バッファローのLinkstationやTerastation、IOデータのLAN DISKなどのNAS(ネットワー型HDD)の内蔵のHDDを取り出して、WIndowsパソコンから読み出すための方法です。

この記事では個人レベルで対応できる対処法を書いていますので、

  • この記事でも対応出来ない場合
  • やり方がいまひとつわからない場合
  • なるべくデータを破壊せず、「早く・確実・安全」にデータ復旧をしたい場合

については、データ復旧の専門家である当社に依頼してもらうことをオススメします。

 

目次

  1. なぜNASのHDDが直接パソコンから読めないのか?
  2. NASのデータを直接読むソフトExt2Fsd
  3. Ext2Fsdのダウンロードとインストール手順
  4. Ext2Fsdの起動と設定手順
  5. Ext2Fsdで読み込めない時は
  6. それでもデータ復旧が出来ない場合はどうするか?
  7. オススメのNASの紹介

1. なぜNASのHDDが直接パソコンから読めないのか?

その理由は、NASのHDDのファイルフォーマットがWindowsと違うからです。

ファイルフォーマットとは、「データの保存形式」だと思ってもらえば良いです。

  • Windowsの形式  NTFS形式、FAT形式
  • NASの形式  ext2形式、ext3形式、ext4形式、xfs形式

※ さらに詳しい内容は、下記の別の記事を参照して下さい。

データ復旧のための、パソコン本体、外付けHDD、NASなどのファイルフォーマットの話

例えて言えば、日本語だけを話す人と、英語だけを話す人では、直接は会話ができないようなものです。

こんな時には通訳を入れたりしますよね?

この通訳にあたるのが、「Ext2Fsd」というソフトです。

2. NASのデータを直接読み出すソフトExt2Fsd

では、英語版のフリーソフト「Ext2Fsd」の紹介です。

このソフトで読み取れる形式は、NASのext2形式、ext3形式です。

ext4形式、xfs形式の読み出しは対応していません。

3. Ext2Fsdのダウンロードとインストール手順

(1) 「Ext2Fsd」の配布サイトにアクセスしてダウンロード先をリンクする。

「Ext2Fsd」のダウンロード先を開く

Ext2Fsd03

 

(2) ダウンロードが完了したらインストールする。

Ext2Fsd05

 

(3) インストールの時は、標準の設定のままでかまいません。どんどん進めて下さい。

Ext2Fsd07

Ext2Fsd08

Ext2Fsd09

Ext2Fsd10

 

(4) 次の表示が出たらインストール完了です。

「Finish」ボタンをクリックすると起動画面に進みます。

Ext2Fsd11

 

4. Ext2Fsdの起動と設定手順

(5) Ext2Fsdの起動画面です。では、NASから取り出したHDDをつないでみましょう。

Ext2Fsd12

 

(6) 以下の図のように、つないだばかりの状態では、ドライブ文字が割り当てられていません。

ドライブ文字が割り当てられない状態では、Windowsから読み出しは出来ません。

設定を行なうので、対象のHDDをダブルクリックします。

Ext2Fsd18

 

(7) 設定画面が開かれるので、次のように設定します。

・Mount point & drive letter

Automatically mount via Ext2Mgr  任意のドライブ文字を割り当てる

Ext2Fsd31

Ext2Fsd22 2

Ext2Fsd38

Ext2Fsd24

 

(8) 設定が完了した直後は最新のドライブ情報になってない場合があるので、メニューの「Tools」ー「Reload and Refresh」を選びます。

スクリーンショット 2013 03 02 23 28 2

 

(9) うまくいけば、NASから取り出したHDDにドライブ文字が割り当てられます。

以下の画面では、「Iドライブ」に割り当てられています。

Ext2Fsd35

 

(10) マイコンピュータからIドライブを見てみても、ちゃんと表示出来ました!

Ext2Fsd37

 

5. Ext2Fsdで読み込めない時は

NASのHDDのフォーマット形式や、HDDの損傷の状況によっては、上記のやり方ではHDDが認識できない場合があります。

その時には、ubuntuなどのLinuxを使ってパソコンを起動して、それにUSBアダプタ等を使ってHDDをつなげば、HDDの中のデータが認識できることがあります。

以下に関連する記事をリンクします。

6. それでもデータの復旧できなかった場合はどうするか

上記いずれの方法でもデータ復旧ができなかった場合や、やり方がよく分からなかったり、速く・確実・安全にデータ復旧を考えているならば、当社のデータ復旧をご利用ください。

 

7. オススメのNAS(ネットワーク型ハードディスク)の紹介

NASが故障した時にデータ復旧できる可能性を上げるために、当社では「ミラーリング(RAID1とも言います)」対応のものを推奨します。

なぜミラーリングRAID1が良いかの説明は、次のリンク先の記事をご覧ください。

コンピュータ専門職でない人のためのRAIDの説明と、オススメ構成

I-O DATA ミラーリング対応 超高速 LAN接続型ハードディスク LAN DISK(iPhone 5・Android端末対応、DTCP-IPにも対応) 4.0TB HDL2-A4.0

I-O DATA ミラーリング対応 超高速 LAN接続型ハードディスク LAN DISK(iPhone 5・Android端末対応、DTCP-IPにも対応) 4.0TB HDL2-A4.0

定価:¥ 45,684

Amazon価格:¥ 37,540

カテゴリ:Personal Computers

発売日:2011-09-30



【データ復旧の見積もりを取る・申し込む 】

データ復旧の料金や日数などを見る

WEBで見積もり依頼はこちら

3時間以内に回答します。
(朝9時から夜12時)