動シャットダウンとして連携させない、ということです。

UPS内蔵のバッテリは消耗品

バッテリは消耗品なので、定期的に交換が必要です。

およそ3年をメドに交換してください。

最近のUPSは、ユーザーが自分でバッテリ交換できるようになっているものが多いです。

交換して不要となったバッテリは、産業廃棄物としてUPSのメーカーに処分を依頼できる場合が多いです。

バッテリ稼働できるか定期的にテストが必要

前項のバッテリとも関係ありますが、半年に1回ぐらい、ちゃんとバッテリ稼働できるかテストをしてください。

肝心の停電の時にUPSのバッテリが消耗しているとかUPSが壊れていたらUPSを入れている意味がありません。

停電などでバッテリ稼働に切り替わったら、電源を確保するか、NASを速やかにシャットダウンさせる

「バッテリ稼働できているから安心」と高をくくってはいけません。

想定外の事態が起きてNASが壊れる事態をなくすために、電源を確保できないようであれば、いったんNASをシャットダウンさせましょう。

また、バッテリ稼働している間はUPSが「ピーピー」電子音を鳴らすのでうるさいです。

オススメのUPSの紹介

LinkStationの機種ごとに、

  • そもそも自動シャットダウンできるUPSに対応してない
  • 自動シャットダウンできても、対応しているUPSのメーカーや型番が違う

とさまざまです。

自動シャットダウンに対応したUPSで、値段が手頃で、当社が導入した実績からオススメできるUPSは次の2つです。

くれぐれも、LinkStationの機種によって使えるUPSが違うので、注意してください。

オススメUPSその1・・・APC社のES 550 (BE550G-JP)

後述の3B-01型の「LS-GLシリーズ」で、自動シャットダウンに対応したオススメのUPSです。

(LS-GLシリーズ;LS-1000GL、LS-750GL、LS-500GL、LS-400GL、LS-320GL、LS-300GL、LS-250GL、LS-160GL)

APC ES 550 BE550G-JP

APC ES 550 BE550G-JP

定価:¥ 17,712

Amazon価格:¥ 8,880

カテゴリ:Personal Computers

発売日:2010-02-24


オススメUPSその2・・・オムロン社のBX35F

後述の3B-01型の「LS-GLシリーズ」以外のLinkStationで、自動シャットダウンに対応したものは、すべてこのUPSに対応しています。

また、自動シャットダウンに対応したUPSがないLinkStationでも、将来的にLinkStationを買い換えた時でも対応機種が多いことから、このUPSを推薦します。

OMRON BX35F 無停電電源装置(UPS)

OMRON BX35F 無停電電源装置(UPS)

定価:¥ 20,844

Amazon価格:¥ 13,300

カテゴリ:Personal Computers

発売日:2005-03-01


LinkStation全機種ごとのUPS接続プランの説明

LinkStation全機種を、内蔵しているHDDの種類・台数を基準に6パターンに分類しました。

6パターンの分類がわかりにくいかもしれませんが、全機種の型番を後述の一覧表に載せていますので、それも参考にしてください。

3A型・・・3.5インチIDE型HDD内蔵のLinkStation(1ドライブ)

これらの型番のLinkStationは、自動シャットダウンに対応したUPSはありません。

よって、自動シャットダウン機能については考えないでUPSを選んでもかまわないのですが、どうせなら将来的にも使える機種が幅広い、「オムロン社のBX35F」の導入を推薦します。

対象型番一覧

「各機種の具体的なUPS接続プラン」は、一覧表の後に記載していますので、そちらを御覧ください。

No シリーズ名 発売年 型番 オススメUPS 自動シャットダウン USBポート数
3A-01 HD-LAN 2003年
  • HD-250LAN
  • HD-160LAN
  • HD-120LAN
  • HD-80LAN
オムロン社BX35F NG 1
3A-02 HD-HLAN 2004年
  • HD-H400LAN
  • HD-H300LAN
  • HD-H250LAN
  • HD-H160LAN
  • HD-H120LAN
2
3A-03 HD-HGLAN 2003年
  • HD-HG400LAN
  • HD-HG300LAN
  • HD-HG250LAN
  • HD-HG160LAN
  • HD-HG120LAN
3A-04 HS-DGL 2005年
  • HS-400GL
  • HS-300GL
  • HS-250GL
  • HS-160GL
各機種の具体的なUPS接続プラン
3A-01・3A-02・3A-03・3A-04のすべて

