腕を上げている女性

QNAP社のNASで、メール通知を設定する方法を説明します。

メール通知をするために、Gmai・Yahoo!メールを使った方法を、画面のサンプルを使って具体的に説明します。

余談ですが、2014年ぐらいまでのQNAP社のNAS製品は「TurboNAS」というブランド名?シリーズ名が付いていたのですが、それ以降の製品には「Turbo NAS」という文字が出てこないので、このブランド名は止めたのでしょうか?

 

目次

  1. はじめに
  2. 今回説明する機器の環境
  3. メール通知の設定
    1. Gmailを使う場合
    2. Yahoo!メールを使う場合

 

1.はじめに

1-1. オススメはGmail

QNAPには、HDDやNAS本体の故障や異常をユーザーに知らせるための「メール通知設定」の機能があります。

そのためには、メールサーバーのSMTPというメール送信の機能を使った、「メール通知」のための設定を行う必要があります。

具体的には、Gmailアドレス・Yahoo!メールアドレス・一般のメールアドレス、のいずれか、自分で使っているメール送信の設定情報を調べておく必要があります。

ここは特に重要なので強調しておきたいのですが、メール送信の安定性から、オススメはGmailです。

よって、もしもGmailを使っていなければ、新しくGmailのアドレスを取ってでも、それでNASのメール通知設定をするのがベストです。

ただし、何らかの事情によってGmailが使えないのであれば、Yahoo!メールアドレスか一般のメールアドレスを使うことになります

一般のメールアドレスについては、OCNやBIGLOBEやNIFTYなど、使っているインターネット回線業者などによって様々なので、ここでは割愛します。

このページでは、GmailとYahoo!メールを使った場合の設定方法を説明します。

 

1-2. 「メール通知」にYahoo!メールを使った場合、こんなトラブルに遭遇しました

再現性があるかどうかわかりませんが、実際に私は次のようなトラブルを経験しているので、あまりオススメはしません。

  • 昨日までメール通知が使えたのが、設定を何も変えてないのに、今日になったら使えなくなった
  • ファームウエアのバージョンを上げたら使えなくなった
  • Yahoo!メールのアドレスによって、メール通知が使えたり使えなかったりする時がある

 

2.今回説明する機器の環境

今回のメール通知の設定の説明は、以下の機種・ファームウェアバージョンで行います。

紙面の都合上すべての機種の説明は行いませんが、この記事を執筆している2016年10月時点でQNAP社から販売続行しているNASの機種は、基本的にはすべて同じ画面と思われます。

というか、QNAPのOSは「QTS」という名前なのですが、これが同じバージョンだと画面も同じはずです。

ただし、機種が同じでもファームウェアが古い/新しい場合は、このページの説明通りに動かない可能性があります。

  • 機種 TS-231+
  • ファームウェアバージョン 4.2.2(QTS 4.2)
QNAP TS-231+

QNAP TS-231+正面から

 

 

3.メール通知の設定

では、実際にQNAPを使って、メール通知設定を行います。

 

3-1) QNAPのWEB管理画面を表示します。

表示できたら、「コントロールパネル」をクリックして中に入ります。

qnapmail02

 

3-2) 「詳細設定」の画面が表示されたら、「通知」をクリックします。

qnapmail03

 

3-3) 「通知」の画面に切り替わったら、上のタブが「E-mail」になっているのを確認して、各項目を設定します。

冒頭にも言いましたが、重要な事なのでもう一度言いますが、メール通知の設定はGmailが一番のオススメです。

もしもYahoo!メールを使う場合は、実際に設定してみてうまくいかなければ、あれこれ試行錯誤するよりも、サクッとGmailのアカウントを作って、そっちでメール通知の設定をした方がいいです。

qnapmail04

 

