ファイルを持つ女性

バッファローのLinkStationやTeraStationではUSB外付けハードディスクを接続できますが、いくつかのフォーマット形式があるので、それぞれのメリット・デメリットも含めて、どういった時にどのフォーマット形式を使うのが良いかを説明します。

LinkStation/TeraStationに接続するUSB外付けHDDで使用可能なHDDのフォーマット形式は3つあります。

その3つのうちどれを使えばよいかを簡単に判断できるフローチャートを使って説明します。

 

目次

  1. フォーマット形式を選ぶためのフローチャート
  2. 外付けHDDのフォーマットの種類
  3. 読み取り専用のフォーマット形式
  4. この記事に関連するオススメの商品

 

1. フォーマット形式を選ぶためのフローチャート

以下の図は「LinkStation外付けHDDのフォーマット選択のためのフローチャート」です。

まずは、このフローチャートを見て、3つのフォーマット形式、「EXT3形式」「XFS形式」「FAT32形式」のどれに該当するかをチェックしてみてください。

図の後には、それぞれの質問(Q1〜Q3)の補足説明があります。

※ 右のリンクからPDF版がダウンロードできます。PDF版ダウンロード

LinkStation外付けHDDのフォーマット選択のためのフローチャート

※クリックすると拡大表示されます

 

以下はQ1〜Q3までの補足説明です。

Q1. 最大4GB以上のファイルを使っているか?(使う可能性がある?)

エクセルやワードや画像だけなら問題ないのですが、動画ファイルの場合は4GB以上のファイルサイズになることがよくあります。

フォーマット形式「FAT32」というのは、4GBを超えるサイズのファイルは保存ができません。

Q2. Macのデータも使っている?(使う可能性がある?)

フォーマット形式「FAT32」では、Macの特定の文字を含むファイルが保存できません。

仮に、保存できない文字を含んだファイルを保存しようとすると、エラーが出て処理が途中で止まってしまいます。

Q3. 2004年頃よりも前のLinkStationに接続する?(接続する可能性がある?)

2004年頃よりも前に発売開始されたLinkStation/TeraStationに接続するUSB外付けHDDでは、フォーマット形式「XFS」は認識できません。

該当の機種の外観は次の写真で共通していて、具体的なシリーズ名や型番は以下の表に挙げられた機種になります。

LinkStation HD-HGLAN外観写真

該当機種共通の外観写真

発売年 シリーズ名 型番
2003 HD-LAN HD-250LAN、HD-160LAN、HD-120LAN、HD-80LAN
2003 HD-HLAN HD-H400LAN、HD-H300LAN、HD-H250LAN、HD-H160LAN、HD-H120LAN
2003 HD-HGLAN HD-HG400LAN、HD-HG300LAM、HD-HG250LAN、HD-HG160LAN、HD-HG120LAN
2004 HD-HLWG HD-H300LWG、HD-H250LWG、HD-H160LWG

 

2. 外付けHDDのフォーマットの種類

LinkStation/TeraStationに接続するUSB外付けHDDで試用可能な3つのフォーマット形式、「EXT3形式」「XFS形式」「FAT32形式」についての説明です。

項目 EXT3 XFS FAT32
データの読み書き速度 普通 速い 遅い
Windowsデータの保存
Macデータの保存 △(エラーが出る時がある)
Linuxデータの保存 △(エラーが出る時がある)
Windowsパソコンにつないで読み込み ×(ソフトで可能なときもある – 注1) ×(ソフトで可能なときもある – 注1)
Macパソコンにつないで読み込み × ×
Linux起動のパソコンにつないで読み込み  – 注2
2004年より前の古いLinkStationで読み込み ×

注1;WindowsパソコンでEXT3やXFS形式のデータを読むフリーソフト

注2;Linux起動する方法

 

EXT3形式の弱点

ファイルの数が多くなるとアクセス速度が遅くなりがち

Windowsパソコンにつないで読み込みはできない(ソフトを使って可能なときもある)

Macパソコンにつないで読み込みはできない

XFS形式の弱点

Windowsパソコンにつないで読み込みはできない(ソフトを使って可能なときもある)

Macパソコンにつないで読み込みはできない

FAT32形式の弱点

ファイルサイズが4GB以上の動画ファイルなどは保存できない

MacやLinuxのファイルはファイル名がエラーになって保存できないことがある

 

3. 読み取り専用のフォーマット形式

LinkStation/TeraStationのUSB外付けHDDのフォーマット実行画面には出てきませんが、あらかじめWIndowsパソコンやMacパソコンでフォーマットしてデータが保存してあるUSB外付けHDDを「読み込み専用」でつなぐことはできます。(データの保存はできません)

新たに書き込みはさせたくないデータを読み込み専用で共有する、といった使い方も良いかもしれません。

  • Windows・・・NTFS形式
  • Mac・・・HFS+形式

 

4. この記事に関連するオススメの商品

LinkStation/TeraStationにつなぐUSB外付けHDDの用途としてはバックアップ用が多いと思います。

そこで、使用しているLinkStation/TeraStationがUSB3.0に対応している場合はもちろん、対応してなくても今後他の機種に買い替えたり他の目的に使うこともあるので、筆者の経験上でUSB2.0よりも4倍速いUSB3.0のUSB外付けHDDを選んでおくことをオススメします。


【データ復旧の見積もりを取る・申し込む 】

データ復旧の料金や日数などを見る

WEBで見積もり依頼はこちら

3時間以内に回答します。
(朝9時から夜12時)