LinkStationとUPSを連動させて、停電時に自動シャットダウン、の機能は使えません。

ただし、UPSをつないだ場合に、自動シャットダウンはできないものの、停電や瞬断の時にバッテリ稼働させるという、UPS本来の使い方は問題ありません。

余談ですが、これらのLinkStationは発売から10年前後経っていて、今は問題が無いように見えても内部的にはかなりヘタってきているので、買い替えを検討した方がいいです。

3B型・・・3.5インチSATA型HDD内蔵のLinkStation(1ドライブ)

これらのLinkStationは機種によって対応UPSが異なっていてわかりにくいのですが、一蘭の一番上にある3B-01型の「LS-GLシリーズ」だけは「APC社のES 550」を導入して、それ以外のLinkStationは「オムロン社のBX35F」を導入するのがオススメです。

対象型番一覧

「各機種の具体的なUPS接続プラン」は、一覧表の後に記載していますので、そちらを御覧ください。

No シリーズ名 発売年 型番 オススメUPS 自動シャットダウン USBポート数
3B-01 LS-GL 2006年
  • LS-1000GL
  • LS-750GL
  • LS-500GL
  • LS-400GL
  • LS-320GL
  • LS-300GL
  • LS-250GL
  • LS-160GL
APC社のES 550 (BE550G-JP) 可能 2
3B-02 HS-DHGL 2006年
  • HS-DH1000GL
  • HS-DH750GL
  • HS-DH500GL
  • HS-DH320GL
  • HS-DH250GL
オムロン社のBX35F NG
3B-03 LS-HGL 2008年
  • LS-H1.0TGL
  • LS-H640GL
  • LS-H500GL
  • LS-H320GL
  • LS-H250GL
可能 1
3B-04 LS-LGL 2007年
  • LS-L1000GL
  • LS-L750GL
  • LS-L500GL
  • LS-L320GL
  • LS-L250GL
NG
3B-05 LS-CL 2008年
  • LS-C1.0TL
  • LS-C640L
  • LS-C500L
可能
3B-06 LS-CHL 2009年
  • LS-CH2.0TL
  • LS-CH1.5TL
  • LS-CH1.0TL
  • LS-CH500L
3B-07 LS-XHL 2008年
  • LS-XH2.0TL
  • LS-XH1.5TL
  • LS-XH1.0TL
  • LS-XH500L
3B-08 LS-VL 2011年
  • LS-V4.0TL
  • LS-V3.0TL
  • LS-V2.0TLJ
  • LS-V2.0TL
  • LS-V1.5TL
  • LS-V1.0TLJ
  • LS-V1.0TL
  • LS-V500L
3B-09 LS-AVL 2011年
  • LS-AV2.0TL/AJ
  • LS-AV1.0TL/AJ
  • LS-AV2.0TL/A
  • LS-AV1.5TL/A
  • LS-AV1.0TL/A
  • LS-AV500L/A
NG なし
3B-10 LS-XL 2011年
  • LS-X3.0TL
  • LS-X2.0TL
  • LS-X1.0TL
3B-11 LS410D 2013年
  • LS410D0401
  • LS410D0301
  • LS410D0201
  • LS410D0101
 可能 1
各機種の具体的なUPS接続プラン
3B-01

USBポートが2つあり、UPS自動シャットダウンにも対応しているので、外付けHDDをつないだまま、UPSを連動させて、停電時に自動シャットダウン、の機能が使えます。

3B-02・3B-04

USBポートが1つまたは2つあるのですが、UPS自動シャットダウンに対応していないので、LinkStationとUPSを連動させて、停電時に自動シャットダウン、の機能は使えません。

ただし、UPSをつないだ場合に、自動シャットダウンはできないものの、停電や瞬断の時にバッテリ稼働させるという、UPS本来の使い方は問題ありません。

3B-03・3B-05・3B-06・3B-07・3B-08・3B-11

USBポートが1つしかありませんが、UPS自動シャットダウンに対応しているので、外付けHDDをつなぐ場合は、LinkStationとUPSを連動させて、停電時に自動シャットダウン、の機能は使えません。