 

a) Gmailを使う場合

次の前提で設定をする場合の設定をサンプルとして載せます。

  • メール通知で使うGmail:yamafc@gmail.com
  • メール通知の送り先のメールアドレス:nastest0730@nifty.com

 

a-1) 設定画面の各項目を、次のように設定します。

  • ①「電子メールアカウントの選択」がGmailになっていることを確認
  • ②「アカウントの追加」ボタンをクリックする
qnapmail05

クリックで拡大表示

 

a-2) 「アカウントの追加」をクリックすると、QNAPがGmailにアクセスする許可の確認画面が出ます。

いきなり、「QTSが次の許可をリクエストしています」と出る場合は、ボタン「許可」をクリックします。

それとは別の画面で、「アカウント1つですべてのGoogleサービスを。」と出てきて、Googleアカウントのログイン画面が表示されたら、表示されたGmailアドレスとパスワードを入力してから、ボタン「ログイン」をクリックします。

qnapmail06

Gmailアクセス許可の確認

qnapmail07

Googleアカウントのログイン画面が出ることもある

 

a-3) メール通知の設定画面に戻ったら、「Eメール」の欄に今設定したGmailのアドレスが表示されているのを確認します。

確認したら、画面の下半分の「アラート通知」の中の各項目を入力します

アラート通知
 項目 説明 設定の例
次のシステムイベントが発生するとき:  –
警告 ✔チェックを入れる ✔チェックを入れる
エラー ✔チェックを入れる ✔チェックを入れる
通知の送信先:
Eメールアドレス1は入力必須。

2は必要に応じて入力。

Eメールアドレス1 メール通知を送る先のメールアドレス nastest0730@nifty.com
Eメールアドレス2 メール通知を送る先のメールアドレス  (空白のまま)

 

a-4) ここまでの入力が完了したら、左下のボタン「テストEメールの送信」をクリックして、正しくメールが送信されるかをテストします。

qnapmail08

クリックで拡大表示

 

a-5) テストメールが送信先に設定されたメールアドレスに届いているかを確認します。

qnapmail09

クリックで拡大表示

 

a-6) テストメールが問題なく届いていたら、メール通知の設定画面の下の方にあるボタン「適用」をクリックして、設定情報を保存します。

以上で、メール通知の設定は完了です。

qnapmail12

クリックで拡大表示

 

b) Yahoo!メールを使う場合

次の前提で設定をする場合の設定をサンプルとして載せます。

  • メール通知で使うYahoo!メール:yamafc@yahoo.co.jp
  • メール通知の送り先のメールアドレス:nastest0730@nifty.com

 

b-1) 設定画面の各項目、「SMTPサーバ」と「アラート通知」について、次のように設定します。

SMTPサーバ
 項目 説明 設定の例
電子メールアカウントの選択 「カスタム」を選択  カスタム
SMTPサーバ 「smtp.mail.yahoo.co.jp」を入力 smtp.yahoo.co.jp
ポート番号 「465」を入力 465
Eメール メールアドレスを入力 yamafc@yahoo.co.jp
ユーザー名 Yahoo!メールアドレスの@yahoo.co.jpの前の部分。たとえば、yamafc@yahoo.co.jpなら、yamafc。

但し、シークレットIDを設定している場合は「シークレットID」。

「シークレットID」とは何?と思ったら

 yamafc
パスワード Yahoo!メールのパスワードを入力 Yahoo!メールのパスワードを入力
安全な接続 「SSL」を選択する SSL
アラート通知
 項目 説明 設定の例
次のシステムイベントが発生するとき:  –
警告 ✔チェックを入れる ✔チェックを入れる
エラー ✔チェックを入れる ✔チェックを入れる
通知の送信先:
Eメールアドレス1は入力必須。

2は必要に応じて入力。

Eメールアドレス1 メール通知を送る先のメールアドレス nastest0730@nifty.com
Eメールアドレス2 メール通知を送る先のメールアドレス  (空白のまま)

 

b-2) ここまでの入力が完了したら、左下のボタン「テストEメールの送信」をクリックして、正しくメールが送信されるかをテストします。

qnapmail10

クリックで拡大表示

 

b-3) テストメールが送信先に設定されたメールアドレスに届いているかを確認します。

qnapmail09

クリックで拡大表示

 

b-4) テストメールが問題なく届いていたら、メール通知の設定画面の下の方にあるボタン「適用」をクリックして、設定情報を保存します。

以上で、メール通知の設定は完了です。

qnapmail11

クリックで拡大表示


【データ復旧の見積もりを取る・申し込む 】

データ復旧の料金や日数などを見る

WEBで見積もり依頼はこちら

3時間以内に回答します。
(朝9時から夜12時)