2013年6月に「職場など仕事で使うNASの選び方」という記事を公開しましたが、その後に発売されたNASも含めて、現時点(2015年1月)でのオススメの職場用・仕事用のNASの紹介をします。

 

目次

  1. 職場用NASを選ぶ基準
  2. HDD搭載モデルとHDD未搭載モデル、2つの選択肢
  3. 標準CPU搭載モデルと高速CPU搭載モデル、2つの選択肢
  4. HDD搭載+標準CPU搭載モデル
  5. HDD搭載+高速CPU搭載モデル
  6. HDD未搭載+標準CPU搭載モデル
  7. HDD未搭載+高速CPU搭載モデル

 

1. 職場用NASを選ぶ基準

2013年6月に公開した記事に、職場用NASを選ぶ基準を5つ挙げていますが、これらは現在でもそのまま通用する基準です。

よって、別ページになりますが、そちらの記事を参照して下さい。

  1. バックアップは必ず取る
  2. できればRAIDも導入する
  3. 必要なデータ容量の見積もりはどう計算するか
  4. UPSで停電・瞬断に対策
  5. メンテナンス性

 

2. HDD搭載モデルとHDD未搭載モデル、2つの選択肢

2-1. メリット・デメリット

通常良く使われているNASである、バッファローのLinkStation/TeraStationや、IOデータのLANDISKでは、買った時には既にHDDが搭載されています。

一方、後で紹介するNETGEAR社やQNAP社のNASは、買った時にはHDDが搭載されてなくて、別途HDDを買って搭載することになります。

後者のHDD未搭載NASを導入するメリットしては、3つあります。

  • 自分で好きなHDD・納得できるHDD・信頼性が高いHDDを選べる
  • NAS導入後にHDD交換で容量アップが可能
  • HDDが故障した時に、一般品のHDDが使えるので、バッファローやIOデータの専用品のHDDよりは安く交換ができる

デメリットしては、2つあります。

  • 初期設定の時だけでなく、運用後に問題が起きた時には、自己解決出来るだけのRAIDやネットワークの知識が必要
  • 最初からHDD搭載のNASと比べてコスト的なメリットは薄く、設定や運用の人件費も含むとむしろ高くつく場合もある

つまり、HDD未搭載のNASは、ある程度RAIDを扱った経験があり、万が一なにかトラブルがあったときでもRAIDやネットワークの知識を使って自己解決できる・自己解決する気がある、ITの中級者〜上級者向けです。

少なくとも、「RAIDって何?」というレベルの人は、HDD搭載モデルから選んで下さい。

自分でやってみたいがレベル的にどうかな?という方は、NETGEARやQNAPの公式サイトでダウンロードできる、NASの機種ごとの取扱説明書をざっと読んでみて判断してください。

2-2. NASには定番で鉄板のHDDを使おう

HDDを自分で選べる場合は、定番・鉄板のHDD、Western Digital社の「WD Redシリーズ」を使いましょう。(通称ウエスタンデジタルの赤ラベル)

事実上・実績上、このHDDの一択です。

今まで私が使ってきたHDDで、一番故障やトラブルに合う確率が低く、速度もそこそこ速いです。

各NASメーカーの推奨HDDのリストには必ず載っている上、ネットでの評判もよく、実際に私も何十本も買ってとても満足しています。

WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 3TB WD Red NAS用 WD30EFRX 5400rpm 3年保証

WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 3TB WD Red NAS用 WD30EFRX 5400rpm 3年保証

定価:¥ 15,660

Amazon価格:¥ 11,500

カテゴリ:Personal Computers


 

3. 標準CPU搭載モデルと高速CPU搭載モデル、2つの選択肢

3-1. メリット・デメリット

数年前から、同時に複数のユーザーがアクセスしても速度が遅くなりにくい「デュアルコアCPU ATOM搭載NAS」が発売されています。

これは、今までにもあった標準CPU搭載NASよりも、高速な処理が可能なCPUを搭載したものです。

高速CPU搭載モデルが標準CPU搭載モデルと比べると、次の2つのメリットがあります。

  • 同時アクセスで5人以上が読み書きを同時に行っても速度低下が少なく済む
  • 低発熱なのでHDDやNAS本体の寿命が標準CPUのNASよりも伸びると思われる

デメリットしては、つぎの2つがあります。

  • 値段が高い・標準CPU搭載モデルの2-3倍以上の値段
  • 普通の家電量販店には売っていないので、ネット通販や販売代理店から買うことになる

個人的見解ですが、職場などの仕事で使うNASは、信頼性や作業の生産性が重要なので、初期導入費用が数万高くなっても、導入後のコストは変わらず、より高速でより信頼性が高い高速CPU搭載モデルを購入すべき、と考えます。

具体的な機種としては、以下の2箇所で挙げているものです。

 

4. HDD搭載+標準CPU搭載モデル

以下では、安価なNASの中では比較的読み書きの速度が速く、データ保護機能に優れるRAID1(ミラーリング)が可能な2機種を紹介します。

なお、どちらのNASも購入時にはRAID0になっていますので、RAID1(ミラーリング)をするためには、必ず使用前に設定を行ってください。

くれぐれも、「RAID1のつもりで使っていたのに、RAID0になっていて、データが消失した!」という悲劇を迎えないように!