USBポートに外付けHDDをつながないで、UPSをつないだ場合は、自動シャットダウンさせることができます。

3B-09・3B-10

USBポートがない上に、UPS自動シャットダウンに対応していないので、LinkStationとUPSを連動させて、停電時に自動シャットダウン、の機能は使えません。

ただし、UPSをつないだ場合に、自動シャットダウンはできないものの、停電や瞬断の時にバッテリ稼働させるという、UPS本来の使い方は問題ありません。

3C型・・・3.5インチSATA型HDD内蔵のLinkStation(2ドライブ)

HDDを2台内蔵していて、RAID0かRAID1の構成ができるタイプです。

対象型番一覧

「各機種の具体的なUPS接続プラン」は、一覧表の後に記載していますので、そちらを御覧ください。

No シリーズ名 発売年 型番 オススメUPS 自動シャットダウン USBポート数
3C-01 LS-WTGL 2007年
  • LS-W2.0TGL/R1
  • LS-W1.5TGL/R1
  • LS-W1.0TGL/R1
オムロン社のBX35F 可能 1
3C-02 LS-WHGL/R1 2008年
  • LS-WH2.0TGL/R1
  • LS-WH1.0TGL/R1
2
3C-03 LS-WXL 2011年
  • LS-WX8.0TL/R1J
  • LS-WX6.0TL/R1J
  • LS-WX6.0TL/R1
  • LS-WX4.0TL/R1J
  • LS-WX4.0TL/R1
  • LS-WX3.0TL/R1
  • LS-WX2.0TL/R1J
  • LS-WX2.0TL/R1
  • LS-WX1.0TL/R1J
  • LS-WX1.0TL/R1
1
3C-04 LS-WVL 2011年
  • LS-WV8.0TL/R1J
  • LS-WV6.0TL/R1J
  • LS-WV6.0TL/R1
  • LS-WV4.0TL/R1J
  • LS-WV4.0TL/R1
  • LS-WV3.0TL/R1
  • LS-WV2.0TL/R1J
  • LS-WV2.0TL/R1
  • LS-WV1.0TL/R1J
  • LS-WV1.0TL/R1
各機種の具体的なUPS接続プラン
3C-02

USBポートが2つあり、UPS自動シャットダウンにも対応しているので、外付けHDDをつないだまま、UPSを連動させて、停電時に自動シャットダウン、の機能が使えます。

3C-01・3C-03・3C-04

USBポートが1つしかありませんが、UPS自動シャットダウンに対応しているので、外付けHDDをつなぐ場合は、LinkStationとUPSを連動させて、停電時に自動シャットダウン、の機能は使えません。

USBポートに外付けHDDをつながないで、UPSをつないだ場合は、自動シャットダウンさせることができます。

3D型・・・3.5インチSATA型HDD内蔵のLinkStation(4ドライブ)

HDDを4台内蔵していて、RAID0/1/5/10の構成ができるタイプです。

対象型番一覧

USBポートが2つあり、UPS自動シャットダウンにも対応しているので、外付けHDDをつないだまま、UPSを連動させて、停電時に自動シャットダウン、の機能が使えます。

No シリーズ名 発売年 型番 オススメUPS 自動シャットダウン USBポート数
3D-01 LS-QVL 2010年
  • LS-QV16TL/R5
  • LS-QV12TL/R5
  • LS-QV8TL/R5
  • LS-QV4TL/R5
  • LS-QV2TL/R5
オムロン社のBX35F 可能 2

2A型・・・2.5インチSATA型HDD内蔵のLinkStation(1ドライブ)

2.5インチHDDを使用しているので、手のひらに乗るポータブル型のLinkStationです。

対象型番一覧

USBポートが1つしかありませんが、UPS自動シャットダウンに対応しているので、外付けHDDをつなぐ場合は、LinkStationとUPSを連動させて、停電時に自動シャットダウン、の機能は使えません。

USBポートに外付けHDDをつながないで、UPSをつないだ場合は、自動シャットダウンさせることができます。

No シリーズ名 発売年 型番 オススメUPS 自動シャットダウン USBポート数
2A-01 LS-SL 2009年
  • LS-S500L
  • LS-S250L
オムロン社のBX35F 可能 1

