ノートパソコンを使っているOL4

Windowsの無料バックアップソフトとして人気が高い「RealSync」を、パソコンに電源を入れるたびにWindowsの「スタートアップ」で自動的に起動する設定方法について、図解を使いながらなるべく丁寧に説明します。

パソコンの電源を入れるたびに、Windowsの「スタートアップ」で自動的にRealSyncを起動して、なおかつ自動バックアップを取るためには、あらかじめ

  1. RealSyncのインストール
  2. バックアップの基本設定
  3. 自動バックアップの設定

の3つの作業が必要です。

よって、これらの設定がまだの人は、以下のリンク先の別ページで、先にそちらを御覧ください。

 

目次

  1. 自動スタートアップについて
  2. スタートアップ設定をカンタンにできるフリーソフトの紹介
  3. 「簡単、スタートアップ登録」の入手・インストール方法
  4. 「簡単・スタートアップ登録」でスタートアップの登録方法
  5. 「簡単、スタートアップ登録」でスタートアップの削除方法

 

1. 自動スタートアップについて

Windowsには昔から「スタートアップ」という機能があります。

これは、Windowsが起動するときに、毎回自動的に一緒に起動したいプログラムを登録できる機能です。

登録するためには、Windowsの「スタートアップ」というフォルダの中に、自動的に起動させたいプログラムのショートカットを置いておけばOKです。

なお、Windows 7まではパソコン画面の左下にある「スタート」ボタンを右クリックして表示される「開く」から何階層目かに「スタートアップ」があるので、比較的簡単にスタートアップの登録が出来ました。

しかし、Windows 8/8.1からは「スタート」ボタンがなくなり、長年パソコンを使ってきたベテランでも迷うので、このページでは全てのWindowsで使用可能なフリーソフトを使って登録する方法を紹介します。

 

2. スタートアップ設定をカンタンにできるフリーソフトの紹介

「簡単、スタートアップ登録」というフリーソフトを使うと、その名の通りカンタンにスタートアップの登録や削除ができます。

Howto4UseRealSync08

「簡単、スタートアップ登録」のアイコン

作者様のサイトでは、Windows 98/Me/NT/2000/XPまでの対応となっていますが、当方で検証した所、Vista/7/8/8.1でも使えました。

 

3. 「簡単、スタートアップ登録」の入手・インストール方法

以下の説明では、インターネットエクスプローラーを使っての説明となります。

他のブラウザ、FireFoxやGoogle Chromeの人はそれぞれのブラウザで操作するときの参考にしてください。

 

1) 以下のリンクをクリックして、作者様のサイトを開きます。

 

2) 作者様のサイトが開いたら、少し画面をスクロールして下がったところにある、「簡単、スタートアップ登録」の中の「ダウンロード」をクリックしてダウンロードを開始します。

Howto4UseRealSync01

Howto4UseRealSync02

 

3) 「shc2stp.lzhで行う操作を選んでください。」という画面が出たら、「保存」をクリックします。

Howto4UseRealSync03

 

4) ダウンロードが完了して「shc2stp.lzhのダウンロードが完了しました。」と表示されたら、「ファイルを開く」の中にある「開く」をクリックします。

このダウンロードしたファイルは圧縮された形式なので、使えるようにするためには「展開(または解凍とも言う)」という作業が必要になります。

このあと展開の作業に進みます。

Howto4UseRealSync04

 

5) ファイルの一覧が表示されたら、画面に表示された文字「ファイルを全て展開」をクリックして、圧縮されたファイルを展開する処理を始めます。

Howto4UseRealSync05

 

6) 「圧縮(LZH形式)フォルダーの展開」の画面が出たら、そのまま右下の「展開」ボタンをクリックして圧縮ファイルを展開します。

Howto4UseRealSync06

 

7) 圧縮ファイルが展開されたら、ファイルの一覧に2つのファイルが表示されます。

展開されたファイルは、「ダウンロード」フォルダの中に新しくフォルダ「sch2stup」というのが作られ、その中にあります。

ファイル名が「shc2stup」の方が、「簡単、スタートアップ登録」のアプリです。

アプリの置き場所は、このままの場所でもかいまいませんし、デスクトップなどに移してもかまいません。

続いて、アプリを起動してスタートアップの登録方法の説明に移ります。

Howto4UseRealSync07

 

4. 「簡単、スタートアップ登録」でスタートアップの登録方法

1) 「簡単、スタートアップ登録」のアプリを起動してください。

すぐ前のダウンロードや展開の説明から続けて読んでいる場合は、「ダウンロード」のフォルダの中に「shc2stup」のフォルダがあり、その中の「shc2stup」というファイルがアプリです。

Howto4UseRealSync08

 

2) 「開いているファイル – セキュリティの警告」「発行元を確認できませんでした。このソフトウェアを実行しますか?」の画面が出たら、そのまま「実行」ボタンをクリックします。

Howto4UseRealSync09

 

3) 「スタートアップに登録するプログラムを選択して、【開く】ボタンを押してください」と出たら、今回スタートアップで自動起動したい「RealSync」のある場所を指定します。

通常のインストール方法であれば、「ローカルディスク(C:)」 – 「Program Files」 – 「RealSync」の中に、登録すべきRealSyncのプログラムが有ります。

Howto4UseRealSync10

Howto4UseRealSync11

Howto4UseRealSync12

Howto4UseRealSync13

 

Howto4UseRealSync15

 

4) 「タイトル名を入力してください(必須)」が出たら、適当なタイトル名を入れてから「OK」ボタンをクリックします。

タイトル名は何でもいいのですが、普通にRealSyncで良いでしょう。

Howto4UseRealSync16

Howto4UseRealSync17

 

5) 「スタートアップにへショートカットを登録しました」と出たら、登録完了です。

「OK」ボタンをクリックします。

Howto4UseRealSync18

 

6) 「簡単、スタートアップ登録」のメニュー画面に戻るので、「終了」ボタンをクリックして終わらせます。

ここまでで、RealSyncのスタートアップ登録が完了です。

Howto4UseRealSync19

 

7) 実際にパソコンを起動した時にRealSyncがスタートアップで自動スタートされるか、必ずパソコンの再起動またはシャットダウン&電源オン、で確認して下さい。

 

5. 「簡単、スタートアップ登録」でスタートアップの削除方法

1) スタートアップに登録済みのプログラムをスタートアップから外すには、「簡単、スタートアップ登録」の「スタートアップから削除」で削除してください。

Howto4UseRealSync20

 

2) 「スタートアップから削除するプログラムを選択して、【開く】ボタンを押してください」と表示されたら、今回スタートアップから外したい「RealSync」をクリックしてから、右下の「開く」ボタンをクリックします。

Howto4UseRealSync21

 

3) 「RealSyncをスタートアップフォルダから削除します」と出たら、「はい」ボタンをクリックします。

Howto4UseRealSync22

 

4) 「RealSyncをスタートアップフォルダから除外しました」と出たら削除完了です。

「OK」ボタンをクリックして閉じます。

Howto4UseRealSync23

 

 


【データ復旧の見積もりを取る・申し込む 】

データ復旧の料金や日数などを見る

WEBで見積もり依頼はこちら

3時間以内に回答します。
(朝9時から夜12時)