今回は、2010〜2011年ごろに発売されていた、IOデータのポータブル型HDDの「カクうす HDPC-Uシリーズ」と、その後継機種で現在も発売中の「超カクうす HDPC-UTシリーズ」の分解方法を写真付きで説明します。

前者と後者の違いは、前者がUSB2.0対応、後者が3.0/2.0対応、という違いで、デザイン的にはほとんど同じです。

ケースの中からハードディスクを取り出せたなら、物理障害が起きてなくて軽度の論理障害の範囲なら、データの復旧・復元ができる可能性があります。

目次

主な仕様

  • 発売時期;HDPC-Uシリーズは2010年〜2011年頃、HDPC-UTシリーズは2011年〜発売中
  • インターフェース;HDPC-UシリーズはUSB2.0接続、HDPC-UTシリーズはUSB3.0/2.0接続、
  • 内部HDDの形式;2.5インチのSATA
  • 初期フォーマット形式;FAT32(1パーティション)
  • 外見上の特徴;非常に薄い。色は黒・白・茶・青・赤ほか多色展開あり。

外観写真

HDPC-Uシリーズ(USB2.0モデル)

HdpcUBkTop300

HDPC-Uシリーズ(黒)斜め上から

HdpcUBkSide300

HDPC-Uシリーズ(黒)横から

HDPC-UTシリーズ(USB3.0/2.0モデル)

HdpcUtBkTop300

HDPC-UTシリーズ(黒)斜め上から

HdpcUtBkSide300

HDPC-UTシリーズ(黒)横から

分解難易度

  • 難易度2(5段階で1が最も簡単、5が最も難しい)
  • 外側のケースをひねりながら開けるところが少し難しい

対象型番

HDPC-Uシリーズ(USB2.0モデル)

型番 容量
HDPC-U750 750GB ホワイト
HDPC-U640 640GB
HDPC-U500 500GB
HDPC-U320 320GB
HDPC-U750K 750GB ブラック
HDPC-U640K 640GB
HDPC-U500K 500GB
HDPC-U320K 320GB
HDPC-U750BR 750GB ブラウン
HDPC-U640BR 640GB
HDPC-U500BR 500GB
HDPC-U320BR 320GB
HDPC-U750BL 750GB ブルー
HDPC-U640BL 640GB
HDPC-U500BL 500GB
HDPC-U320BL 320GB
HDPC-U750R 750GB レッド
HDPC-U640R 640GB
HDPC-U500R 500GB
HDPC-U320R 320GB

HDPC-UTシリーズ(USB3.0/2.0モデル)

型番 容量
HDPC-UT1.0WB 1.0TB ホワイト×シルキーグレー
HDPC-UT500WB 500GB
HDPC-UT1.0RB 1.0TB レッド×ブラウン
HDPC-UT500RB 500GB
HDPC-UT1.0SB 1.0TB シルバー×グレー
HDPC-UT500SB 500GB
HDPC-UT1.0KB 1.0TB ブラック×ブルー
HDPC-UT500KB 500GB
HDPC-UT1.0BRB 1.0TB ボルドー×ブラウン
HDPC-UT500BRB 500GB

分解手順

1) HDDの上から見て、横側に12ヶ所あるプラケースの内側にあるツメを外して外側のケースを外します。

ネジは全く使っていなくてツメだけで止まっているのですが、ツメの数が多い上にかなりキチキチに閉まっています。

あせらずに時間をかけてゆっくり少しづつ開封することが重要です。

私はこのケースは何度も分解したことがありますが、毎回30分ぐらい時間をかけて慎重にやっています。

HdpcU01

上から見たところ

 

2) 最初に、外したプラケースの12ヶ所あるツメの場所がわかる写真を掲載します。

これを見て、どこにツメがあるかを把握した上で、外側のプラケースを外してください。

HdpcU18

12箇所のツメの位置

 

3) では実際に分解して行きましょう。

ケースを横から見るとすきまが周囲に走っていますので、指の爪をすきまにいれながら少しづつ広げていきます。

HdpcU02

すきまに指の爪を入れて少しづつすきまを広げる

 

4) すきまが少し広がってきたら、小さいマイナスドライバーを使って、さらにすきまを広げていきます。

この時もゆっくりすきまを広げる感じで作業を進めて、あせってケースを壊さないようにします。

HdpcU07

すきまが広がってツメが見えてきました

 

5) 慎重にすきまを広げていって、四辺のすべてのすきまを広げていきます。

もしも、ある一片のすきまが固くて広げにくければ、別の一片を先に広げていって、広げやすいところから広げていくと良いです。

HdpcU08

この一片は、ほぼすきまが広げられた

 

6) USBのコネクター部分の近くは特に固くて広げにくいので、先の他のところを広げてからやったほうが良いでしょう。

HdpcU09

USB端子のところは特に慎重に!

 

7) ケースの上部が外せました。

あとは、HDDをケースの下部からゆっくりと引っ張り上げます。

HdpcU11

フタが取れました

HdpcU14

ハードディスクを引っ張りだす

 

8) あとは、ハードディスクを2.5インチのハードディスク・ケースや、USB接続アダプターに取り付けて、パソコンと接続してみます。

うまくいけば、パソコンから認識できて、データの復旧ができます。

玄人志向 2.5インチ USB3.0接続 ハードディスクケース GW2.5TL-U3/RD

玄人志向 2.5インチ USB3.0接続 ハードディスクケース GW2.5TL-U3/RD

定価:¥ 1,814

Amazon価格:¥ 1,091

カテゴリ:Personal Computers

発売日:2012-04-10


タイムリー GROOVY HDDをUSB SATA接続2.5/3.5/5.25

タイムリー GROOVY HDDをUSB SATA接続2.5/3.5/5.25"ドライブ専用 UD-505SA

定価:¥ 1,933

Amazon価格:¥ 1,599

カテゴリ:Personal Computers


 

9) パソコンから認識できなかったり、データの復旧・復元ができないときは、次の記事も参考にしてください。

データ復旧できるか無料ソフトでチェック!ファイナルデータ体験版


【データ復旧の見積もりを取る・申し込む 】

データ復旧の料金や日数などを見る

WEBで見積もり依頼はこちら

3時間以内に回答します。
(朝9時から夜12時)