2B型・・・2.5インチSATA型HDD内蔵のLinkStation(2ドライブ)

手のひらサイズのポータブル型LinkStationですが、HDDを2台内蔵していて、RAID0かRAID1の構成ができるタイプです。

対象型番一覧

USBポートが1つしかありませんが、UPS自動シャットダウンに対応しているので、外付けHDDをつなぐ場合は、LinkStationとUPSを連動させて、停電時に自動シャットダウン、の機能は使えません。

USBポートに外付けHDDをつながないで、UPSをつないだ場合は、自動シャットダウンさせることができます。

No シリーズ名 発売年 型番 オススメUPS 自動シャットダウン USBポート数
2B-01 LS-WSGL/R1 2008年
  • LS-WS1.0TGL/R1
  • LS-WS500GL/R1
  • LS-WS1.0TGL/R1WH
  • LS-WS500GL/R1WH
  • LS-WSS240GL/R1
オムロン社のBX35F 可能 1
2B-02 LS-WSXL 2009年
  • LS-WSX2.0L/R1J
  • LS-WSX1.0L/R1J
  • LS-WSX500L/R1J
  • LS-WSX2.0TL/R1
  • LS-WSX1.0TL/R1
  • LS-WSX500L/R1
  • LS-WSX2.0L/R1WHJ
  • LS-WSX1.0L/R1WHJ
  • LS-WSX500L/R1WHJ
  • LS-WSX2.0TL/R1WH
  • LS-WSX1.0TL/R1WH
  • LS-WSX500L/R1WH
  • LS-WSX240L/R1

まとめ

将来LinkStationを買い換える場合は、次の3つの観点から選ぶことをオススメします。

  1. ミラーリング(RAID1またはRAID10)でデータの二重化をリアルタイムで行う
  2. 外付けのHDDまたは別のLinkStationなどで定期バックアップを取る
  3. UPS自動シャットダウンの機能が使える

1と2はデータを二重三重に取ることによって、データ消失の危険性を激減できます。

3は停電や瞬電などのデータ消失やNAS本体の故障を防ぎます。

以上3つの観点から、現在オススメできるのはLinkStationの法人向けバージョンとも言える、TeraStationの次の機種です。

LinkStationではなくTeraStationを推薦しているのは、エラー表示が液晶パネルにメッセージで出るのでわかりやすい、HDDの交換を簡単にできる、空冷が考慮されている、といった点からです。

なお、この記事で紹介した、オムロンのUPS、BX35Fの自動シャットダウンにも対応しています。

2ドライブでミラーリング(RAID1)なら次の機種を推薦します。(HDDの容量違いで機能的には同じです。)

BUFFALO 管理者・RAID機能搭載 2ドライブNAS 8TB TS5200D0802

BUFFALO 管理者・RAID機能搭載 2ドライブNAS 8TB TS5200D0802

定価:¥ 194,400

カテゴリ:Personal Computers

発売日:2012-06-01


BUFFALO テラステーション 5200 管理者・RAID 2ドライブNAS 4TB TS5200D0402

BUFFALO テラステーション 5200 管理者・RAID 2ドライブNAS 4TB TS5200D0402

定価:¥ 118,800

Amazon価格:¥ 108,029

カテゴリ:Personal Computers

発売日:2012-06-01


 

4ドライブでミラーリング(RAID10)なら次の機種を推薦します。(HDDの容量違いで機能的には同じです。)

BUFFALO 管理者・RAID機能搭載 4ドライブNAS 16TB TS5400D1604

BUFFALO 管理者・RAID機能搭載 4ドライブNAS 16TB TS5400D1604

定価:¥ 367,200

Amazon価格:¥ 147,800

カテゴリ:Personal Computers

発売日:2012-06-01


BUFFALO テラステーション 5400 管理・RAID 4ドライブNAS 8TB TS5400D0804

BUFFALO テラステーション 5400 管理・RAID 4ドライブNAS 8TB TS5400D0804

定価:¥ 199,800

Amazon価格:¥ 139,800

カテゴリ:Personal Computers

発売日:2012-06-01


 


【データ復旧の見積もりを取る・申し込む 】

データ復旧の料金や日数などを見る

WEBで見積もり依頼はこちら

3時間以内に回答します。
(朝9時から夜12時)