パソコンにUSBメモリを刺したまま衝撃を与えて折ってしまったり、外見上は問題がないものの、USBメモリ内部のICチップや基盤が壊れている場合を「物理的障害」と言います。

あるいは、物理的故障、ハードエラー、ハード故障、とも言います。

今回は、物理的障害の具体的な内容を、USBメモリの内部写真を使って説明します。

なお、パソコンにUSBメモリをさしているのに「ディスクを挿入してください」と出る場合は、ほぼ100%ICチップの故障です。

また、この記事と関連して、以下の記事もごらんください。

論理障害・物理障害の説明

『フォーマットしますか』が出た時はデータ復旧できる確率は高い

無料のデータ復旧ソフトRecuvaの使い方説明

データ復旧できるか無料ソフトでチェック!ファイナルデータ体験版

目次

USBメモリ分解写真の全体図

USBメモリの内部写真

  1. USB端子部
    パソコンとつなぐ部分です
  2. ICチップ・コントローラ部
    USBメモリ全体の動きをコントロールしている部分です
  3. ICチップ・メモリ部
    データが保存されている部分です

1〜3が基盤の上に取り付けられています。

USB端子に問題がある場合

USBメモリの接続端子部分

上記写真の部分で、USB端子部の端の方に4つの銀色の細い部分が見えていますが、これがUSB端子部と基盤を取り付けている部分です。

ここの4つのうちのどれかがはがれていたり、USB端子部そのものがとれてしまっていても、基盤やICチップに損傷がなければデータの取り出しは可能です。

しかし、基盤のパターンがはがれてしまったり、ICチップがショートなどで壊れている場合は、データの取り出しは非常に難しかったりNGだったりします。

USB端子部の取り付けそのものは、ハンダ付けができる人であれば、自分で対応が可能です。

USB端子を正常なものに付け替えてやればデータの読み出しが可能です。

かわりにつかうUSB端子は秋葉原や日本橋の電子部品のパーツを売っている店で取り扱っています。

ICチップや基盤に問題がある場合

USBメモリのICチップ部分

上記写真のコントローラ部やメモリ部が故障していたり、基盤のパターンが剥がれてしまっている場合は、データが保存されているメモリ部から直接データを読みだしてやる必要があります。

この場合は専門の知識を持った業者に依頼するしかありません。

外見上は問題が無さそうでも、コントローラ部やメモリ部が故障しているためにパソコンにつないでも反応しなかったり、USB端子部が折れた時のタイミングで、折れた端子の一部が基盤に触れてショートする場合もあります。


【データ復旧の見積もりを取る・申し込む 】

データ復旧の料金や日数などを見る

WEBで見積もり依頼はこちら

3時間以内に回答します。
(朝9時から夜12時)