バッファローのNAS(ネットワーク型HDD)、TeraStationでエラーコードE00,E01,E02,E03,E04,E05,E06,E17,E18,E19,E20,E21が表示された時の、データ吸い出しの成功率、データの吸い出し方、TeraStation本体の復旧方法について説明します。

これは一言で言えば、NASの基盤の故障です。

対象機種は次のとおりです。

  • HS-DHTGL/R5シリーズ
    (HS-DH4.0TGL/R5、HS-DH3.0TGL/R5、HS-DH2.0TGL/R5、HS-DH1.0TGL/R5)
  • TS-TGL/R5シリーズ
    (TS-2.0TGL/R5、TS-1.6TGL/R5、TS-1.0TGL/R5、TS-0.6TGL/R5、TS-0.3TGL/R5)
  • TS-HTGL/R5シリーズ
    (TS-H6.0TGL/R5、TS-H4.0TGL/R5、TS-H3.0TGL/R5、TS-H2.0TGL/R5、TS-H1.6TGL/R5、TS-H1.0TGL/R5、TS-H0.3TGL/R5)
  • TS-RHTGL/R5シリーズ
    (TS-RH4.0TGL/R5、TS-RH3.0TGL/R5、TS-RH2.0TGL/R5、TS-RH1.0TGL/R5)
  • TS-XL/R5シリーズ
    (TS-X8.0TL/R5、TS-X6.0TL/R5、TS-X4.0TL/R5、TS-X2.0TL/R5)
  • TS-WXL/R1シリーズ
    (TS-WX4.0TL/R1、TS-WX2.0TL/R1、TS-WX1.0TL/R1)
  • TS-WXL/1Dシリーズ
    (TS-WX1.0TL/1D)
  • TS-IGL/R5シリーズ
    (TS-I4.0TGL/R5、TS-I2.0TGL/R5、TS-I1.0TGL/R5)
  • TS-RIGL/R5シリーズ
    (TS-RI8.0TGL/R5、TS-RI6.0TGL/R5、TS-RI4.0TGL/R5、TS-RI2.0TGL/R5、TS-RI1.0TGL/R5)

Terastation pannel

エラーコードとエラーメッセージは次のとおりです。

パネル上・左 パエル上・右 パネル下
SYSTEM Error E00 MPU No Responce
DRAM LINES E01 DATA Failure
DRAM LINES E02 ADDRESS Failure
RTC Chip E03 No RTC Clock
SYSTEM Erro E04 Can ‘ t Load Krnl!
WDT E05 SYSTEM Stopped
TFTP MODE E06 Lost boot image
Chip Error E17 RTC Failure
Chip Error E18 SATA1 Failure
Chip Error E19 SATA2 Failure
Chip Error E20 USB Failure
Chip Error E21 Ethernet Failure

上記以外のエラーコードの場合は、関連する他のページを御覧ください。

エラーコードE07,E13,E14,E15,E16,E22,E23,E24

HDD故障時のエラーコードの見分け方と対処法

目次

データ吸い出しの成功率

今回のようにTeraStationの基盤故障の場合は、データが保存されているHDD(=ハードディスク)は問題がない場合がほとんどなので、基盤が壊れるときに電源ショートなどで渦電流が起きたりして道連れにされて壊れていない限り、データを吸い出すことは可能です。

データ吸い出しの成功率は、基盤故障のみの場合はほぼ100%の成功率です。

ただし、HDDも道連れで故障というケースがまったくないというわけではありませんが、割と珍しいケースです。

故障の原因

  • 自然故障(使用者のミスがなくても、電気製品である以上、壊れるときは壊れる)
  • 強い衝撃(落下、子供が蹴っ飛ばした、など)
  • 水没(雨漏りで濡れた、ジュースがかかった、ネコがおしっこした、など)
  • 電源の強制終了(停電、電源コードを間違って抜いてしまった、など)
  • 落雷による渦電流(夏場は意外とこれが原因で壊れる人が多いです)

ミラーリング(RAID1)構成の場合のデータの吸い出し方

ミラーリングは内蔵する2つのHDDに完全に同じデータを書き込みますが、シンプルなシステム構成です。

問題は、TeraStationがLinuxというWindowsとは違うシステムで動いているので、Linuxのデータを読めるようにしてやる必要が有ることです。

データの吸出しの手順としては、前にも述べたとおり、HDD自体は問題ない可能性が高いので、まずはTeraStationからHDDを引っ張りだします。

それから、WindowsパソコンにNASのデータ形式でも読めるようにする「Ext2Fsd」というフリーソフトをインストールしてから、HDDをUSB経由でパソコンにつなぐアダプタを使ってデータを読みだしてやります。

詳しい手順については、別のページにまとめてありますので御覧ください。

壊れたLinkstationなどNASのHDDを直接Windowsパソコンで読み出すための方法

「Ext2Fsd」でもデータが読めない場合は、Linuxで起動したパソコンで読み出せる場合があります。

その場合は、あらかじめLinux起動用DVDを作っておく必要があるので、起動用DVDの作り方とあわせて吸い出し方の説明のページを御覧ください。

データ復旧用のLinuxの使い方-ダウンロード&起動用DVD作成編

データ復旧用のLinuxの使い方-DVDで起動してデータ復旧する編

ミラーリング(RAID1)以外の構成の場合のデータの吸い出し方

残念ながら、この場合はRAID構成のパラメータを色々と調整しながらデータ復旧する必要があるので、ここのホームページでデータの吸い出し方を解説できるほど簡単ではありません。

よって、当社を含めたRAIDのデータ復旧に対応している業者に依頼してください。

TeraStation本体の復旧方法

冒頭で述べた通り、今回はTeraStationの基盤の故障なので、メーカー(バッファロー)での修理が必要になります。

なお、修理に預けるときには作業上必要ならデータを消去しても良いとする「データ消去同意書」にサインをする必要があるので、修理に出す前にデータの吸出しを行なってください。

今後のために

RAIDを使っていればデータの消失はまずない、と誤解している方が多いのですが、当社がオススメできるRAIDはRAID1のミラーリングだけです。

それ以外のRAIDはトラブルが起きた時に、ITの専門家以外は対応できないので、オススメ出来ません。

以下は、当社が何度も取引先に納品して使用した実績があり安定稼働しているので、オススメするRAID1ミラーリング対応のNASです。


【データ復旧の見積もりを取る・申し込む 】

データ復旧の料金や日数などを見る

WEBで見積もり依頼はこちら

3時間以内に回答します。
(朝9時から夜12時)