NASNavigatorLinkStationsPx400Px170

LinkStation/TeraStationを使っている人は、ぜひともNASNavigator2をインストールして常駐させましょう!

NASNavigator2とは、バッファローのNAS製品に標準添付されている専用の管理用プログラムです。

一般的には「常駐プログラム」はパソコンが重くなったり挙動がおかしくなるので敬遠されるのですが、これは入れたほうがいいので理由を説明します。

目次

  1. NASNavigator2をインストール・常駐しておくとこんないいことがあります
  2. NASNavigator2の入手方法
  3. この記事に関連するオススメの商品

1. NASNavigator2をインストール・常駐しておくとこんないいことがあります

NASNavigator2にはWindows版とMac版があります。

使い方はほぼ同じなので、以下の説明ではMac版の画面で説明しています。

a. IPアドレスがわからなくても設定画面が開けます

NASNavigato2の画面01

LinkStation/TeraStationの設定をするときには「Web設定画面」を開くことになりますが、IPアドレスがわからないと開けません。

もしもDHCPでIPアドレスが固定でない場合は、IPアドレスを調べるところが難しい・めんどくさいことになります。

しかし、NASNavigato2をインストールしておけば、カンタンにWeb設定画面が開けます。

b. ハードディスクの「全体の容量・残りの容量」がわかります

NASNavigato2の画面02

NASNavigatorの画面で、ハードディスクの「残り容量/全体容量」がひと目で分かります。

c. 電源スイッチがない機種で電源のオフができます

LinkStationの一部の機種には、本体背面にオン・オフの電源スイッチがありません。

本体がメッシュがらの「LS-XLシリーズ」と「LS-YLシリーズ」です。

LS-XLシリーズ外観

LS-XLシリーズ

  • LS-XLシリーズ(LS-X3.0TLJ、LS-X3.0TL、LS-X2.0TLJ、LS-X2.0TL、LS-X1.0TLJ、LS-X1.0TL)
  • LS-YLシリーズ(LS-Y3.0TL、LS-Y2.0TL、LS-Y1.0TL)

これらの機種は、以下の画面のように、NASNavigator2から「シャットダウン」を行って電源を落とすしかありません。

NASNavigato2の画面03

d. エラーが起きた時にパソコンの画面で教えてくれます

NASNavigato2の画面04Win版

Windows版のポップアップ画面

NASNavigato2の画面04

Mac版のポップアップ画面

NASNavigator2が常駐していてエラーや重要なインフォメーションがある場合、Windowsだと画面の右下、Macだと画面の右上にポップアップで情報が表示されます。

ただし、ポップアップは10秒ほどで消えます。

e. ランプが点滅している時のエラーや動作の状況を教えてくれます

NASNavigato2の画面06

TeraStationには正面に液晶パネルが付いていて、エラーコードやインフォメーションコードが表示されて良いのですが、LinkStationには液晶パネルが付いてなくて青・赤・オレンジのランプの点滅回数で表示することになっています。

しかし、これが到底わかりやすいものとは思えない。

色弱の人なんかはお手上げではないでしょうか?

そういった時は、NASNavigator2で対象のLinkStation/TeraStationを見ると、画面上でエラーコードなどが見ることが出来ます。

2. NASNavigator2の入手方法

LinkStation/TeraStationの購入時の箱のなかにCD-ROMで入っています。

または、バッファローの公式サイトからダウンロードできます。

3. この記事に関連するオススメの商品

バックアップ取っていますか?

LinkStation/TeraStationに保存しているデータの種類は、

  • 個人ユーザーなら写真・音楽・動画データ
  • 企業ユーザーならエクセル・ワード・フォトショップ・PDF・写真RAW・CADデータ

が多いと思います。

すべて、比較的ファイルサイズが大きくて、消えたら非常に困るデータばかりです。

LinkStation/TeraStationは普通のパソコンよりは若干壊れにくいのですが、やはり壊れる時は前触れもなく壊れます。

壊れることが前提で考えて、ただしデータだけは消失しないような対策を打つべきでず。

そこで、万が一壊れても困らないように、必ずデータのバックアップを取るようにしましょう。

オススメの方法は、LinkStation/TeraStationの後ろにたいていはUSB端子が付いているので、そこにUSB外付けハードディスクをつないで定期バックアップを取ることです。

普通のUSB外付けハードディスクだったら何でも良いのですが、容量の目安としては余裕を見てLinkStation/TeraStationの2倍以上のものをつなぐようにして下さい。

 

 


【データ復旧の見積もりを取る・申し込む 】

データ復旧の料金や日数などを見る

WEBで見積もり依頼はこちら

3時間以内に回答します。
(朝9時から夜12時)