Windows用バックアップソフト「EaseUS ToDo Backup 無料版」でパソコン内蔵のハードディスクを丸ごとバックアップする「ディスクバックアップ」をスケジューリングして自動的に実行する設定方法を図解入りで丁寧に説明します。

ディスクバックアップの基本設定がまだできなてい場合は、別ページでディスクバックアップの基本設定をします。

目次

  1. 「ディスクバックアップ」のスケジュールの設定
  2. 「ディスクバックアップ」のイメージの保持方法の設定
  3. スケジュールバックアップの実行
  4. バックアップした内容を確認する

 

1. 「ディスクバックアップ」のスケジュールの設定

1) 「EaseUS ToDo Backup 無料版」が起動してない場合は起動します。

EaseUS Todo Backup Free アイコン

 

2) 「ユーザーアカウント制御」の画面が出た場合は、「はい」ボタンをクリックします。

ユーザーアカウント制御

 

3) 使用ライセンスを表示する画面が出ますが、そのまま「OK」ボタンをクリックします。

ライセンスの表示

 

4) ホーム画面が表示されたら、上部の「管理」のタブをクリックします。

管理タブをクリック

 

5) ディスクバックアップの真ん中辺りにある「スケジュール」の文字をクリックします。

ディスクバックアップのスケジュール

 

6) スケジュールを設定する画面が表示されますので、自動実行させたいスケジュールを設定します。

設定したら、右下の「OK」ボタンをクリックします。

以下の画面は一例として、次の自動実行のスケジュールとなっています。

  • 「毎日」実行する
  • 0:00に一回だけ実行する
  • 設定時間にパソコンの電源が入ってない時は、次に電源が入った時に自動的に実行する

※ なお、Windowsのログオン時に入力するパスワードを入力するのを忘れないようにして下さい。

スケジュールの設定

 

2. 「ディスクバックアップ」のイメージの保持方法の設定

7) 「バックアップ管理画面」に戻ったら、一番右にある「高度な操作」のボタンをクリックして、表示される

ディスクバックアップの真ん中辺りにある「スケジュール」の文字をクリックします。

高度な操作

 

8) 表示された項目の中から「プランの編集」をクリックします。

プランの編集

 

9) 「バックアップの編集」が画面が出たら、上部の「場所」のタブをクリックして、「イメージの保持方法の設定」にチェックを入れます。

それから、イメージの保持期間を適当に設定してから、右下の「OK」ボタンをクリックします。

おすすめの設定は3日分保持で、初回のバックアップイメージを残す、です。

イメージの保持方法の設定

 

3. スケジュールバックアップの実行

10) 「バックアップ管理」画面に戻ったら、「次回の実行日時」の右横に設定したスケジュールが表示されているはずです。

問題なければ、画面の右上の×ボタンをクリックしてEaseUS Todo Backupを終了します。

終了させても、スケジュールの時間になったら自動的にバックアップが始まるはずです。

バックアップスケジュールの確認

 

11) あとはパソコンの電源が入っていたら何もしなくても自動的にバックアップを取ってくれます。

なお、自動実行でバックアップを開始する時と完了した時は、それぞれWindowsの右下のタスクバーの部分に数秒間だけ表示が出る場合もあります。

バックアップの開始の通知
バックアップの開始の通知

バックアップ完了の通知

 

4. バックアップ内容の確認

12) EaseUS Todo Backupを起動して、上部の「管理」タブをクリックして、「バックアップ管理」の画面を表示します。

EaseUS Todo Backup Free アイコン

管理タブをクリック

 

13) 「バックアップ管理」の画面になったら、ディスクバックアップの「場所」と書かれた右横のバックアップデータの保存場所の部分をクリックします。

ディスクバックアップの結果を確認

 

15) ファイル表示の画面が出てくるので、ファイルが2つ以上表示されていたら、自動バックアップが成功しているようです。

タイムスタンプが最も新しいアイコンをダブルクリックして開いてみます。

ファイルを開いてみる

 

16) ディスクバックアップされたドライブが表示されます。

おそらく「C:」と書かれたCドライブが表示されるので、さらにこのアイコンをダブルクリックしてみます。

ディスクバックアップのアイコン表示

 

17) Cドライブの中身が表示されるかを確認します。

それどれのフォルダの中も表示可能なはずです。

確認が終わったら、右上の×のボタンをクリックしてファイル表示の画面を閉じます。

Cドライブの中身が表示できた

 

ここまで問題がなければ、ディスクバックアップを自動実行するスケジュール設定の完了です。

今後は、設定したスケジュールにしたがって自動的にバックアップされますが、たまにバックアップがうまく出来ているかを確認して下さい。

続きの記事を読む → (5)ファイルバックアップの設定

 

EaseUS Todo Backup 無料版(基本操作)の記事の一覧

この記事に関連するオススメの商品

バックアップの保存先として、USB3.0接続の外付のハードディスクをオススメします。

パソコンがUSB3.0に対応していれば、USB2.0よりも4倍ほども読み書き速度が速くなります。


【データ復旧の見積もりを取る・申し込む 】

データ復旧の料金や日数などを見る

WEBで見積もり依頼はこちら

3時間以内に回答します。
(朝9時から夜12時)