悲劇を迎えて、当社に相談する方が多いです。

4-1. バッファロー

容量は2TB/4TB/6TB/8TBとありますが、RAID1で使うと半分の容量になります。

BUFFALO リンクステーション RAID機能搭載 ネットワーク対応HDD 4TB LS420D0402

BUFFALO リンクステーション RAID機能搭載 ネットワーク対応HDD 4TB LS420D0402

定価:¥ 52,596

Amazon価格:¥ 39,980

カテゴリ:Personal Computers

発売日:2013-06-22


4-2. IOデータ

容量は2TB/4TB/6TBとありますが、RAID1で使うと半分の容量になります。

I-O DATA ミラーリング対応 超高速 LAN接続型ハードディスク LAN DISK(iPhone 5・Android端末対応、DTCP-IPにも対応) 4.0TB HDL2-A4.0

I-O DATA ミラーリング対応 超高速 LAN接続型ハードディスク LAN DISK(iPhone 5・Android端末対応、DTCP-IPにも対応) 4.0TB HDL2-A4.0

定価:¥ 45,684

Amazon価格:¥ 39,800

カテゴリ:Personal Computers

発売日:2011-09-30


 

5. HDD搭載+高速CPU搭載モデル

以下で紹介する2機種のNASは、どちらともNAS用のHDDとして信頼性が高いことで有名なWestern Digital社の「WD Redシリーズ」を使っています。

また、CPUとしては高速な「デュアルコアCPU ATOM」を搭載しています。

IT専門の社員を置いていない会社の5人〜数10人ぐらいまでで使うとしたら、これらが最も処理速度・信頼性が高いNASとなります。

5-1. バッファロー

値段は高いですが、高速・高信頼性の「TeraStationのTS5400DWRシリーズ」をオススメします。

以下は4TBの機種ですが、他に8TB・12TB・16TBがあります。

BUFFALO 管理者・RAID機能 WD Red 4ドライブNAS 4TB TS5400DWR0404

BUFFALO 管理者・RAID機能 WD Red 4ドライブNAS 4TB TS5400DWR0404

定価:¥ 182,520

カテゴリ:Personal Computers

発売日:2013-11-09


 

5-2. IOデータ

こちらも値段は高いですが、バッファローと同じように高速・高信頼性の「HDL2-Hシリーズ」をオススメします。

以下は4TBの機種ですが、他に6TB・8TB・12TBがあります。

 

6. HDD未搭載+標準CPU搭載モデル

残念ながら、私の知る限りでは、この「HDD未搭載+標準CPU搭載モデル」で職場などの仕事用にオススメできるNASがありません。

 

7. HDD未搭載+高速CPU搭載モデル

7-1. NETGEAR

NETGEARのNASは高性能にもかかわらず比較的リーズナブルです。一言で言うと、コストパフォーマンスに優れていることです。

実際に当社でも何機種か使っていますが、以下に挙げたモデルは読み書きが速く満足度は高いです。

4ドライブ搭載モデル

6ドライブ搭載モデル

7-2. QNAP

QNAPは業務用のNASとしてブランド的な地位にあります。よって、予算が許す限りQNAPを選ぶというファンも多いです。

NETGEARよりも値段が高いのがネックです。(海外ではNETGEARの方が高いと聞いたことがあります。)

4ドライブ搭載モデル

QNAP(キューナップ) TurboNAS TS-469Pro

QNAP(キューナップ) TurboNAS TS-469Pro

Amazon価格:¥ 635,133

カテゴリ:付属品

発売日:2012-06-13


6ドライブ搭載モデル

QNAP(キューナップ) TurboNAS TS-669Pro

QNAP(キューナップ) TurboNAS TS-669Pro

カテゴリ:付属品

発売日:2012-06-13



【データ復旧の見積もりを取る・申し込む 】

データ復旧の料金や日数などを見る

WEBで見積もり依頼はこちら

3時間以内に回答します。
(朝9時から夜12時)