今回は、2009〜2013年現在でも発売中の、ウエスタンデジタルの据え置き型ハードディスクの「My Bookシリーズ」の分解方法を写真付きで説明します。

このHDDの特徴としては、中に使われているHDDがウエスタンデジタル製のみということで、特定のメーカーのHDDを避けたい人(サムソンやシーゲート)が指名買いする場合が多いようです。

また、このHDDのケースの分解方法は、一見するとネジが全く見当たらないので難しそうに見えますが、やり方さえ知っていればそんなに難易度は高くありません。

HDDを取り出せた場合、データの復旧・復元ができるかどうかは、物理障害が起きてなくて論理障害であるかどうか、にかかっています。

「物理障害」「論理障害」の言葉の意味が気になる方は、こちらの記事をご覧ください。

HDDの論理障害、物理障害の説明

目次

主な仕様

  • 発売時期;2009年〜2013年現在も販売継続中
  • インターフェース;機種により、USB2.0接続、USB3.0接続
  • 内部HDDの形式;3.5インチのSATAが1台
  • 初期フォーマット形式; 機種により、NTFS、HFS+(Mac用)
  • 機能上の特徴;内部のハードディスクはウエスタンデジタルWestern Digitalのもののみ使用
  • 外見上の特徴;全体が黒色のプラスチックの筐体

外観写真

MyBookFrontPx200

斜め前から

MyBookBackPx200

後ろから

分解難易度

  • 難易度2(5段階で1が最も簡単、5が最も難しい)
  • ケースを留めるのにツメが使われていることと、分解する順番がわかっていたらカンタンです

対象型番

My Book Essential USB3.0シリーズ

型番 容量
WDBACW0040HBK 4TB ブラック
WDBACW0030HBK 3TB
WDBACW0020HBK 2TB
WDBACW0010HBK 1TB

My Book Essential USB2.0シリーズ

型番 容量
WDBAAF0020HBK 2TB ブラック
WDBAAF0015HBK 1.5TB
WDBAAF0010HBK 1TB
WDBAAF6400EBK 640GB
WDBAAF5000EBK 500GB

My Book for Mac USB3.0シリーズ

型番 容量
WDBEKS0030HBK 3TB ブラック
WDBEKS0020HBK 2TB

My Book for Mac USB2.0シリーズ

型番 容量
WDBAAG0030HCK 3TB ブラック
WDBAAG0020HCK 2TB
WDBAAG0010HCK 1TB
WDBAAG6400ECK 640GB

My Book Elite  USB2.0シリーズ

型番 容量
WDBAAH0020HCH 2TB ブラック
WDBAAH0015HCH 1.5TB
WDBAAH0010HCH 1TB
WDBAAH6400ECH 640GB

分解手順

分解のコツ

このHDDのケースはネジではなく、ツメで留まっています。

そこで最初に、ツメの位置と、外側のケースの外し方のコツを最初に説明します。

HDDをヨコにして、前を左、下部を手前に置いた場合に、右ヨコにあたる後ろの上下2箇所にツメが隠れています。

反対側の同じ位置にもあるので、全部で4つのツメでケースの後ろ側が留まっています。

ケースの外し方のコツは、ツメをゆるめつつ、ケース側部を前の方に引っ張ってケースを外すことです。

WdMyBook01

ヨコの写真

 

ケース分解の手順

HDDを立てて、上から見下ろすような感じにします。

WdMyBook03

HDDを立てて、上から見たところ

 

ケースの左側、正面に当たる部分のケースの曲線部分にマイナスのドライバーを何度か抜き差ししてこじ開けて、少し開いた感じにします。

WdMyBook07

マイナスのドライバーで少しづつこじ開ける

 

HDDを上下逆にして、下部も同じようにこじ開けていきます。

WdMyBook06

下部も同じようにこじ開ける

 

上部、下部ともに少し開いた感じになったら、HDDをヨコに寝かせて、最初のほうで説明した、後ろのツメの部分をこじ開けていきます。

WdMyBook08

後ろもこじ開ける

 

後ろの4ヶ所(上下・反対側も同様に)のツメが少しこじ開けられた状態になったら、HDDの側部の部分を手のひらで押さえながら前部にずらす感じで外していきます。

WdMyBook14

ずらす

 

側部のケースを外すのはそんなに力はいらないので、うまくいかない場合はツメの部分をもう少しこじ開けてみる等やってみてください。

WdMyBook15

うまくずらせた

側部のケースが外れたら、中のHDDと基盤が見えます。

HDDの四隅に黒色のゴムがあってケースと軽く止まった状態になっているので、ゆっくりとHDDを押し出す感じで外します。

WdMyBook16

四隅に黒いゴムが見える

 

HDDがポロッと外れます。

ここから先はMy Bookの機種によってネジや基盤の位置が違うので、それぞれ止められているネジを外してください。

WdMyBook19

HDDがポロッと外れる

WdMyBook21

ケースから取り外したHDD

 

HDDにネジ止めされている基盤や金具を外してます。

これで分解作業は以上です。

続けて、データ復旧方法の説明に入ります。

WdMyBook25

金具や基盤が取り外せたHDD

 

データ復旧方法

ハードディスクを3.5インチのハードディスク・ケースや、USB接続アダプターに取り付けて、パソコンと接続してみます。

うまくいけば、パソコンから認識できて、データの復旧ができます。

GW3.5AA-SUP3/MB

GW3.5AA-SUP3/MB

定価:¥ 3,153

Amazon価格:¥ 2,438

カテゴリ:Personal Computers


タイムリー GROOVY HDDをUSB SATA接続2.5/3.5/5.25

タイムリー GROOVY HDDをUSB SATA接続2.5/3.5/5.25"ドライブ専用 UD-505SA

定価:¥ 1,933

Amazon価格:¥ 1,384

カテゴリ:Personal Computers


 

パソコンから認識できなかったり、データの復旧・復元ができないときは、次の記事も参考にしてください。

データ復旧できるか無料ソフトでチェック!ファイナルデータ体験版

 


【データ復旧の見積もりを取る・申し込む 】

データ復旧の料金や日数などを見る

WEBで見積もり依頼はこちら

3時間以内に回答します。
(朝9時から夜12時)